パーツとアクセサリー

PARTS & ACCESSORY


2018.Dec. 2

車体のパーツをアップグレードしませんか?cannondale最上位グレードのステム・ハンドル・シートポストをご紹介します。

ステム・ハンドル・シートポスト共に車体の上部に位置するパーツであるため、軽量化の恩恵が大きいパーツ類です。重心が下がり、ダンシングの際にバイクの振りが軽くなります。完成車の純正パーツから上記3点全て変えると、体感できるほどダンシングが楽になるはずです。

 

 

◆ C1 ウルトラライトステム

¥7,500-(税別)

一般的な100ミリ、7度の物で計測しました。実測120グラムです。

ちなみにガーミンマウントが付属します。前面のクランプとハンドルの間に挟むようにして装着します。よりスマートにガーミンを使用でき、角度調整も可能です。

 

◆ C1 ウルトラライトハンドルバー

¥13,000-(税別)

こちらも標準的な芯~芯400ミリの物で、実測228グラムとなりました。

バーエンドの断面を見ると明らかにパイプが薄いのがわかります。肉厚を削って軽量に仕上がっていますが、たわみは少なく剛性感も高いです。

 

◆ SAVE CARBON ROAD シートポスト

¥18,000-(税別)

長さはラインナップ上短めの300ミリのもので185グラムでした。ホリゾンタルフレームの多いキャノンデールのバイクの場合、300ミリで長さが足りないことは比較的少ないです。径は25.4ミリですのでSuperSix、CAAD12、Synapse、SuperX等でお使いいただけます。

ただ、このポストは軽さもそうですが乗り心地の良さが突出しており、アルミフレームのバイクに装着するとカーボンバイクに乗っているような感覚になります。CAAD12にお乗りの方におすすめです。

Di2の内臓バッテリーにも対応しておりますので、Di2のバイクの方にも、これからDi2化をお考えの方にもオススメです。

今回ご紹介しましたパーツは完成車のパーツアップグレードの第一歩としてとてもおすすめです。社外のパーツに変えずにcannondaleの質の良いパーツに変更するのはなかなか渋くて良い選択ですよ。

交換の作業も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 


2018.Oct. 27

ライトを自転車から外し、USBケーブルに接続し、充電する。完了したらUSBケーブルを抜き、車体に装着し、ボタンを押して点灯させ、夜の道を走る。なんてことない動作ですが、fabricはその一つひとつに彩を加えます。今まで気に留めていなかったことがくっきりと目に映り始めるきっかけになるかもしれません。

そんなfabricのスタイリッシュで機能的な製品2つをご紹介します。

◆ FL300

¥7,500-(税別)

300ルーメンのライトなのですが、ただのライトではございません。

一本で全てまかなえます。

前照、ホワイト5灯、レッド5灯の切り替えは後部スイッチにて切り替えます。

また、他のライト同様点灯のパターンを変更できるのですが、

後部のつまみを“ひねって”切り替えることが可能です。乗車中にボタンを幾度となく押して切り替える必要が無くなります。

車体に固定するためのブラケットとUSBケーブルが付属します。ブラケット、ケーブル共にクオリティの高い仕上がりになっております。特にケーブルは高級感が漂います。

せっかくかっこいい自転車に乗っていてもライトがぼてっとしていては台無しです。手を抜きがちな付属品も高品質で、fabricの強いこだわりを感じます。デザイン面でも機能面でも非常に優れたfabricのライトはお勧めです。

◆ 13 FANCTION RATCHET MULTI-TOOL

¥6,500-(税別)

もう一つご紹介するのはこちらのコンパクトなマルチツールです。ポリッシュの輝くボディーが目を引きます。

両端に六角やプラス、マイナスのドライバー等のついた長めのビットが6本入っており、ボディーの上部に刺して使用します。取付部はラチェットになっており、コンパクトながら効率の良い作業が可能です。携帯工具としては珍しく8㎜の六角まで備えております。

スポーツバイクの主要なサイズのボルト類を調整できるツールが、ここまで美しくまとまっているのはfabricだけです。出先でサドルの高さが低いと感じた時、またはハンドルの角度が気になる時、RATCHET MULTI-TOOLを取り出しスマートに調整してみてください。十分まわりに自慢できるツールです。

 


2018.Oct. 16

 

フロント用30ルーメンのスマートなライト。

使用者の多いGARMINのマウントを使いマウントとGARMIN本体でサンドイッチ。

270°、横からも見ることが出来る視認性の高さがポイントです。

正直30ルーメンですと照らすほどの明るさはありませんが、多方向から見えるのでデイライトとして使うのもいいのではないでしょうか。デイライト、つけるようにして広めていきたいですね。

MICRO USBにて充電のスタンダードなタイプ。

メインに明るいライトを据えて、サブとして点滅させてあげるのもいいかもしれません。

お値段は¥3,500-(税抜)とリーズナブル。

ライドのお供にぜひ連れて行ってあげてください。

A truly smart light.

