バイク

BIKE


2020.Sep. 4

先日入荷したCAAD13 105に続いて、Supersix EVOのチームレプリカカラーが店頭でご覧頂けるようになりました。

 

■2021 Supersix EVO Hi-Mod Disc Ultegra ¥560,000-

ちょうど今EFプロサイクリングの選手たちはツールドフランスでしのぎを削っているわけですが、このバイクのフレームはまさに選手たちが駆るのと全く同じHi-Modグレードとなります。そこに非Di2のアルテグラを組み合わせてリーズナブルなパッケージにしたのがこのバイクです。ハイエンドバイクがこの価格なのは嬉しいですね。

 

ちなみにあるメディアでは今大会の注目バイクの一つとしてEVOを挙げていました。昨日のステージでも若手選手が4位に入っていたりと健闘しています。今後もEFの活躍を期待しましょう!

 

実は今回入ってきているのは展示車でして、正式な入荷は9月中旬頃の予定となっています。つまり現在EVOのチームレプリカをご覧頂けるのは当店だけ!気になっている方はとても多いと思いますので、ぜひ実物を見にいらしてください。

 

さて、価格が価格だけにパーツ構成はおとなしめと思われがちなこのバイクですが、さにあらず。ハンドル&ステムはHollowgram Save SystemBar、シートポストはHollowgram SL 27KNOTカーボンと最上位の物がアッセンブルされています。この3つのパーツだけで税込9万円と少し。あとからアップグレードするのは少々しんどい金額だけにありがたみもひとしお。

 

クランクはHollowgram SiSL。キャノンデールのオリジナルクランクの中ではちょうど真ん中のグレードですが、それでもフルセットで¥57,200の高級クランクです。(現在Supersix EVO 105でこのクランクのキャンペーンを行っています!)ホイールもHollowgramの35mmハイトのカーボンホイールとなっており、これも金額を付けるとすれば20万円くらい。

 

んん?EVO Hi-Modのフレームセットは2020年モデルで506,000円(税込)でしたから・・・この完成車の税込価格は616,000円で・・・差額はいくらなんでしょう?なんだかすごくお得じゃないですか?

コストパフォーマンスでバイクを語るのはあんまり好きじゃないですが、このバイクについては声を大にして言いましょう。買いです!

 

最も注目するべきバイクデザインについてもCAAD13よりも一段と派手になっています。モザイク模様の面積が少し増えただけなのに印象は大分違いますね。

 

そしてCAAD13とは塗りの下地が違うのか、ベースの紺色の部分といいピンク色の部分といい発色が一段と鮮やかに見えます。写真では映りが悪くてお伝えしきれないですが、実物を太陽光で見るとかなり違いますよ!やはりハイエンドだけあってペイントにもコストをかけているんだなあと実感できます。

 

Cannondale x Raphaチームレプリカモデルキャンペーン

CAAD13のチームレプリカカラーともどもCannondale×Raphaキャンペーンの対象となっているこのバイク。キャンペーンが適用となるのは9月30日までにご成約頂いた分のみとなります。チームレプリカカラーをご検討の方はどうぞこの機会に!

 

関連記事

CAAD13 Disc 105 チームレプリカカラー入荷しました!

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 22

大変多くのお問合せを頂いていたCAAD13のチームレプリカが満を持して入荷して参りました!

 

■2021 CAAD13 Disc 105 REP ¥230,000(税抜)

EFプロサイクリングの選手たちが駆るマシンと同じモチーフを用いたレプリカカラーのCAAD13。EFプロサイクリングのチームジャージはRAPHA製なので、このバイクのデザインにもRAPHAが一枚かんでいます。RAPHA好きにもそうでない方にも間違いなくかっこいいデザイン。それが105グレードの完成車に採用されているというのは軽く反則だと思います。

 

世間では「1台目のロードバイクにはCAAD13 105のディスクブレーキモデル」というのが一種のセオリーとなっている感がありますが、このカラーの登場でその傾向がさらに高まるかも知れませんね。それほどの魅力を湛えたバイクです。

 

