BIKE


匠の塗りのキャンディレッドにスタイリッシュなチームレプリカ!Supersix EVO Hi-Mod Disc Ultegra

2020.Oct. 26

近年のエアロオールラウンダーの中でも乗り心地を含めた総合力が抜きんでているとして、モデルチェンジ以来ライダーからの評価が非常に高い新型EVO。今年はグランツールやクラシックレースでプロチームが素晴らしい成績を上げていることもあり、改めて注目されているのを感じます。

そんなEVOの中でも最近はこちらのバイクをお選びいただく事が増えています。

 

■Supersix EVO Hi-Mod Disc Ultegra “Candy Red” ¥550,000 (税抜)

プロチームが駆るSupersix EVOと同一のHi-modフレームに機械式変速のアルテグラをインストールしたのがこのモデル。実はこの価格で買えてしまうのってかなり破格なのでは?ということでご成約をいただく事が多いです。実際その通りだと思います。

 

Hi-modフレーム、Hollowgramの35mmハイトのカーボンチューブレスホイール、専用品のカーボンパーツを贅沢に使用したコクピット回り・・・バラ完で組んだら総額80~90万円ほどでしょうか。冗談じゃなく、誇張抜きでこの金額です。

完成車というのは多かれ少なかれお買い得な価格設定になっているものですが、このバイクのそれは特に際立っていると言えるでしょう。

とはいえこのバイクが価格しか取り柄がないバイクではないことは周知の事実。レースに、ロングライドに、あらゆるシーンでワンランク上の走りを味わっていただけます。

 

色もいいですね。赤の下にメタリックな色調が透けて見えるキャンディーレッド。非常に深みがあって、遠くからでも良く映える色合いです。

 

このペイント、最近のマ○ダ車の象徴となっているソウルレッドクリスタルメタリックという色にそっくり。シルバーの下地の上にクリアレッドを吹くという工程も似ています。何かの機会にコラボしてくれたら面白そうです!もしマ○ダのソウルレッド車に乗られている方がいたら、ぜひこのバイクをルーフに乗せてみてください。

 

相方となるチームレプリカカラーも相変わらず注目度が高いです。EFプロサイクリングはこれとは異なる特別なデザインのバイクで今回のジロに臨みましたが、ステージ2勝+山岳賞獲得という素晴らしい結果を残してくれました。

 

キャンディレッドとチームレプリカ、どちらも大変魅力的です。そしてどちらもメーカー在庫は来年まで欠品・・・

特にキャンディレッドのリードタイムは長く、サイズによっては来年9月(!)なんてものも。店頭には51サイズのキャンディレッドと54サイズのレプリカのご用意がございます。お探しの方はぜひキャノンデール横浜ベイサイドまで。

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。



SHOP INFORMATION

所在地
横浜市神奈川区栄町10-35 ザ・ヨコハマタワーズ サウスコート101-1
電話番号
045-451-1211
メールアドレス
キャノンデール横浜ベイサイド店メールアドレスはこちら
営業時間
11:00~20:00
定休日
木曜日(祝日の場合は水曜日振替定休)
電車
JR横浜駅北東口徒歩 10分
お車
ポートサイド地下駐車場[東出口 ]より徒歩2分!

※お車でお越しのお客様は、ポートサイド地下駐車場をご利用ください。

お買い上げ3000以上で1時間分の駐車場ご利用チケットをサービスいたします。

ご来店の際は必ず、駐車券をお持ちください。

キャノンデール横浜ベイサイドFACEBOOK

キャノンデール横浜ベイサイド スタッフ募集のお知らせ