Stay safe and super visible on the streets with the easily-integrated Lumaray light. Powered by Chip-On-Board (COB) technology, the extremely bright, wrap-around LEDs provide 270° visibility, lighting up your more dangerous blind spots. The slim design fits seamlessly between your Garmin and its mount, cutting out the clutter and keeping your ride as streamlined as possible.Full details are available online: https://fabric.cc/products/lights/lumaray-30-lumen-front-light/

Fabricさんの投稿 2018年1月30日火曜日


2018.Sep. 7

CANNONDALE のバイクには他社製のパーツをカスタムで取り付けにくい箇所が一か所ございまして、

25.4mm径のシートポストです。

もちろん探せばいくつか出てきますが、国内に在庫がなく取り寄せに長く時間がかかったり、やはり圧倒的に選択肢が少ないといったことがございます。

そこで発売以来ご好評いただき続けているシートポストがございます。

CANNONDALE  Save Carbon Seat Postです。

2019年モデルにおいては、Synapse Carbonの上位機種だけが完成車の状態でインストールされています。SYNAPSE全機種・SUPERSIXEVO・CAAD12と25.4mmの径のシートポストが採用されているバイク全てお使いいただけます。

どのように好評かと言いますと、バイクの性格が変わるほど乗り心地がよくなります。

SYSTEMSIXに代表されるエアロ=空力を重視したパーツではなく、「快適性」を高めるためのパーツです。

カーボンのシートポストは乗り心地が良くなる、なんてことを聞いたことがあるかもしれません。ただ、このSave Seat Postはそれだけではなく、くびれている部分で前後方向にしなる作りになっています。前後にしなることで路面からの微振動・突き上げをライダーに届く前にカットする。お尻にあったサドルを使うことも大事ですが、そもそも振動をサドルまで届けない、またシートポストはバイクの高い部分に位置するのでカーボン化による軽量化の効果は実感しやすいと思います。

私が初めてSave Carbon Seat Postを使ったのがCAAD12に取り付けられている試乗車でした。アルミフレームのバイクとは思えない快適性の高さにSUPERSIX EVOだと信じ込んでライド。試乗後にCAAD12と知って衝撃を覚えたのが印象的です。

CANNONDALE のバイクはどれも総じて乗り心地がいいですが、これからインストールを考えている方にはさらなる極上の乗り味が。

「CANNONDALE のバイクにはCANNONDALE のパーツを」というつもりはありませんが、「CANNONDALE のバイクだからこそ取り付けられるパーツ」という風に考えていただけばむしろ使いたくなってきますよね。

Di2バッテリーを仕込める台座も完備しているのでこれからアップグレードをお考えの方にもオススメです。

Cannondale Save Carbon Seat Post ¥18,000-(税抜)


2018.Sep. 4

2019 CANNONDALEからリリースされるC1 ULTRALIGHT STEM。

お客様からキャノンデールのステムは売っていないのかとご質問いただくことが非常に多かったのですが、かつてはご期待に沿えない状況でした。また、C1ステムは非常に軽量なため、パーツをアップグレードしようとして他社製品と重量を比べるとC1ステムの方が軽い、なんてことがよくありました。

キャノンデールのハイエンドモデルにアッセンブルされる超軽量ステム。角度は7度、長さは90・100・110mmをラインナップ。

完成車の状態から形を変えずに、よりよいポジションに調整しお乗り頂く事ができるようになります。

ちなみに当店では3Dモーションキャプチャーを使ったフィッティングもおこなっております。より快適なポジションを検討中の方、より高いパフォーマンスを求める方、まずはスタッフまでお気軽にご相談ください。

フィッティングの話は語りだすと止まらないので話をステムに戻します。

上の写真でステムからそっと生えていたのはGARMINマウント。C1 ULTRALIGHT STEM専用でお使いいただけます。

昨今多くなってきたエアロハンドルバーなど、ハンドルでクランプするタイプのメーターマウントを取り付けづらいハンドルの方にはうれしい仕様。ブルべやバイクパッキングのような遊びをする方でハンドル周辺がとんでもないことになっている方にもオススメです。

GARMIN取り付け部裏には着脱可能なDi2のジャンクションA、SM-EW90が取り付けられる台座が。

こうして細かいところに気が利いているのもいいですね。

さて、C1 ULTRALIGHT STEM。実はお値段も魅力的、各サイズ¥7,500-(税抜)です。

慣れてきたらステムを伸ばそうと思っていたあの日。の事を忘れてしまっていたアナタ。この機会にポジションを見直してみませんか?


2018.Aug. 2

ライドに欠かせないアパレルやアクセサリー類!

この熱い夏にオススメのアイテムをいくつかご紹介いたします。

 

 

CFRジャージ ¥8,000-(税抜) & CFRビブショーツ¥12,000-(税抜)

キャノンデールファクトリーレーシング(CFR!)のオフィシャルレプリカジャージ。

軽量快適な素材で湿気を的確に排出、伸縮性もあるので快適にライドが楽しめます

汗冷えをしないため速乾性のあるジャージは必須です!

続いてはボトル&ボトルケージ

 

ロゴフェード インシュレーテッド21oz ¥1,700-(税抜)

保冷ではないボトルに氷を入れて対応する事もありますが

こちらは保冷ボトルです!通常のボトルよりも2倍長く保冷

そしてこちらも氷を入れたり、冷凍しても使用可能です!

 

スピードC 各色¥1,500-(税抜)

丈夫なナイロン素材で多くのバイクにマッチするようカラー展開は7色!

ボトル収納に十分な剛性があり、出し入れしやすいです

 

カーボンスピードC¥5,500-(税抜)

マットブラックがとてもカッコイイ28gの軽量ケージ。

重量にこだわる方にはこちらがオススメ!ナイロン製と~gしか変わらないなんて言っていては最軽量バイクは目指せませんよ!

カーボンフレームだけでなくアルミフレームにも似合います。

 

まだまだ猛暑が続く予報が出ています

走る際はこまめな休憩・水分補給をお忘れなく、夏のライドを楽しみましょう!