BIKE


【ライドインプレッション】新型シナプスに乗った素直な感想

2022.Feb. 13

スマートセンスなどでデビューから話題を呼んでいる新型シナプス。

実際のところロードバイクとしてどうなんだろうと気になっている方も多いはず。

先日用意していた試乗車に乗ってみたので、その時の率直な感想を書いていきたいと思います。

 

試乗車のグレードはSynapse Carbon 2 RLEの日本未発売カラー。

新型アルテグラDi2にアルミホイールというパッケージングです。タイヤは30cが装着されています。

 

ルックスは先代に比べ若干スローピングが強くなったような印象。トレンドのドロップシートステーも採用されました。先代シナプスはフレームに横につぶした偏平チューブを多用していましたが、新型はそのような造形はあまり感じません。

エアロシェイプデザインがフレーム・フォークに採用されているようでエアロ・走りの性能も考えられています。

 

実際に乗ってみるまで正直舐めていたのですが、いざ乗ってみると30cのタイヤや、エンデュランスモデルという自分の中の先入観は一気に崩れました。

走り出してすぐにわかるほど乗り心地・走り心地共にとても滑らか。

粗いタイルのような路面でも、角が取れたというよりも大きい振動以外消えた感じです。

スーパーシックスエボやトップストーンカーボンでも用いられている、シートステーがシートチューブを押してしならせるという構造のおかげでしょうか。

フレームはもちろんですが、30cのタイヤも大きく働いてるのかなと思います。

私は普段25cを履いたロードバイクに乗っているのですが、快適性はその数段上のように感じました。

今まで重量が重くなるということで太いタイヤに抵抗があったのですが、乗ってみると自分が思っていたような悪さはありませんでした。

 

それでいてシッティングで淡々と回している時もペダリングは軽く、かったるさのようなものはありません。

ダンシングでのバイクの振りもシャキッとしており、フレームそのものの作りの良さを感じました。

快適なだけでなく、とても気持ちよく走る。これは非常に大切なことだと思います。

 

SuperSix EVOと比較すると、快適性や安定感はやはりシナプスの方が高くしっとりとした乗り味です。

コーナリングの鋭さやトルクを掛けて踏み込んだ時のかかりの良さや加速感はEVOに一歩譲るので、ご自身のスタイルと照らし合わせて選ぶといいでしょう。

 

今回シナプスを乗ってみてわかったのは、スマートセンスのようなハイテク装備以前に、ロードバイクとして良いバイクということ。

もちろんスマートセンスは画期的で素晴らしいシステムですが、やはり大事なのはそのバイクの素性だと思います。

新型シナプスご検討中の方はぜひキャノンデール横浜ベイサイドまでお越しください。スタッフが熱く語らせていただきます。

 

さっそく店頭に在庫ございますのでお気軽にお問い合わせください。

【在庫車情報】ロードバイク

 

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます



SHOP INFORMATION

所在地
横浜市神奈川区栄町10-35 ザ・ヨコハマタワーズ サウスコート101-1
電話番号
045-451-1211
メールアドレス
キャノンデール横浜ベイサイド店メールアドレスはこちら
営業時間
11:00~20:00
定休日
木曜日(祝日の場合は水曜日振替定休)
当面の間、第1・3水曜日は休業とさせて頂いております
電車
JR横浜駅北東口徒歩 10分
お車
ポートサイド地下駐車場[東出口 ]より徒歩2分!

※お車でお越しのお客様は、ポートサイド地下駐車場をご利用ください。

お買い上げ3000以上で1時間分の駐車場ご利用チケットをサービスいたします。

ご来店の際は必ず、駐車券をお持ちください。

キャノンデール横浜ベイサイドFACEBOOK

キャノンデール横浜ベイサイド スタッフ募集のお知らせ