パーツとアクセサリー

PARTS & ACCESSORY


2023.Feb. 3

キャノンデール乗りには定番のカスタムアイテム、OPIスパイダーリングSL。

ずっと欠品していたのですが、最近ようやく再入荷したので改めてご紹介します。

 

OPI SPIDERING SL ¥24,200 (税込)

2月7日追記:完売しました

 

このチェーンリングの最大の特徴は、三次元鍛造によるワンピース構造。さらにマシニング加工により徹底的に肉抜きされていて、超軽量に仕上がっています。

ちなみにOPIはONE PIECE INTEGRATIONの略です。

 

 

 

上の画像がOPI SPIDERING SL、下がCAAD12やCAAD13(初期モデル)等の純正のスパイダーとチェーンリングです。

計ってみてビックリ。なんとざっくり半分も軽くなっています!手に持った時から軽いなぁとは思いましたが、ここまでとは想像してませんでした。

 

パーツひとつで140gも軽くなるのはかなり魅力的ではないでしょうか。

純正のものよりも変速性能も向上します。

 

また、歯数を変更できるというのもチェーンリングを交換するメリット。

純正チェーンリングは52/36が付いているのですが、アウタートップで回しきることがないという方や登りが苦手な方には50-34に変更して頂くといいかもしれません。

もちろん踏み味を変えたくないなら歯数を変えなくても問題なしです。

ライディングスタイルにあったギア比もお気軽にスタッフにお尋ねください。

 

チェーンリングビフォーアフター。

クランクは自転車の顔ともいわれる部品だけに、これだけで雰囲気が激変。

実用性だけでなく、ドレスアップパーツとしても最高です。

 

ちなみに今回入荷してきた50/34は今のところ再入荷の予定がありません。

もしかしたらこれで終売になるかもしれませんので、50/34で登りをラクにしたい方は在庫があるうちにどうぞ。

 

~当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2023.Jan. 16

CAADやEVOのクランクをキャノンデール純正からシマノ製品に変えたい。

そうした場合に取りうる手段はいくつかありますが、一番いいのはBBを丸ごとコンバージョンBBに変えてしまうことです。

その手の商品は各社から出ていて当店でも複数の選択肢を用意していますが、最近選ばれることが多いのがWISHBONEです。

 

 

BBに困ったらWISHBONE。

よく名前を聞くけど何がそんなに良いんでしょうか。

 

WISHBONEの素晴らしい所は何といってもその膨大なラインナップ。

自力でクランクを変えた経験がある方ならわかると思いますが、多岐に渡るBB規格と多岐に渡るクランク規格、その二つを望む形で組み合わせることは意外と大変です。

WISHBONEならよほどマイナーな組み合わせでなければ概ねラインナップ内の商品で対応できます。

 

ボトムブラケットとして見た時に特徴的なのは左右締結型構造であるということ。

強固に締結されることで異音予防の効果が期待できます。

左右がつながっていることで左右のベアリングの芯精度にも信頼が置けます。

 

もっとも左右締結型のコンバージョンBBというのは多くのメーカーから出ていてさほど珍しいものではありません。

しかしその中でもWISHBONEは左右の噛み合わせの精度がずば抜けて高いと感じます。

ねじ山が精密で嵌めあい量に十分な余裕があるからか、手で締めた時やトルクをかけていったときの感触が明らかに違います。

上記の特長もこの精度があってこそです。

 

ベアリングにはG5等級のセラミックボールを使用しており、回転は滑らか。

究極の回転を目指す方にはさらに上の選択肢がありますが、性能と価格のバランスを考えるとWISHBONEはなかなか優秀です。

 

現行車種でよく使うBB30aとPF30aのシマノクランク用BBはなるべく在庫を持つようにしています。

お値段はいずれも19,800円(税込)。

もちろん12速にも対応していますので、お持ちのバイクをDi2化したいなんて時にはWISHBONEの出番です。

 

~当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2022.Dec. 29

キャノンデールユーザーの皆様、愛車のメンテナンスは行き届いておりますでしょうか?これからの季節、気温も下がり外を走るのが少し億劫・・・なんて方に今こそ車体のオーバーホールをおすすめします。

