バイク

新着一覧


2024.Feb. 13

ちょっとプレミアムで希少なSupersix EVOのご紹介です。

 

■Supersix EVO 1  ¥950,000-(税込)

 

スタンダードMod完成車におけるハイエンドモデルという位置づけのEVO1。

コンポーネントにForce eTap AXS、Hollowgram R-S50カーボンホイールを装備するなどゴージャスな仕様となっています。

 

パーツスペックもさることながら、何より魅力的なのはペイントです。

ミスティックグレーというペイントでいわゆるカメレオンカラーなのですが、他に類を見ない色相が特徴的。

 

スペインでの新型Supersix EVOローンチの際、このバイクはかなり注目を集めていたらしいですが実物を見ればそれも納得。

青、紫、グレーと見る角度によって目まぐるしく表情を変える色相。

高級感はスタンダードModのフレームとは思えないほどです。

 

色の見え方がどんな感じに変化するかという一例です。

上の写真と同じバイクとは思えませんよね。

この変化のダイナミックさは写真でお伝えすることは難しいので、ぜひ実物をご覧になってください。

 

ハンドルはHi-Mod完成車と同様のVISIONのTrimax Carbon ACR。

単体で6万円以上する高級ハンドルです。

EVO専用のC1 Conceal Stemと組み合わせることによってブレーキホースの完全内装・セミ内装のどちらも可能。

また一般的な汎用ステムで組む事もできます。

 

FORCE AXSはもちろんマイチェン後の新型!

ブラケットが小ぶりになって握りやすくなっています。

 

ホイールはHollowgram R-S50。LAB 71やHi-Mod完成車が装備しているR-SL50の廉価版にあたるモデルです。

違いはハブがDT240からDT350になっていること、スポークがCX RAYからFORMULAのエアロスポークになっていること。

リムは同一なので性能差はそこまで大きくありません。

 

R-SL50はかなり評判の良いホイールですので、それに近い乗り味が得られるのは嬉しいポイント。

ヒルクライム専門のライダーでなければ十分満足のいくホイールではないでしょうか。

 

そんなわけでペイントもパーツスペックもプレミアムな感じのSupersix EVO Carbon 1のご紹介でした。

スタンダードModにしてはなかなか強気な値付けに思えますが、パーツスペックを考えるとコストパフォーマンスは決して悪くありません。

価格に見合った所有感も大いに得られることでしょう。

 

既に全サイズメーカー在庫完売となっていますが、当店では54サイズをご用意可能です。

新型EVO全体の中でもひと際出回りが少ないモデルになると思われますので、人と被らないバイクに乗りたい方は要チェックです!


2024.Feb. 9

CAAD13や第三世代Supersix EVOの定番アップグレードアイテム、「HollowGram SL 27 KNØTカーボンシートポスト」が久しぶりに入荷しました。

 

たまに入荷してはすぐに完売となってしまう人気アイテム。

前回入荷分はブログに書く間もなく売り切れてしまったので、店頭に在庫できるのは久しぶりです。

 

もはやCAAD13と先代EVOにとってこのシートポストへの交換はマストと言っていいんじゃないでしょうか。

上記2車種のシートポストの選択肢がこれしかないという事情もあるのですが、もちろんただそれだけではありません。

売れ続けているのにはそれなりの理由があります。

その理由とはズバリ、重量と乗り心地です!

 

まずは重量。

上が標準のアルミポスト、下が27KNOTです。

 

ご覧の通り、標準のアルミポストと比べてなんと約100gも軽量。

軽量化を追求する人にとって100gというのはとてつもなく大きい数値です。

しかもシートポストというのは重心から高い位置にあるパーツなので、バイクを振った時の感覚もかなり変わってきます。

 

そして乗り心地も体感できるレベルで変わります。

かつてのSAVEシートポストと同様にヤグラの下がくびれており、振動吸収性がアップする設計となっています。。

SAVEポストへのアップグレードはCAAD12の定番カスタムだったので、その振動吸収性能は多くの方がご存じのはず。

 

大幅な軽量化が出来る上に乗り心地も良くなる・・・人気商品なのも納得です。

アルミポストのCAAD13や先代EVOにお乗りの方は是非交換してみてください。

その際はカーボンペーストやファイバーグリップを塗ってくださいね。

うっかり普通のグリスを塗ると滑って固定できなくなります。

 

なおこの製品は15mmオフセットと0mmオフセットの2種類があるのですが、0mmの方は完売となっております。

今回入荷分及び今後の入荷分は全て15mmオフセットとなりますのでご注意ください。

 

■HollowGram SL 27 KNØTカーボンシートポスト ¥27,720-(税込)


2024.Feb. 2

CAAD13のラインナップ中最上位グレードの105 Di2モデルが再入荷です!

