BIKE


世界最峰のXCバイク Scalpel Si Carbon 4

2019.Oct. 4

SCALPEL、つまり外科手術用のメスのことですが切れ味鋭いシャープなイメージはこのバイクにぴったりのネーミングだと思います。

表彰台の常連であるキャノンデールファクトリーレーシングチームと共にワールドカップの最前線で熟成を重ねてきたピュアクロスカントリーマシン。

そのSCALPELの国内最上位グレードがキャノンデール横浜ベイサイドに入荷して参りました。

 

■Scalpel Si Carbon 4 (Mサイズ) ¥420,000 (税抜)

近年のワールドカップクロスカントリーではコースにガレ場やドロップが設けられていることが多く、難易度が年々上昇しています。

その厳しさたるや「こんなコースをXCバイクで走るのか」と思えるほどで、従来のXCバイクで攻略するのはプロライダーでも困難を極めます。

それに対応するべく下り性能を高めたXCバイクがトレンドとなりつつありますが、一方でXCバイクに重要な登りの軽さやペダリング性能も維持しなければならず、2つの相反するバランスを高度に反映したバイクでなければ「勝てない」状況になっています。

最新のSCALPELはまさにそんな1台。

 

そんな難しいバイクを作らなければいけないメーカーには気の毒ですが、僕らにとっては歓迎するべきことかもしれません。

なぜならこの1台だけでXCレース、王滝、トレイルライド、街乗りと様々なシーンを楽しむことが出来るからです。

昔ながらのカリカリなXCレーサーよりも汎用性が高く、競技には興味がないという方でも買う価値のあるバイクとなっています。

 

今年のキャノンデールのラインナップでは数少ない…というか唯一のアシッドグリーンカラーを纏ったフレーム。

これこそがキャノンデールのコーポレートカラーというお客様もいらっしゃるかと思います。

そう言った思い入れがない方でも純粋にキレイでかっこいいと思えるカラーではないでしょうか。

 

やはり目を引くのが、キャノンデールならではのLEFTY OCHO。

これまでダブルクラウンだったLEFTYをシングルクラウン化するという正気を疑うようなプロダクトですが、これが実によく出来ています。

去年の記事になりますが、インプレを書きましたので是非ご覧ください。

 

LEFTYもさることながら、SCALPELが優れているのはリア周りです。

シンプルなシングルピボットのスイングアーム式を採用しており、路面の挙動が掴みやすく、軽量化にも貢献しています。

一方でシングルピボットのバイクでありがちなのが、リアが動きすぎてしまうこと。

それを抑制すると今度は動きが渋くなったりするのですが、SCALPELのそれはシートステーのしなりを生かし、下りではしっかり衝撃を吸収し、上りでは荷重をかけてぐいぐい進んでいける設計になっています。

独特のバネ感あるフィーリングも魅力的です。

 

ドライブトレインは1xの12速。

メインコンポはSRAMのNXイーグルですので、ここをアップグレードすると更なる軽量化が図れそうです。

無線コンポーネントのEAGLE AXSや新型XTR等はいかがでしょうか。

 

足回りはかなりしっかりしていて、リムは前後ともSTANSのCREST。

フロントタイヤはシュワルベ RACING  RAY、リアはRACING RALPHを装備しています。

 

完成車重量は12.2kg。フルカーボンなだけあってやはり軽いです。

フルサス完成車としてはこのままでも十分軽量ですが、軽く手を入れるだけで10kg台も十分狙えると思います。

 

こちらのバイクは現在メーカー在庫切れ、次回入荷は3月末と中々に貴重な店頭在庫となります。

実は気になっていた!という方は是非店頭にご覧にいらしてください。

皆様のご来店お待ちしております。



SHOP INFORMATION

所在地
横浜市神奈川区栄町10-35 ザ・ヨコハマタワーズ サウスコート101-1
電話番号
045-451-1211
メールアドレス
キャノンデール横浜ベイサイド店メールアドレスはこちら
営業時間
11:00~20:00
定休日
毎週水曜日、木曜日 ※祝日は営業致します。
電車
JR横浜駅北東口徒歩 10分
お車
ポートサイド地下駐車場[東出口 ]より徒歩2分!

※お車でお越しのお客様は、ポートサイド地下駐車場をご利用ください。

お買い上げ3000以上で1時間分の駐車場ご利用チケットをサービスいたします。

ご来店の際は必ず、駐車券をお持ちください。

キャノンデール横浜ベイサイドFACEBOOK

キャノンデール横浜ベイサイド スタッフ募集のお知らせ