では細部を見ていきましょう。

 

デザイン上の特徴である、目を奪われるような幾何学模様。よく見るとグラデーションになっていたりして芸が細かいです。選手たちが着用するジャージにも同じモチーフのデザインが採用されています。ネイビー・ピンク・ブルーの組み合わせがクールの一言。

 

トップチューブにはおなじみのラファのロゴが。妙に立体的に見えるのは実際にエンボスだからです。高級感を感じるポイントの一つ。

 

ダウンチューブにキャノンデールのロゴが大きく入るのもレプリカカラーの特権です。やっぱりキャノンデールはこうでないとという方も多いのでは。

 

今回の入荷では48から54までの各サイズが揃いました。51サイズ以外の本来の入荷予定は12月のはずなので、一足早く乗りたい方はぜひキャノンデール横浜ベイサイドまで。そして今なら下記キャンペーンが適用可能です!

Cannondale x Raphaチームレプリカモデルキャンペーン

どうぞこの機会にCAAD13(及びSupersix EVO Hi-Mod)をご検討ください!

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 18

こんにちは、キャノンデール横浜ベイサイドです。

 

2021年モデルの新作キッズバイクが入荷しましたのでご紹介いたします。キャノンデールのキッズバイクは長らく在庫が枯渇しておりましたので、今がチャンス!取り寄せできる国内在庫もあとわずかですので、ご検討されている方はお早めに。

 

■ CUJO 24+  ¥59,000-(税別)

24インチサイズのファットタイヤなキッズバイクです。通常のマウンテンバイクに比べてもひと回り以上太いサイズのタイヤとなっており、未舗装路でもどこでも楽しめるモデルです。サスペンションが無い分、見た目に反して軽量なのもおすすめなポイントです。

バイクパークで遊ぶバイクとしてもぴったりです。マウンテンバイカーなお父様方、いかがでしょうか?

ブレーキは前後ディスクブレーキとなっており、突然の雨の日でも安心です。見た目も断然かっこいいですね。

 

キャノンデールといえばグリーンを連想される方は多いかと思います。ロゴがガンメタリックな色となっており、手の込んだカラーリングに仕上がっています。

 

■ CUJO 20+ ¥55,000-(税別)

こちらは20インチのタイプ。同じくファットタイヤを履かせてディスクブレーキ搭載のモデルです。

Alpineという綺麗なブルーが爽やかです。発色の良い赤いグラフィックが良いアクセントになっています。

 

どちらもお子様がわくわくする仕様のバイクであること間違いなし。お色も非常に魅力的ですので、ぜひお子様とご来店ください。

 

~緊急事態宣言解除後の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 10

レフティー搭載モデルの印象が強い今期のTopstone Carbonですが、比較的お手頃に購入できる非レフティーモデルもラインナップされています。グラベルアドベンチャーを骨の髄まで楽しむならLefty搭載モデルですが、車重の軽さや舗装路での走りを取るならこちらでしょうか。

店頭にも入荷しておりますので早速ご紹介!

 

■2021 Topstone Carbon 5 ¥290,000 (税抜)

ラインナップの中でもっとも手の届きやすい価格で人気を博した2020 Topstone Carbon 105、その後継のような位置づけがこちらです。フレームは2020から特に変わりはありませんが、グラベル用コンポーネントのシマノ・GRXがインストールされるようになり、グラベルバイクとしての戦闘力がさらに高まりました。

 

フレームカラーはグラファイト。シクロやMTB、クロスバイクでも採用例のあるカラーですが、シンプルな黒いラインが一本入ってエッジの効いた印象になっています。キャノンデールのロゴはうっすらとした蛍光イエローとなっており、昨年に引き続きミニマルなグラフィックです。オフロードのみならず、街中でも間違いなく映えるデザイン。

 

何度も言っていますが、GRXのブレーキレバーは指のかけやすさが最強です。どこに指をかけたらいいのか自然とわかりますし、力もかけやすい。強力な制動力が求められるグラベルロードはもちろんのこと、街乗りでも助けられることが多いはずです。

 

リアディレイラーはGRXなのでスタビライザー付き。ここは105のRDと大きく違う所で、チェーン暴れを強力に抑制できます。ギア比もよりワイドになっているので、日常用途でも助かります。

 

このフレームカラーにはサイドスキンのタイヤが良く似合いますね。

タイヤもホイールもチューブレス対応なので、ご希望の場合はチューブレス仕様でご納車いたします。(シーラント代別途)

 

TOPSTONE CARBON 試乗車あります!