車体をリフレッシュさせたい! 納車時のようなバチッとしたブレーキタッチにしたい!サクサク決まる変速を味わいたいなど、細かな所まで清掃・点検・調整いたします。

キャノンデールのバイク特有の作業、よくあるメンテナンス事例とあわせてご紹介させていただきます。

 

・SIクランクスピンドルの摩耗。

セルフメンテナンスでは中々チェックしづらいBBまわり、外から見るときれいでも開けてビックリということは多々あります。

軸を受ける部分が汚れて異物混入していたり力が加わりベアリング内側とスピンドルが接触することを繰り返し傷が付き、この傷が原因で音が鳴ることがあります。ちなみにこのパターンが最も多い原因です。消耗品だと考えていただき傷がついているものは交換しましょう。

 

 

・シフトワイヤーほつれ、切れ

ロングライドを楽しまれている方やヒルクライマーにも多いこちらの症状。やはり変速回数が多くなるにつれて消耗が早くなる傾向があります。

ワイヤーが切れる前兆としてはトップ側に入りづらい、変速がもたつく等があります。

そんなに距離は走らないよっという方でも年に一回の交換をオススメしています。

人里離れた山の中でワイヤーが千切れる事を想像するとゾッとしますね。

 

走行距離や環境にもよりますが、1年に一度オーバーホールをおすすめしております。特に雨天での走行が多い方はお早めの施工をご検討ください。外見に問題が無くとも思ったより傷んでいます。

状態が悪いままそのままにしておくと他の箇所も悪くなる場合がございます。

調子が悪くなってから作業するよりも早め早めのメンテナンス【予防整備】がお勧めです。

 

キャノンデール横浜ベイサイドでは随時車種を問わずオーバーホールを受け付けしております。他店で購入されたバイクでも大丈夫です。

オーバーホール後の車体のカチッとしたフィーリングは、新車に乗り換えた時の感覚を思い出させてくれ、気持ちよくライドを楽しめるようになりますよ。

 

〈作業内容説明〉

・車体お預かり前に車両の確認をおこない、作業手順、交換パーツの提案/見積もりをさせて頂きます。

・オーバーホール時にパーツアップグレードをされる場合、取付工賃は発生しないのでお得です。

・フルオーバーホールでは、お預かりした車体の部品類を全て取り外し、点検、分解、洗浄をおこないます。

・ワイヤー・バーテープは基本的には新品を使い組み付けをおこないます。

納期は大体ですが2週間程となります。

そしてROADだけではございません。MTBもバッチリお任せ下さい!!

MTBの場合はフルサスのピボット部や、前後サスペンションのメンテナンス分が上記基本工賃にプラスとなりますのでご注意ください。

もちろんご愛用のLEFTYフォークも!

車体のメンテナンスと平行してCANNONDALE JAPANにてオーバーホールを実施。

※年式、モデルによってはサービスが終了したモデルもありますのでご了承ください。

 

交換するパーツ、アップグレードするパーツ、お見積もり等ご相談承ります。

まずはスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

11月1日より定休日ならびに営業時間を変更いたします。

毎週水曜日と木曜日が定休日(祝日の場合は営業)となり、営業時間が全日12時~19時に変更となります。

お客様におかれましてはご不便をおかけ致しますが、引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


2022.Dec. 25

2023年度のアクセサリーが徐々に入荷し始めています。

その中には今までに例のないユニーク商品もちらほら。

本日ご紹介するストラップラックもその一つです。

 

■Cannondale StrapRack ¥2,750-(税込)

これが何かというと、ゴムバンドを併用して様々なアクセサリーをマウントしちゃおうというラックです。

数年前からMTBやグラベル界隈ではストラップを使ってフレームに予備チューブなどを巻き付けるのが流行っていますが、フレーム直巻きだとなんだかんだでズレてきたり外れてしまったりすることがあります。

だったらフレームにシンプルなラックを付けてみたら便利なのでは?という感じで作られたアイテム。

 

グラベルやMTBのカルチャー的にはやっぱり予備チューブを括り付ける事が多いですが、コンパクトな輪行袋やウインドブレーカーなど、サイクリングに持っていきたいアイテムは色々あります。

そういった「あると便利だけどポケットやバッグに入れるには少しかさばるアイテム」の積載スペースとして活躍しそうです。

使用者の発想次第で無限の可能性を秘めたアイテムだと思います。

 