 

■CAAD13 105 Di2 54サイズ ¥420,000-(税込)

過去にはSRAMのForce AXSやRival AXSのCAAD13もありましたが、現行ではコチラが電動コンポを搭載する唯一のCAAD13です。

CAAD13のポテンシャル的にも、ロードバイクにある程度ハマってきた時のことを考えても、これくらいのスペックがあると嬉しいなというくらいのちょうどいいパッケージです。

 

価格設定もなかなか絶妙で、普通の完成車を後から電動化するよりも確実にお買い得な値付けになっています。

Di2に興味がある方は最初からこのモデルをお選びいただくのがおすすめです。

電動コンポの変速性能や便利さを一度でも味わってしまったら、機械式にはもう戻れません。

 

現行のDi2はSTIレバーがワイヤレスの為、ブレーキホース以外のケーブルが存在しません。

なのでハンドル周りが非常にスッキリしています。

見た目がいいだけでなく、ケーブルに押されないのでハンドリングが良くなり、エアロ性能も向上といいこと尽くめです。

 

フレームカラーはマーキュリー。

2020年モデルのアルテグラ完成車のCAAD13にも採用されていたことがあって、非常に人気が高い色です。

 

よくあるメタリックなシルバーとはちょっと違っていて、流体的でぬめっとした感じの独特な色合いがマーキュリーの特徴。

写真ではなかなか表現しきれないので、ぜひ実車を見て頂きたいと思います。

上述の2020年モデルと違い、ダウンチューブに大きくキャノンデールロゴが入っています。

 

店頭在庫は54サイズ。

適応身長目安は170cm~180cmほどとなります。

メーカー完売モデルにつきラスト1台です。お見逃しなく!

サイズやバイク選び等お気軽にスタッフまでご相談ください。

 

なおキャノンデール横浜ベイサイドではなんと現在全グレードのCAAD13がご覧いただけます。

モデルによってご用意できるサイズは異なりますが、全グレード全カラーが一堂に会するタイミングはなかなかありません。

CAAD13をご検討中の方はぜひ実車を見比べてみてください。

 

当店の在庫状況は以下のリンクからもご確認頂けます。

【在庫車情報】ロードバイク


2024.Jan. 30

2月1日(木)~3月31日(日)までの期間中、Cannondaleでは自転車生活をよりお得にスタートできる「金利0%キャンペーン」を実施いたします!

徐々に寒さが薄れていく早春の折、キャノンデールのクロスバイクでスポーツ自転車ライフを始めてみませんか?

期間中に対象車体をお買い求めの際、分割手数料無料にてショッピングローンをご利用いただけます。

(最大お支払い回数は24回まで。)

 

対象となるモデルは下記の通りです。

・Treadwellシリーズ

・Quickシリーズ

・Bad Boyシリーズ

 

店頭在庫車だけでなくお取り寄せや予約注文車体(お申し込みから6か月以内に納車可能な車体が対象)にも適用可能です。

今後入荷予定のモデルなどはスタッフまでお尋ねください。

素敵なサイクルライフをスタートさせるキャンペーンとして是非お役立て下さい!