2020年モデルとなりますが、試乗車もご用意しております。

 

レフティーが付いていないモデルでも、シルキーな乗り味やグラベルバイクとは思えない軽さを堪能できるのがTopstone Carbon。アドベンチャー用途のみならず、カジュアルなエンデュランスロードのような楽しみ方ができる懐の深さもあります。

ニューモデルのカッコよさをご覧頂きつつ、その乗り味もぜひ体感してみて下さい

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 8

注目の2021年モデルの数々が入荷する一方で、この一年を盛り上げてくれた2020年モデル車体がクリアランス価格となっております。

今回はキャノンデールの看板ロードバイクと言えるSupersix EVOシリーズのご紹介!

 

■ SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra GDF 54

¥390,000-(税抜) → 特別キャンペーン+ポイント還元!(cash price)

Hollowgramカーボンホイールを標準装備しているという事でラインナップの中でも人気が高いアルテグラ完成車。

このゴールドフィンガーは金色なのに下卑たところのない絶妙な色合いです。

 

 

■ SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra BBQ 51

¥390,000-(税抜) → 特別キャンペーン+ポイント還元!(cash price)

SOLD OUT!

上記ゴールドフィンガーの色違い。マットブラックをベースにグロスブラックやリフレクティブを取り入れており、黒いのに表情が豊かです。

 

■ SuperSix EVO Hi-MOD Disc Frame Set 51/REP

¥460,000-(税抜) → 特別キャンペーン+ポイント還元!(cash price)

SOLD OUT!

先代のEFチームカラーフレームもスペシャルプライスに。

チームレプリカであろうとなかろうと、純粋に美しいカラーリングではないでしょうか。

トップチューブのラファのエンボスも好きな人にはたまりません。

 

気になっていた方には大変お買得に憧れの BIKE を手に入れるチャンス!

どのモデルも在庫車限りとなりますので、サイズが合う方はお見逃しなく。

ぜひ実際に車体をご覧いただき、ご検討ください!

 

関連記事

CANNONDALE 2020年モデル クリアランスセール!!

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 1

長かった梅雨も明け、ようやく夏らしい日々がやってきました。

雨続きで走りに行きにくい日々からをようやく解放されますね。

CANNONDALE YOKOHAMA BAYSIDE ではそんな皆様を応援するべく、

「CANNONDALE 2020年モデル」 をスペシャルプライスにてご案内致します。

 

 

本日はスペシャルプライスにてご提供を開始した珠玉のバイクの一部をご紹介いたします。

 

 

■ SuperSix EVO Carbon Hi-MOD DISC DURA-ACE Di2 51/BBQ

¥1,050,000-(税抜) → 特別キャンペーン!+ポイント還元!(cash price)

 

言わずと知れた2020 CANNONDALEのフラッグシップバイク。SUPERSIX EVO Hi-Modカーボン伝統の走りの軽さはそのままに、快適性、そしてエアロも手にしたCANNONDALE最高のロードバイク。

DURA ACE Di2にSiSL2クランク、KNOTフル装備で(課金の必要こそありますが)パワーメーターまで付いてくる。当然のごとく100万円を超えてくる高値の花プライスでしたが、本日よりスペシャルプライスでのご提供となります。

サイズは51。1台のみ。見逃せない1台ではないでしょうか。

 

 

■ Systemsix Carbon Ultegra Di2 54/REP

¥680,000-(税抜) → 特別キャンペーン!+ポイント還元!(cash price)

SOLD OUT!