ちなみにこちらのストラップラックは先日紹介した新型Topstone Carbonには標準で付いてきます。

Topstone Carbonではスマートセンスの台座を利用する形でフレームに埋め込まれていますが、ボルト穴の間隔はボトルケージ台座と同じなのでどんなバイクでも取り付けは可能です。

ダウンチューブ裏やフォークサイドにアイレットがあるならそれらの場所に取り付けるのも面白いんじゃないでしょうか。

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

11月1日より定休日ならびに営業時間を変更いたします。

毎週水曜日と木曜日が定休日(祝日の場合は営業)となり、営業時間が全日12時~19時に変更となります。

お客様におかれましてはご不便をおかけ致しますが、引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


2022.Dec. 18

先日キャノンデールが電撃的に発表した新作カーボンホイール。

その価格設定が衝撃的すぎて、思わず二度見してしまったのは自分だけではないはず。

注目度抜群のHollowgram R45ホイールセットが早速店頭に入荷して参りました。

 

◆Hollowgram R45 ホイールセット ¥120,000-(税込)

R45というとクリスキングの同名のハブを連想しちゃいますね。

あちらの45はラチェットのノッチ数ですが、こちらは45mmハイトであることを表しています。

念のため書いておきますが前後セット、かつ税込価格です。

 

単にリーズナブルというだけでなく、リムのスペックが非常に現代的である点にも注目です。

具体的にはチューブレスレディ対応であることと、リム内幅が昨今スタンダードとなっている21mmであること。

乗り心地とスピードを両立させるなら、内幅21mmのリムと28cチューブレスタイヤの組み合わせは現状の最適解です。

CAAD13やEVOとも相性抜群です。

 

もちろんもっと太いタイヤを履かせることもできるので、SynapseやTopstone Carbonなどに合わせても楽しめます。

最大外幅は32mmなので太いタイヤを合わせても外観的な違和感が少ないです。

 

さすがにエアロスポークではありませんが、ダブルバテッドのストレートプルを採用していて結構攻めています。

触った感じではテンションもしっかり張ってあって、カッチリした乗り味を楽しめそうです。

 

前輪はスポークパターンは21本の2to1組みになっています。

フリーボディの展開はシマノ11速のみ。

 

個人的にはデザインも悪くないと思います。

シンプルですが安っぽくはなく、どんなバイクに合わせても映えるのではないでしょうか。

外幅も広いのでバイクの迫力は確実にアップします。

 

公称重量は前後で1730g。

当店に入荷した個体もおおよそそれくらいの重量でした。

決して軽量とは言えませんが、完成車ホイールよりは確実に軽いのも確かです。

 

というかこの価格でハイエンドホイールと同じような重量だったら逆に不安になっちゃいます。

これはむしろ「安心して乗れる」という加点材料と捉えてもいいのでは。

 

いずれにせよ価格改定が相次ぐ昨今、税込12万円というプライスはインパクト抜群です。

またドレスアップ目的だけでなく、パフォーマンス面でも確かな魅力を持ったホイールであることも間違いありません。

 

現在キャノンデールにお乗りの方にとっても、それ以外のブランドのバイクにお乗りの方にとっても、初めてのカーボンホイールとして今後有力な候補になるのではないでしょうか。

ディープリムが欲しいけど予算的に無理だったという方はぜひ検討してみてください。

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

11月1日より定休日ならびに営業時間を変更いたします。

毎週水曜日と木曜日が定休日(祝日の場合は営業)となり、営業時間が全日12時~19時に変更となります。

お客様におかれましてはご不便をおかけ致しますが、引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


2022.Sep. 28

最近お問合せをいただくことが多いレバー付きスルーアクスルが入荷しましたのでご紹介いたします。

 

■フロント:K83019 ¥8,250-(税込)

■リア:K83029 ¥8,250-(税込)

完成車に付属するスルーアクスルはレバー無しのものが大半。

これらは見た目がすっきりしていてエアロ効果も高いですが、脱着にはアーレンキーが必要です。

対してこちらのアクスルは本体にレバーが付いていて、工具無しでのホイール交換が可能となります。

 

本製品はスピードリリース用となっていますのでご注意ください。

対応車種はCAAD13、SuperSixEVO、SystemSix、Topstone Carbon等です。

 

スピードリリース系のスルーアクスルのネジ山はダブルリードというちょっと特殊な規格になっています。

下記記事で詳しくご紹介しておりますのでこちらもぜひご覧ください。

 

