バイク

新着一覧


2020.Aug. 29

キャノンデールが世界に誇る表彰台常連のフルサスXCバイクがScalpelです。

先日発表されたばかりの新型は東京オリンピックでの活躍も期待されています。そんなScalpelの2020年モデルがクリアランス価格に。

 

■Scalpel Si Carbon 4 (Mサイズ)

¥420,000 (税抜) → Special Price&さらにポイント還元!

年々難易度が上昇していく近年のワールドカップクロスカントリーを戦い抜くべく設計されているScalpel Si。クロスカントリーバイクに求められる登りの軽さやペダリング性能に加え、下りや荒れ地でも余裕を持って走れる懐の深さ。相反する二つの性能を両立させることが最前線で戦うXCバイクの絶対条件となっていますが、そういったバイクをトレイルに持ち込むと最高に楽しいことは言うまでもありません。

 

つまり現代最高のXCバイクは遊び用途でも最高ということです!新型が出た今でもScalpel Siの楽しさは全く色褪せることはありません。フルサスながらも非常に軽快なので、ロードからMTBへの乗り換えの第一歩にもいいかもしれませんね。

今年は中止になってしまいましたが王滝に代表される耐久イベントにも最適なカテゴリのMTBですので、将来参加を考えている方にもScalpel Siは非常におすすめです。

 

2020年のキャノンデールのラインナップでも数少ない…というか唯一のアシッドグリーンカラーを纏ったフレーム。

長年のキャノンデールファンにとっては、キャノンデールと言えばやっぱりこの色!そう言った思い入れがない方でも純粋にキレイでかっこいいとカラーではないでしょうか。

 

このグレードのScalpelはLefty Ochoを装備しています。これまで少々過剰剛性だった設計を見直し、シングルクラウンとなったことで新たな世界を切り開いた新世代のLeftyです。

これが本当によくできていて、その滑らかなストローク感、意外と自然なハンドリング性能には驚かされること間違いなし。トレイルバイクとしてみた時のScalpelの楽しさはこのフォークに由来するところが大きいです。

 

LEFTYもさることながら、SCALPELが優れているのはリア周りです。シンプルなシングルピボットのスイングアーム式を採用しており、路面の挙動が掴みやすく、軽量化にも貢献しています。

 

一方でシングルピボットのバイクでありがちなのが、リアが動きすぎてしまうこと。それを抑制すると今度は動きが渋くなったりするのですが、SCALPELのそれはシートステーのしなりを生かし、下りではしっかり衝撃を吸収し、上りでは荷重をかけてぐいぐい進んでいける設計になっています。

独特のバネ感あるフィーリングも魅力です。

 

完成車重量は12.2kg。フルカーボンなだけあってやはり軽いです。

フルサス完成車としてはこのままでも十分軽量ですが、軽く手を入れるだけで10kg台も十分狙えると思います。

 

Mサイズ一台限り、最後の店頭在庫となっておりますので、ご興味のある方はお見逃しなく!

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 22

大変多くのお問合せを頂いていたCAAD13のチームレプリカが満を持して入荷して参りました!

 

■2021 CAAD13 Disc 105 REP ¥230,000(税抜)

EFプロサイクリングの選手たちが駆るマシンと同じモチーフを用いたレプリカカラーのCAAD13。EFプロサイクリングのチームジャージはRAPHA製なので、このバイクのデザインにもRAPHAが一枚かんでいます。RAPHA好きにもそうでない方にも間違いなくかっこいいデザイン。それが105グレードの完成車に採用されているというのは軽く反則だと思います。

 

世間では「1台目のロードバイクにはCAAD13 105のディスクブレーキモデル」というのが一種のセオリーとなっている感がありますが、このカラーの登場でその傾向がさらに高まるかも知れませんね。それほどの魅力を湛えたバイクです。

 

では細部を見ていきましょう。

 

デザイン上の特徴である、目を奪われるような幾何学模様。よく見るとグラデーションになっていたりして芸が細かいです。選手たちが着用するジャージにも同じモチーフのデザインが採用されています。ネイビー・ピンク・ブルーの組み合わせがクールの一言。

 

トップチューブにはおなじみのラファのロゴが。妙に立体的に見えるのは実際にエンボスだからです。高級感を感じるポイントの一つ。

 

ダウンチューブにキャノンデールのロゴが大きく入るのもレプリカカラーの特権です。やっぱりキャノンデールはこうでないとという方も多いのでは。

 

今回の入荷では48から54までの各サイズが揃いました。51サイズ以外の本来の入荷予定は12月のはずなので、一足早く乗りたい方はぜひキャノンデール横浜ベイサイドまで。そして今なら下記キャンペーンが適用可能です!