 

世界最高のエアロダイナミクスを持つSystemsix。こちらはHi-ModカーボンではないSTDカーボンを使用しております。剛性レベルはHi-ModカーボンのSystemsixと同じにチューニングされており、重量こそ若干増しますが、かなりコストパフォーマンスの高い1台です。

見た目から想像できる通り、平坦・下りでのスピードの伸びは素晴らしく、緩斜面であればむしろ軽量ロードよりも速く走ってしまうという恐ろしいバイク。

見た目から想像しにくいですが、意外と乗り心地も良好です。

2020年のEFチームカラーは2021年モデルが発表された今なお人気が高く、かえって競争率が上がってしまう可能性もございます。グラフィックが大きく大胆に描かれるのは、面の広いエアロロードフレームの特権です。こちらも54サイズ、1台のみ。

 

 

■ CAAD13 DISC  Force eTap AXS 51/CHP

¥590,000-(税抜) → 特別キャンペーン!+ポイント還元!(cash price)

SOLD OUT!

 

アルミのロードバイクと言えばCANNONDALE CAAD13。軽量で快適性も高く、EVO同様のエアロ性能まで得た最高のアルミフレームであることは疑いようがありません。

EVOと異なるのはブレーキホースが外出しになるところでしょうか。エアロの観点からみれば完全内装の方が優秀ですが、よりレースの現場よりも日々のライドに近いところを走ることが多いであろうアルミのCAADで完全内装をしなかったのはメンテナンス性から。EVO・SYSTEMSIXにおけるハンドルの切れ角の制限もCAAD13にはありません。輪行など多くされる方にはむしろこちらの方がメリットがあるかもしれませんね。

こちらは最先端無線ワイヤレスロードコンポーネントSRAM FORCE ETAP AXSが使用されているだけでなく45mmハイトと使いやすいカーボンホイールを履いた隙の無い仕様。12速コンポーネントと合わせてどんなフィールドでもアドバンテージになってくれるはず。

フレームカラーがスパルタンな印象でないところもポイントです。

 

 

本日ご紹介したのはほんの一部。店頭ではまだまだご用意がございます。

先日発表された2021年モデル。こちらも近く入荷してまいりますのでワクワクが止まりませんが、2020年モデルからお客様のライフスタイルに適したバイクを選んでいただくのも賢いお買い物かなと思います。

ぼんやりと「自転車が欲しい」という方はぜひスタッフまでお話しお聞かせください。どんなところにどうやって走りに行きたいか、そのためにはこんな要素を持ったバイクがいいですよなんてお話しさせていただきます。

皆様のご来店お待ちしております。

 

関連記事

2020年モデルクリアランス対象車体のご紹介 その2

 

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 


2020.Jul. 26

アルミフレームとして行きつくところまで行きつき、これ以上どう進化させるのかと思われたCAAD12。それをあっさりと乗り越えてきたCAAD13の評価はこの一年で揺るぎない物となりました。本日は装いを新たにした2021年モデルのCAAD13をご紹介!

 

■CAAD13 Disc 105 ¥230,000 (税抜)

最人気モデルである105完成車のディスクブレーキモデルはチームレプリカカラーとステルスグレーの2色が新登場。特にチームレプリカの注目度は非常に高く、当店でもお問い合わせが絶えない状況です。ダウンチューブにCANNONDALEロゴが入るのはチームレプリカカラーだけなので、その意味でも印象的。これにENVEのSES2.2あたりを履かせてe-tapで組んだりしたら最高にかっこよくなりそうですね!

 

一方でステルスグレーは落ち着いた色合いで大人の風格があります。グレーだけだとちょっと地味になってしまう所ですが、差し色のグリーンが爽やかさを添えています。同系色のバーテープでコーディネートを決めたいところです。

 

■CAAD13 Disc 105 MANTIS ¥220,000 (税抜)

2020年モデルで人気の高かったマンティスカラーは今年も継続販売されます。継続であるからか、前述の2カラーよりも1万円ほどお手頃な価格設定となっています。

 

さて、2021年モデルから新登場となるグレードがこちら。

■CAAD13 Disc Ultegra ¥270,000 (税抜)