ダブルリードのスルーアクスルについて

 

このアクスル、メーカー在庫が欠品していることが多くなかなか入荷しません。

輪行の機会が多い方や、パンク修理のために工具を持ち歩きたくない方は是非導入を検討して見て下さい。

 

~当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。


2022.Sep. 24

先日発表されたばかりの105 Di2。

さっそくSupersix EVOに組付けさせていただいたのでご紹介します。

今回は機械式の105完成車ご購入と同時の作業です。

 

まずは全体像。

EVOはブレーキホースは元々内装ですが、シフトケーブル2本が無くなるとバイクがシュッとして見えます。

話は逸れますがレインボートラウトは何度見ても綺麗な色ですね。

 

ハンドル周りは超スッキリ。

見た目だけでなく、シフトケーブルが無くなったことによりハンドルの動きも軽くなります。

 

機械式のものと比べかなり小型になるSTIレバーはDi2の大きなメリット。

握りやすくスイッチ操作で変速できるレバーは本当に快適でらくちん。

手が小さい方や握力のない方でも安心です。

 

また、シフトケーブルが無くなった+レバーの重量が軽くなるので、ダンシングでのバイクの振りはかなり軽くなります。

 

クランクも新デザインになりカッコよくなりましたね。

 

純正ギア比だと52-36/11-30だったのに対して、50-34/11-34のギア比になりました。

コンパクトなギア比になり長い登坂でも楽に走れるようになります。

リアディレイラーのキャパシティは36Tまでなので更に軽くすることも可能です。

 

シマノクランクインストールにあたってBBはWishboneに交換しました。

PF30a規格では数少ない左右締結型BBなので、異音トラブルを予防したいならコレがおすすめです。

 

105のブレーキキャリパーも新型になりデュラエース・アルテグラ同様にパッドクリアランスが広がりました。

今まではダンシングなどでローターが擦ってしまうこともありましたが、新型ではほとんど起こりません。

Di2へアップグレードしたEVOで是非たくさんライドを楽しんで頂きたいですね!

この度はありがとうございました。

 

キャノンデール横浜ベイサイドでは店頭在庫として105Di2をご用意可能です!

コンポーネントの載せ替え等お気軽にお問い合わせください。

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。


2022.Sep. 9

最近Topstone Neoのカスタム依頼を頂く事が増えてきました。

希望されるカスタム内容はお客様によって様々で、ebikeにはライダーのカスタム意欲をくすぐる何かがあるのかもしれません。

 

それはともかく、今回の作業内容はコンポーネントのDi2化です。

割とハードな部類のチューンだからなのか作業事例は少ないようですが、換装が可能であるというのは以前から聞いていました。

 

コロナの影響でなかなかパーツが揃わなくて大変でしたが、ようやく部品が到着したので組付けていきます。

 

もともとが11速のGRXがベースなので、コンポーネントはGRX Di2をチョイス。

同じGRXシリーズなので多くのパーツが流用できます。

 

そんなわけでクランク、カセット、チェーン、ブレーキキャリパーは新調せず、元々の部品をそのまま使います。

なおebikeのギア比は下手にいじらない方がベター。

実はBoschユニットのパワーカーブは搭載される車種のデフォルトギア比に最適化されています。

この設定は後から変えることができないので、ギア比を変えた結果ユニット本来の性能を発揮できなくなるなんてこともあり得ます。

 

ジャンクションAはあえて外装のSM-EW-90としました。

Di2化のついでにハンドルを交換する場合は内装式のジャンクションAにするのも良いと思います。

 

ジャンクションBが収まるスペースがあるのか、バッテリー⇔ジャンクションB間のエレクトリックワイヤーはキングピン部分を通るのか。

この辺が不安なところでしたが、やってみると意外と大丈夫でした。

 

もちろん作業の際はモーターを外す必要があります。

今回の作業でもこの点がもっとも時間的コストを要するところでした。

 

ハンドル周りはこんな感じになりました。

(真ん中についているのはお客様がお使いのリクセンカウルのアタッチメントです)

 

シフトケーブルが1本なくなっただけとはいえ、以前よりも見た目はかなりスッキリしたように感じます。

ワイヤレスユニットはダウンチューブ上部に内装しました。

 