Cannondale x Raphaチームレプリカモデルキャンペーン

どうぞこの機会にCAAD13(及びSupersix EVO Hi-Mod)をご検討ください!

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 18

こんにちは、キャノンデール横浜ベイサイドです。

 

2021年モデルの新作キッズバイクが入荷しましたのでご紹介いたします。キャノンデールのキッズバイクは長らく在庫が枯渇しておりましたので、今がチャンス!取り寄せできる国内在庫もあとわずかですので、ご検討されている方はお早めに。

 

■ CUJO 24+  ¥59,000-(税別)

24インチサイズのファットタイヤなキッズバイクです。通常のマウンテンバイクに比べてもひと回り以上太いサイズのタイヤとなっており、未舗装路でもどこでも楽しめるモデルです。サスペンションが無い分、見た目に反して軽量なのもおすすめなポイントです。

バイクパークで遊ぶバイクとしてもぴったりです。マウンテンバイカーなお父様方、いかがでしょうか?

ブレーキは前後ディスクブレーキとなっており、突然の雨の日でも安心です。見た目も断然かっこいいですね。

 

キャノンデールといえばグリーンを連想される方は多いかと思います。ロゴがガンメタリックな色となっており、手の込んだカラーリングに仕上がっています。

 

■ CUJO 20+ ¥55,000-(税別)

こちらは20インチのタイプ。同じくファットタイヤを履かせてディスクブレーキ搭載のモデルです。

Alpineという綺麗なブルーが爽やかです。発色の良い赤いグラフィックが良いアクセントになっています。

 

どちらもお子様がわくわくする仕様のバイクであること間違いなし。お色も非常に魅力的ですので、ぜひお子様とご来店ください。

 

~緊急事態宣言解除後の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 14

2020年8月21日(金)より、キャノンデールジャパンでは「Cannondale x Raphaチームレプリカモデルキャンペーン」を実施いたします。

期間中、SuperSix EVO Hi-Mod Disc Ultegra及びCAAD13 Disc 105のチームレプリカカラーをお買い上げいただいたお客様には、Raphaオンラインショップでお使い頂けるギフトクーポンを最大10,000円分プレゼントいたします。

 

キャンペーン期間:
2020年8月21日(金) ~2020年9月30日(水) ご成約分まで

 

対象バイク:

■SuperSix EVO Hi-MOD Disc Ultegra チームレプリカ ¥560,000(税抜)

Raphaギフトクーポン¥10,000 (税込)をプレゼント!

 

■CAAD13 Disc 105 チームレプリカ ¥230,000(税抜)

Raphaギフトクーポン¥5,000 (税込)をプレゼント!

 

サイズによって異なりますが、Supersix EVO は9月中旬、CAAD13は8月下旬から順次出荷される予定です。

ぜひ、この機会にキャノンデールが誇る二大オールラウンドバイクをご検討下さい。

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 11

先日ご紹介した2021年モデルのCAAD13。そのうちの一部が早くも店頭に入荷しました。

■CAAD13 Disc Ultegra ¥270,000-(税抜)

 

2021年より新たに設定されたアルテグラグレードのCAAD13 Disc。最高のアルミフレームであるCAAD13にはやはり高級コンポーネントをインストールしたいもの。2020年度はディスクブレーキ版のCAAD13にはベーシックな105といささか高額なFORCE ETAP AXSの設定しかなかったので、ほどほどにラグジュアリーなアルテグラ完成車の登場は嬉しいですね。

 

フレームカラーはマーキュリーという銀色ですが、これがまたいい色です。近くで見てみましょう。

 

いかがでしょうか、この深みや流体感は。マーキュリーというのは水星やフレディではなく水銀の意味とのことで、言われてみるとピッタリのネーミングです。

 

今までのCAADシリーズでシルバーというとアルミ地を透かしたロウカラーの記憶が強いですが、塗りの上質さを感じさせるこのペイントも多くの人に好まれると思います。ロゴが小さくて銀一色の自転車なんて絶対地味なはずなのに、全くそう感じさせないのがすごい。フレームカラーを生かしたパーツのコーディネイトも色々考えられて妄想が膨らみます。