2024.Jan. 23

先日Supersix EVOの2024モデルをご紹介させて頂きましたが、実は同じタイミングで情報解禁されたモデルが他にもあります。

キャノンデールLOVEな方に突き刺さるSCALPEL HTです。

 

■SCALPEL HT CARBON 2 ¥500,000-(税込)

キャノンデールのMTBといったらLEFTY!(年代によってはHEADSHOCKでしょうか)

そんなMTB華やかなりし頃も今は昔、現在のラインナップでLEFTY標準装備のMTBはSCALPELシリーズだけとなってしまいました。

 

ただしLEFTYフォークの性能もフレームワークもかつてとは比べ物にならない程進化していますので、100mmストロークのハードテイルとは思えないくらい守備範囲は広いです。

ヘッド角がXCバイクとしてはかなり寝ていて、下り性能に余裕があって懐が深いというのも特徴。

本格的なXCレースに対応できるのはもちろん、トレイルライドでも大いに楽しめるバイクです。

 

今年の新色はこちらの「Tinted Blue」。

例によって実車の色味は当店でも未確認なのですが、画像を見る限りでは落ち着いた感じでかなりカッコいいです。

シンプルで飽きが来にくく、長く付き合っていけるカラーなんじゃないでしょうか。

 

 

車体価格およびパーツスペックは昨年モデルと同一。

メインコンポはXT、ホイールはStan’sのCREST MK4をレフティーハブ/SLXリアハブで組んだもの、タイヤはシュワルベのRacing Ray EVO、ハンドルとシートポストはカーボン製などなど・・・

 

パッと眺めただけでもかなり実戦的なスペックだと思えますよね?

このバイクは去年もとても人気が高かったのですが、コストパフォーマンスの高さがその理由の一つであることは間違いありません。

 

Scalpel HT Carbon 2

今年も国内入荷量はかなり少ないようで、実際の入荷前に予約完売となってしまう可能性が高いです。

昨年もそんな感じでした。

 

現時点ではMサイズの予約枠に空きがございます。

SOLD OUT!ありがとうございました。

別カラーのスモークブラックのSサイズはまだご注文いただけます。

XCレースやエクステラへの参戦を考えている方はぜひ!


2024.Jan. 16

皆さんダイレクトマウントのRDハンガーってどう思いますか?

以前だったらそもそも存在を知らないか、知っていても必要性を感じないという人が大半だった気がします。

ところがこの2,3年、通常のハンガーとDMハンガーの両方を選べるなら絶対DMハンガーを使うという人が増えてきました。

 

そんなダイレクトマウントハンガーが入荷してきました。

 

■WISHBONE RD HANGER DISC CANNONDALE ¥6,930-(税込)

 

今回入荷してきたのはBBで有名なウィッシュボーンの製品です。

第4世代Supersix EVO用で、LAB71、Hi-Mod、スタンダードModの全てに対応します。

 

残念ながらキャノンデールを含む多くのブランドは純正DMハンガーをラインナップしていません。

先代EVOの限定モデルに付属していたことがありましたが、あれは例外中の例外といった感じです。

そういったわけでDMハンガーを使いたい場合は社外品を選ばざるを得ないのですが、巷で見かけるものの中には「これ強度的に大丈夫なの?」と思ってしまうような製品も見受けられます。

曲がったり歪んだりするのがRDハンガーの常とは言え、少しダメージを負っただけでぽっきり折れかねないような物はさすがに危険です。

その点この製品は比較的しっかりした形状なので信頼が置けそう。

 

そもそもダイレクトマウントのRDハンガーとはなんなのか。

ざっくりいうとシマノR9100世代以降のシャドータイプリアディレイラーに設定されている取付オプションです。

 

上の車体が通常のRDの取付方法。

下の写真がダイレクトマウント方式で取り付けたRD。

メカニカルとDi2の違いは置いておいて、下の写真ではRDを構成する部品の一部がRDハンガーに置き換わっているのがお分かりいただけると思います。

 

このようにRDの関節を一つ減らせるというのがダイレクトマウントの特徴。

得られるメリットは以下のようなものがあります。

・変速性能の向上(特に機械式変速の場合)

・ホイールの着脱が少し簡単になる

・ほんのり軽量化できる

 

上記の通り、劇的な変化を体感できるアイテムというわけではありません。

しかしながら使用することで生じるデメリットもありません。

取付も簡単です。

 

プロ選手の多くがダイレクトマウントハンガーを使っているという事実もあり、マージナルゲインを求める現代のロードシーンでは必須のアイテムと言えるのかもしれません。

お使いいただけるのは新型EVOユーザー限定ではありますが、ダイレクトマウントにしてみたい方は是非導入してみてください。


2024.Jan. 12

店頭在庫のシマノ11速コンポ搭載モデルを特別価格にてご提供中です!