2020年度では存在しなかったディスクブレーキのアルテグラ完成車です。より上質なライディングフィールを求めるならこのグレードでしょうか。

このフレームカラーはマーキュリーといって水銀をモチーフとした銀色。2021のSupersix EVOにも同名のカラーが設定されています。写真だとただのシルバーに見えますが、実際には深みと光沢を兼ね備えた非常に物欲をそそる色に仕上がっているとのこと。入荷が楽しみです。

 

本日ご紹介したモデルは8月上旬~下旬にかけて店頭に入荷してくる予定です。もちろん今ご予約頂ければ最速の納期でお渡しできますので、ワクワクが抑えきれない方はぜひ当店にてご注文を。皆様のご来店お待ちしております。


2020.Jul. 23

2021年モデル、とうとう発表されました。

すでに非常に問い合わせも多く、オフィシャルのラインナップを穴が空くほどチェックしてらっしゃる方も多いかと思いまして、今日はオールラウンダー、SuperSix EVOの中でもフラッグシップとなるHi-Modフレーム完成車の注目ポイントをご紹介させていただきます。

 

2021 SuperSix EVO Hi-MOD Disc Red eTap AXS ¥1,050,000-(税抜)

 

今期ハイエンドとなるSRAM Red eTap AXSのアッセンブルされたSuperSix EVO。

軽量・高剛性・ケーブルフル内装と死角のないHi-Modカーボンを用いたフレームに、最先端の12SPEED無線ワイヤレスコンポーネントが装備されています。

最大のエアロダイナミクスを提供するKNOTカーボンホイールは45mmハイトを使用。

何よりも他社とは一線を画す、このLavender(ラベンダー)カラーが秀逸です。

ペイントの流麗さがエアロダイナミクスの高さも感じさせてくれる上品かつ美しいカラーリング。昨年より大幅に変更になったトップチューブのシンプルなデカールもペイントに似合っています。

 

2021 SuperSix EVO Hi-MOD Disc Ultegra Di2 ¥795,000-(税抜)

 

2020年も非常に人気の高かったUltegra Di2完成車。パーツ構成は20年モデルとほとんど同じ、、かと思いきやP2M製パワーメーターではなくキャノンデールらしいOPI SPIDER RING 52/36に、ブレーキローターもUltegraグレードになっています。

パワーメーターを必要としない、あるいはP2M以外のものを使いたい、という方にはむしろ都合のいい変更ではないでしょうか、軽量ですし。

ペイントは艶無しのブラックにEVOシリーズ共通のラインが入るシンプルなもの。今期も人気の高そうなカラーリングです。

 

2021 SuperSix EVO Hi-MOD Disc Ultegra

Candy Red ¥550,000-(税抜)

Team Replica ¥560,000-(税抜)

コンポーネントに機械式のUltegraを採用したことで、最高級Hi-Modフレームでありながら価格を抑えた要注目グレード。初めてのカーボンディスク完成車としても、後々のパーツアップグレードを計画する方にも非常にオススメです。

というのは性能面の話。キャンディレッドにチームレプリカという衝撃的にカッコイイペイント&フレームグラフィックにやられてください。

シルバーの上からクリアレッドを吹くことで奥行きのある表情を見せるキャンディレッド。「赤」というとレーシーなイメージが付きまといますがキャンディレッドはそこに留まりません。カスタムペイントの世界ではかなり昔から人気のカラーですがロードバイクでは珍しいのではないでしょうか。ものすごい手間のかかるペイントで、日に当たればキラキラと輝き深みも感じられる、オシャレの一言ではすまないGOODカラーです。

そして何と言ってもEFチームレプリカカラー。今期すでにレースでも使用されておりプロトンでもひと際目を惹くカラーリング。ちなみにトップチューブにRaphaロゴの入るチームレプリカの方が¥10,000-高くなりますが、詳しくは割愛しますが、キャノンデール頑張ってますので応援してください。

「cannondale」とダウンチューブに描かれるのもこのチームレプリカだけ。正直まだまだ「昔のロゴが良かった」「ダウンチューブにロゴがないのが、、、」というご意見をいただきます。このバイクなら誇らしくcannondaleのバイクということを主張していただけます。