 

このカラーはSupersix EVOの上位グレードにも採用されており、一見の価値ありです。

 

コンポーネントがアルテグラになっただけでなく、ホイールがフルクラムになったりタイヤがルビノプロになったりと105完成車と比較して細かいアップグレードが見受けられます。地味ながら重要な差異です。

 

また、このグレードに限った話ではありませんが2020年度は28cだったタイヤが25cへと変更されています。28ももちろん良いんですが、25の方がレーシングバイクとしての本分にマッチしているという意見も。いずれ28へ変える予定がある人もまずは25を試して頂くのが良いのではないでしょうか。

 

105完成車も入荷しています。こちらはセージグレーというカラーで、プレーンな感じがシブい。対となるチームレプリカがとにかく注目を集めていますが、あれでは派手すぎるという人にはうまくマッチするのではないかと思います。ただしこのカラーは年間入荷数量がかなり少ないようなので気づいたら完売ということになりそう。気になっている方はお早めにどうぞ。

 

ちなみにチームレプリカも間もなく入荷予定。組みあがり次第ご報告します。

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 10

レフティー搭載モデルの印象が強い今期のTopstone Carbonですが、比較的お手頃に購入できる非レフティーモデルもラインナップされています。グラベルアドベンチャーを骨の髄まで楽しむならLefty搭載モデルですが、車重の軽さや舗装路での走りを取るならこちらでしょうか。

店頭にも入荷しておりますので早速ご紹介!

 

■2021 Topstone Carbon 5 ¥290,000 (税抜)

ラインナップの中でもっとも手の届きやすい価格で人気を博した2020 Topstone Carbon 105、その後継のような位置づけがこちらです。フレームは2020から特に変わりはありませんが、グラベル用コンポーネントのシマノ・GRXがインストールされるようになり、グラベルバイクとしての戦闘力がさらに高まりました。

 

フレームカラーはグラファイト。シクロやMTB、クロスバイクでも採用例のあるカラーですが、シンプルな黒いラインが一本入ってエッジの効いた印象になっています。キャノンデールのロゴはうっすらとした蛍光イエローとなっており、昨年に引き続きミニマルなグラフィックです。オフロードのみならず、街中でも間違いなく映えるデザイン。

 

何度も言っていますが、GRXのブレーキレバーは指のかけやすさが最強です。どこに指をかけたらいいのか自然とわかりますし、力もかけやすい。強力な制動力が求められるグラベルロードはもちろんのこと、街乗りでも助けられることが多いはずです。

 

リアディレイラーはGRXなのでスタビライザー付き。ここは105のRDと大きく違う所で、チェーン暴れを強力に抑制できます。ギア比もよりワイドになっているので、日常用途でも助かります。

 

このフレームカラーにはサイドスキンのタイヤが良く似合いますね。

タイヤもホイールもチューブレス対応なので、ご希望の場合はチューブレス仕様でご納車いたします。(シーラント代別途)

 

TOPSTONE CARBON 試乗車あります!

2020年モデルとなりますが、試乗車もご用意しております。

 

レフティーが付いていないモデルでも、シルキーな乗り味やグラベルバイクとは思えない軽さを堪能できるのがTopstone Carbon。アドベンチャー用途のみならず、カジュアルなエンデュランスロードのような楽しみ方ができる懐の深さもあります。

ニューモデルのカッコよさをご覧頂きつつ、その乗り味もぜひ体感してみて下さい

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 8

注目の2021年モデルの数々が入荷する一方で、この一年を盛り上げてくれた2020年モデル車体がクリアランス価格となっております。

今回はキャノンデールの看板ロードバイクと言えるSupersix EVOシリーズのご紹介!

 

■ SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra GDF 48,54

¥390,000-(税抜) → 特別キャンペーン+ポイント還元!(cash price)

Hollowgramカーボンホイールを標準装備しているという事でラインナップの中でも人気が高いアルテグラ完成車。

このゴールドフィンガーは金色なのに下卑たところのない絶妙な色合いです。

 

 

■ SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra BBQ 51

¥390,000-(税抜) → 特別キャンペーン+ポイント還元!(cash price)

上記ゴールドフィンガーの色違い。マットブラックをベースにグロスブラックやリフレクティブを取り入れており、黒いのに表情が豊かです。

 

■ SuperSix EVO Hi-MOD Disc Frame Set 51/REP

¥460,000-(税抜) → 特別キャンペーン+ポイント還元!(cash price)

先代のEFチームカラーフレームもスペシャルプライスに。

チームレプリカであろうとなかろうと、純粋に美しいカラーリングではないでしょうか。

トップチューブのラファのエンボスも好きな人にはたまりません。

 

気になっていた方には大変お買得に憧れの BIKE を手に入れるチャンス!