今回ご紹介するのはキャノンデールが誇るエンデュランスバイクのSynapse Carbon。

11速とはいえ車体自体はバリバリの現行モデル。Synapseを狙っている方は必見です!

 

■Synapse Carbon 2 RL

ビートルグリーン 51サイズ

¥517,000- → SPECIAL PRICE!

 

快適さも速さも格段に向上し、先代から順当な進化を遂げた新型シナプス。

それだけでなく、舗装路から軽いグラベルまで走れる万能さはもはやエンデュランスの域を超えオールロードの領域。

ガーミン、レザインと共同開発したインテグレーションシステムのスマートセンスも話題を呼びました。

 

シナプスカーボンの中でもモデル名に「2」が付くモデルは3種類あるのですが、それぞれ搭載しているコンポーネントが違います。

アルテグラDi2の「2RLE」、105Di2の「2RE」、そしてこちらの機械変速式アルテグラの「2RL」です。

RLとかREとかいうのはスマートセンスの装備内容を表していて、R=リアビューレーダー、L=前後ライト、E=電動変速という意味です。

「2RL」だと「電動変速ではないけどレーダーとライトが付属していますよ」ということですね。

 

テールライトの下に付いている長円形の物体がリアビューレーダーです。

後ろからクルマやバイクが接近してくるとスマホやサイコンの画面上に表示してくれるというもの。

これ自体は既存の技術で、同じ機能を持つテールライトが各社から発売されています。

 

シナプスのレーダーはこのジャンルのパイオニアであるガーミン製。

競合製品の中でも車を捉える精度が高いとされており、自分の使用した限りでも後ろから来た車を見逃したことは一度もありません。

更にスマートセンスの恩恵でバッテリー管理が楽というのが他にはない利点です。

 

何度か書いている通り、リアビューレーダーは自転車ライフが一変するほどの利便性を持つアイテムだと思います。

使ったことがない方にはぜひ体験して頂きたいところなのですが、残念ながら単品販売のレーダーは完売となって久しい状況です・・・

そうなると元から装備している完成車を狙うのがおすすめ。

特に「2RL」はレーダー標準装備グレードの中では一番リーズナブルなので、その点だけでも一押しです。

 

ペイント名のビートルグリーンはその名の通り玉虫色という意味です。

このカラーの設定があるのは「2RL」だけ。

 

この手のカメレオンカラーの中では緑系は結構レアな印象があります。

それもあってか、色に惚れてこのバイクを買ったという方はかなり多かったです。

 

■Synapse Carbon 3 L

ブラック 51×1 54×1

¥429,000- → SPECIAL PRICE!

 

続いてはシナプスカーボン3Lです。

スマートセンスはリアビューレーダーなしで前後ライトのみ、コンポーネントはR7000系105がベースとなっています。

Synapse Carbonのラインナップ中、最もリーズナブルなモデルです。

 

ホイールとクランクの関係で上位グレードと比べるとウェイト面では少々見劣りしますが、それでもSynapseCarbon本来のポテンシャルをしっかりと感じられるのはさすが。

パーツ交換時の感動や伸びしろも大きいので、長く付き合っていける1台になるはずです。

 

全身グロスブラックで精悍な感じ。

シートステーには反射塗料が塗られており、真っ黒ながらも一定の視認性が確保されています。

 

2RLは51サイズを、3Lは51と54サイズをご用意可能です。

普段からシナプスに乗っているスタッフもおりますので、スマートセンスの使用感やお勧めのタイヤ幅など所有者ならではの話が聞けるかも?

Synapse Carbonが気になっている方はこの機会にぜひ!

 

他にも特価車体のご用意がございます。

店頭在庫一覧からご覧いただけます。

【在庫車情報】ロードバイク


2024.Jan. 5

1月1日よりLAB71を除いた2024 Supersix EVOシリーズの情報が解禁となりました。

まだ資料が届いておらず写真ではなくてイメージイラストのモデルも多いですが、ラインナップの全容や新色など一気に発表しちゃいます!