 

完成車の状態で完成しているeTap、Di2のモデル。あえてカスタマイズする余地を残した機械式Ultegraのモデル。どのバイクも秀逸なペイントに身を包んでいるのが印象的な2021 SuperSix EVOとなります。

2020年ベストバイクに多く選ばれてきたSuperSix EVO。その勢いは2021も止まりそうにありません。

 

~緊急事態宣言解除後の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jul. 18

軽快な走行感と、キングピンがもたらすシルキーな乗り心地、オフロードでのトラクション性能。デビューイヤーにしてグラベルバイクとして揺るぎない評価を得たTopstone Carbon。Leftyを装備したモデルも新たに発売され、その勢いはとどまるところを知りません。今後もこのバイクからは目が離せませんね!

 

そんなTopstone Carbonですが、夏休み目前ということもあってかお問い合わせを頂く事が増えています。もっとも人気なのはやはりお手頃な105完成車ですが、実はほとんどのモデルがメーカー完売となってしまっているのが歯がゆい所。現在当店では105完成車については下記のサイズがご用意可能です。

クイックサンド・・・S、L

ブラックパール・・・XS

 

また、ULTEGRA RX2完成車についてはXS、S、Mの各サイズがメーカーよりお取り寄せ可能です。このグレードのフレームカラーはアガベというカラーのみになりますが、落ち着いたとても綺麗な色ですよ。ちなみにこのアガベというのはリュウゼツランから取ったネーミング。テキーラ好きの方には一層おすすめのカラーです。

 

最近ではレジェンドグラベルライダーのテッド・キングが480キロを22時間で走るというチャレンジを成し遂げて話題になりました。このライドの相棒に選ばれたのはTopstone Carbon Lefty。オンロードとグラベル両方を高いレベルで走れるというのが決め手だったようです。

 

我々の所でもエンデュランスロード+αなバイクが欲しいということでTopstone Carbonを選ばれる方は多いです。グラベルバイクのタフさに加えて、路面状況に囚われず走りたい場所を走れるというのは本当に魅力的。ピュアなレーシングロードほどではないにせよ舗装路の上でもそこまで重くないので、スポーツバイクビギナーの方にも良いチョイスだと思います。

 

TOPSTONE CARBON 試乗車あります!

試乗車もご用意しています。是非Topstone Carbonの走りを体感してみてください。

Topstone Carbon 105・・・¥275,000-(税抜)

Topstone Carbon Ultegra RX2・・・¥315,000-(税抜)

 

~緊急事態宣言解除後の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jul. 11

発表以来問い合わせが絶えないSynapse NEO。当店でも予約を受け付け中です。

 

■Synapse NEO ¥390,000-(税抜)

入荷予定・・・8月下旬頃

待望のロードバイクタイプのe-bikeであるSynapse NEO。Quick NEOと同様にBoschのActive line plusユニットと大容量のPowerTube 500Whバッテリーを搭載し、パワフルなアシスト感ながら最長166キロ(理論値)の走行が可能。

 

Synapseの名を冠するだけあり、Saveマイクロサスペンションシステムなど乗り心地を向上させるテクノロジーが随所に用いられています。ワンデーのロングライドはもちろん、自転車旅行などにも最適のe-bikeです。

 

 

テクノロジー的なトピックはe-bikeとしては非常に珍しいフロントダブル仕様となっていること。チェーンラインが外側にオフセットするキャノンデール独自のAiオフセット構造を採用することでこれが実現しました。

フロントダブルとなることで使用可能なギアが増え、場面ごとに最適なギアで走りやすくなり体力やバッテリーの節約につながります。

 

 

アウトフロントジオメトリによるハンドリング、ショートなチェーンステーによるキビキビ感など、ロードバイクとしての走りにも手抜かりはありません。アシストが効かない速度域でもかったるさを感じにくいという事です。

 

先に販売されているQuick NEOが非常に好評なだけに、Synapse NEOも大いに期待大。皆様のご予約をお待ちしております!