どのモデルも在庫車限りとなりますので、サイズが合う方はお見逃しなく。

ぜひ実際に車体をご覧いただき、ご検討ください!

 

関連記事

CANNONDALE 2020年モデル クリアランスセール!!

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 7

2020年8月8日(土)より、キャノンデールでは「クランクアップグレードキャンペーン」を実施いたします。期間中、SuperSix EVO Carbon Disc 105/BPLをお買い上げ頂いたお客様には、クランクをキャノンデール「ホログラムSi」へ無料アップグレードいたします。完成車にスペックされている「キャノンデールONE」クランクに比べて113gの軽量化となります。

 

ぜひこの機会にSuperSix EVO Carbon Disc 105をご検討下さい。

 

内容:
期間中、下記製品をお買い上げいただいたお客様へ、ホログラムSiクランクを無償提供。
SuperSix EVO Carbon Disc 105 ブラックパール ¥297,000 (税込)

期間:
2020年8月8日(土)~2020年9月30日(水)まで
※先着50名限定。

注意点:

・完成車対象カラーは、ブラックパール(BPL)のみとなります。-
・提供する製品は、左右クランクアーム、52/36チェーンリングのみとなります。
・スピンドル&ベアリングは含みません。

 

ホログラムSiクランクとは

特許取得済みのOPI 3D鍛造技術によって、極限まで軽量化され、かつ驚異的な強度と剛性を備えたシームレスなホログラムクランクアームです。

このクランクアームは、キャノンデールの歴史のなかでも、もっとも剛性の高いクランクアームです。初代ホログラムクランクと同等の軽量性を維持しつつ、すべてのホログラムスパイダーリングと適合しております。

スパイダーリングは、8アームデザイン。並外れた変速性能をもち、フラッグシップのホログラムSiSL 2に使用される10アームのスパイダーリングに比べても30gの重量差しかありません。

 


2020.Aug. 1

長かった梅雨も明け、ようやく夏らしい日々がやってきました。

雨続きで走りに行きにくい日々からをようやく解放されますね。

CANNONDALE YOKOHAMA BAYSIDE ではそんな皆様を応援するべく、

「CANNONDALE 2020年モデル」 をスペシャルプライスにてご案内致します。

 

 

本日はスペシャルプライスにてご提供を開始した珠玉のバイクの一部をご紹介いたします。

 

 

■ SuperSix EVO Carbon Hi-MOD DISC DURA-ACE Di2 51/BBQ

¥1,050,000-(税抜) → 特別キャンペーン!+ポイント還元!(cash price)

 

言わずと知れた2020 CANNONDALEのフラッグシップバイク。SUPERSIX EVO Hi-Modカーボン伝統の走りの軽さはそのままに、快適性、そしてエアロも手にしたCANNONDALE最高のロードバイク。

DURA ACE Di2にSiSL2クランク、KNOTフル装備で(課金の必要こそありますが)パワーメーターまで付いてくる。当然のごとく100万円を超えてくる高値の花プライスでしたが、本日よりスペシャルプライスでのご提供となります。

サイズは51。1台のみ。見逃せない1台ではないでしょうか。

 

 

■ Systemsix Carbon Ultegra Di2 54/REP

¥680,000-(税抜) → 特別キャンペーン!+ポイント還元!(cash price)

 

世界最高のエアロダイナミクスを持つSystemsix。こちらはHi-ModカーボンではないSTDカーボンを使用しております。剛性レベルはHi-ModカーボンのSystemsixと同じにチューニングされており、重量こそ若干増しますが、かなりコストパフォーマンスの高い1台です。

見た目から想像できる通り、平坦・下りでのスピードの伸びは素晴らしく、緩斜面であればむしろ軽量ロードよりも速く走ってしまうという恐ろしいバイク。

見た目から想像しにくいですが、意外と乗り心地も良好です。

2020年のEFチームカラーは2021年モデルが発表された今なお人気が高く、かえって競争率が上がってしまう可能性もございます。グラフィックが大きく大胆に描かれるのは、面の広いエアロロードフレームの特権です。こちらも54サイズ、1台のみ。