 

■Supersix EVO Hi-Mod 2 ¥1,050,000-(税込)

上:ブラック 下:ラリーレッド

まずはLAB71に次ぐハイエンドモデルのHi-Modから。

現時点ではフレーム売りはなく、アルテグラDi2完成車のみの展開です。

パーツスペックは前年と変更ありません。

 

イラストなのでわかりにくいですが、ブラックもラリーレッドも恐らくツヤありのグロス塗装です。

当店にはブラックの54とラリーレッドの51が1台づつ入荷予定。

国内入荷量は去年よりも少ないとのことなので、上記サイズが行けそうな人は可能な限り早くご予約頂いた方がいいと思います。

納期は今の所4月下旬ごろです。

 

ここから先は全てスタンダードMod。

■Supersix EVO 2 ¥760,000-(税込)

一枚目:ロウカーボン

二枚目:ソニックブルー

三枚目:メテオグレー

アルテグラDi2+Hollowgram R45カーボンホイールを装備したスタンダードModのEVO。

去年は店頭に並ぶことなく予約完売となった人気モデルです。

 

一枚目のロウカーボンは昨年からの継続カラー。

実車の色味については先日の紹介ブログをご覧ください。

ソニックブルーとメテオグレーは今年からの新色となります。

店頭にはメテオグレーの51サイズを展示予定です。5月頃入荷予定。

 

■Supersix EVO 3 ¥550,000-(税込)

一枚目:チョーク

二枚目:ヴァイパーグリーン

三枚目:ブラック

 

105Di2を装備したEVO。

このグレードに関してはカラーも全て去年からの継続です。

とはいってもどの色も発表されてから間を置かず完売となったので、買えずに悔しい思いをした方には朗報といったところ。

入荷予定は1月~6月頃です。

 

■Supersix EVO 4 ¥399,000-(税込)

一枚目:ブラック

二枚目:オレンジ

三枚目:ストームクラウド

新型メカニカル105完成車。

昨今の情勢からすると意外なほどにリーズナブルな価格設定で話題を呼びましたが、これは戦略的に意図したものだとか。

 

ブラックは去年からの継続。正確には来年モデルを先行販売と言う形だったので新色と言えば新色ですが。

オレンジは昨年チラ見せでご紹介させて頂きました。

ストームクラウドはこれが初公開。青みがかったグレーと言った感じでかっこよさそうです。

オレンジとストームグレーは3月頃に店頭に並ぶ予定ですのでお楽しみに。

 

LAB71についてはまだ僕らもどんな色か知らされていないのですが、3月頃に情報解禁の予定です。

51サイズのフレームセット(チームレプリカじゃない方)は1本確保してありますので予約受付中です!

1/6追記:ご成約頂きました。

 

昨年はEVO Carbon 2以上のグレードは全て店頭に並ぶ前に予約完売となってしまいました。

本当に争奪戦と言う感じで、問い合わせを頂くたびに申し訳ない気持ちになったものです。

3以下のグレードも長くて1か月程度しか保たなかったので、気になるモデルがある方は早めのご予約をお勧めいたします。

各モデルの詳しい納期など、お問い合わせはスタッフまでどうぞ!

 


2024.Jan. 5

旧年中は大変お世話になりました。

皆様のサイクルライフがより一層充実しますようスタッフ一同精一杯努めて参ります。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

新年は本日より営業しております。

皆様の御来店心よりお待ちしております。

 

キャノンデール横浜ベイサイド スタッフ一同


2023.Dec. 30

平素よりキャノンデール横浜ベイサイドをご利用いただき誠にありがとうございます。本日を持って無事2023年の営業を終える事ができました。

 

本年もたくさんのご来店をいただきまして心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

来年も皆様にお会いできることを楽しみにしております。

 

新年は1月5日(金)から通常通り営業いたします。

迎える2024年もその先も、自転車を通じて皆様の生活を豊かにするお手伝いをさせていただけるようスタッフ一同努めて参ります。

お体には十分お気を付けて、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

キャノンデール横浜ベイサイド スタッフ一同