 

 

■ CAAD13 DISC  Force eTap AXS 51/CHP

¥590,000-(税抜) → 特別キャンペーン!+ポイント還元!(cash price)

 

アルミのロードバイクと言えばCANNONDALE CAAD13。軽量で快適性も高く、EVO同様のエアロ性能まで得た最高のアルミフレームであることは疑いようがありません。

EVOと異なるのはブレーキホースが外出しになるところでしょうか。エアロの観点からみれば完全内装の方が優秀ですが、よりレースの現場よりも日々のライドに近いところを走ることが多いであろうアルミのCAADで完全内装をしなかったのはメンテナンス性から。EVO・SYSTEMSIXにおけるハンドルの切れ角の制限もCAAD13にはありません。輪行など多くされる方にはむしろこちらの方がメリットがあるかもしれませんね。

こちらは最先端無線ワイヤレスロードコンポーネントSRAM FORCE ETAP AXSが使用されているだけでなく45mmハイトと使いやすいカーボンホイールを履いた隙の無い仕様。12速コンポーネントと合わせてどんなフィールドでもアドバンテージになってくれるはず。

フレームカラーがスパルタンな印象でないところもポイントです。

 

 

本日ご紹介したのはほんの一部。店頭ではまだまだご用意がございます。

先日発表された2021年モデル。こちらも近く入荷してまいりますのでワクワクが止まりませんが、2020年モデルからお客様のライフスタイルに適したバイクを選んでいただくのも賢いお買い物かなと思います。

ぼんやりと「自転車が欲しい」という方はぜひスタッフまでお話しお聞かせください。どんなところにどうやって走りに行きたいか、そのためにはこんな要素を持ったバイクがいいですよなんてお話しさせていただきます。

皆様のご来店お待ちしております。

 

関連記事

2020年モデルクリアランス対象車体のご紹介 その2

 

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 


2020.Jul. 28

■Topstone Neo Carbon 3 Lefty ¥600,000- (税抜)

あの怪物がついに店頭に入荷しました。Topstone Neo Carbonのレフティー搭載モデルです。素のTopstone CarbonにLeftyが付いただけでもあれほどのワクワクを感じさせてくれたのに、なんとそれがe-bikeとなりました。

 

こんなバイク、思いついても普通作りません。それをやってしまうのがキャノンデール。

ただでさえグラベルとe-bikeの相性は良いと言われていますから、このバイクでフィールドを走った時の興奮はいかばかりでしょうか?間違いなく新しい世界を味わえるはず!このバイクで新たな時代を駆け抜けてみませんか。

 

大容量バッテリーを積んでいる関係もあって、重量に関しては軽量さを売りにしているe-bikeに比べるとちょっと見劣りします。でも実際に乗ると重さをあまり感じません。むしろ非常にキビキビ動きます。

 

その秘密はチェーンステーにあり。チェーンステーというのは短いほど踏み込んだ時の反応が良くなるもの。

Topstone NeoはQuick NeoやSynapse Neoと同様Aiオフセット構造を採用したことにより420mmという短さを実現しています。e-bikeの中で、650×48までのタイヤクリアランスを備えた上でこの短さというのは類がありません。

 

アシストユニットはBosch製Performance Line CXユニットを搭載。急な登坂を含むオフロードにも対応できるe-MTB向きのユニットで、同じBosch製でもQuick Neoなどに搭載されているActive Line Plusよりも格段にパワフル。走行距離は最大176kmと言う事になっていますが、例によって実走ではもっと伸びます。

 

このユニットのパワフルさもバイクの楽しさを助長してくれていて、ターボモードでは車体重量が非常に軽いような錯覚さえ覚えてしまうほど。もちろんエコモードでは穏やかな挙動になりますから、パワーがありすぎて危ないという事はないと思います。

 

フォークはTopstone Carbon Leftyに搭載されているLefty Oliverをこのバイク向けにチューンしたもの。トラベル量は同様に30mmですが、e-bikeの重量に最適化されています。

Topstone Carbon Leftyでとても好評のキャリパー着脱機構ももちろん装備!

 

今回入荷してきたのはMサイズとなります。現時点ではSサイズ、Lサイズも少量ながらメーカー在庫があるようなのでお取り寄せ可能です。ぜひ実車の迫力やワクワク感をご覧にいらしてください!

 

~緊急事態宣言解除後の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。