今回のカスタムで要した費用は合計税込19万5千円ほどでした。

Di2化に必要な費用としては比較的リーズナブルと言えるのではないでしょうか。

なお現在GRX Di2をご注文いただいた場合、パーツが揃うのは10月~1月となります。

 

店頭にはTopstone Neo Carbon Lefty バイオライム/Mサイズの在庫もございます。(税込¥682,000)

Topstone Neo Carbonは正真正銘これが最後の一台です。

来年度の入荷予定は今のところ全くの未定ですし、日々酷くなっていく為替レートを見ていると来年度の価格がどうなるかは想像もつきません。

購入を考えている方はぜひお早めにご検討ください。

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。


2022.Sep. 5

キャノンデールバイクに限る話ではないですが、定期的なクランク周りの清掃や点検は欠かせません。

納車時には適切にグリスアップされていても摩耗が進み異音の原因になることもしばしば。

中でも今回はスピンドルのお話です。

 

■KP250 109mm ¥3,981-(税込)

CAAD13やSupersixEVOでお馴染みの銀色のスピンドルです。

新品ではベアリングが触れる部分がピカピカですが、年数の経過した車体や雨天走行が多い車体は摩耗が進んでいることが多いです。

BB周りからの異音の原因の多くがスピンドルの摩耗によるものです。

 

簡単に分解できることがメリットのキャノンデールクランクですが、スピンドルは消耗品として傷が付いていたら交換がオススメです。

メンテナンスのしやすさ以外でも、チェーンリング丁数やクランクアーム長などを個別に交換しやすいというのが嬉しいポイントですね。

 

■(上)KP451 125mm ¥4,180-(税込)

■(下)KP450 119mm ¥4,180-(税込)

スピンドルにはいくつか種類があって、BBのシェル幅やフロントダブル/シングル等の違いで使い分けます。

上記の二つは2021モデルまでのTopstone CarbonやSuperXなど、83mmシェル幅のバイクに使うスピンドルです。

2x仕様の場合にはオレンジ色のKP451を、フロントシングルの場合には紫色のKP450を使用します。

(仕様変更の際には合わせてスペーサーの交換も必要です。)

 

その他BBベアリングやスペーサーなどSiクランク関係のパーツはなるべく在庫するようにしています。

メンテナンスからカスタムまでお気軽にご相談くださいませ。

 

ご自身でメンテナンスをしてみたいという方は下記ブログにてメンテナンス方法をご紹介しておりますので参考にしてみてください。

SIクランクのオーバーホール

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。


2022.Aug. 20

毎回あっという間になくなってしまう大人気アイテムHollowGram SL KNOT Carbon Seatpost。

これまで15mmオフセットのものは何度か入ってきていましたが、長期欠品していた0mmオフセットもこの度入荷いたしました。

 

■HollowGram SL KNOT Carbon Seatpost ¥25,300-(税込)

CAAD13、現行Supersix EVO用のカーボンシートポスト。

何度もご紹介していますが、カーボンシートポストへの交換は自転車パーツの中でも費用対効果の高いカスタムです。

純正のアルミ製のものと比べてなんと約100gも軽量。

ダンシングの際のバイクの振りが軽くなり、リズムが取りやすくなります。

 

また、ヤグラ下のくびれ形状によって振動吸収性もアップします。

カーボン製なのも相まってしっかり体感できるレベルで快適になります。

 

ちなみに上がオフセット15mm、下がオフセット0mm。

年式やモデルにもよりますが、48サイズ以下のバイクには0mmオフセットが標準装備されていることが多いです。

今ついている物と同じサイズをご希望の場合はどちらがついているのかご確認の上お求めください。

 

ちなみにシートポストに付けるシリコンのカバーも在庫するようにしています。

お値段は¥1,815-(税込)。

無くしてしまったり劣化で千切れてきてしまっている方はこちらもお求めください。

これが無いとシートチューブ入口に結構ゴミがたまってしまいます。

 

交換することでで一石二鳥の効果が得られるHGSL Carbon Seatpost。

今ならオフセット0mm、オフセット15mmどちらもご用意可能です。

 

メーカー在庫は両オフセット共に既に欠品となっており、次回入荷は来年2月頃に少量あるのみ。

本格的な入荷は来年6月頃まで待たないと行けません。

なくなってしまうとかなり先になるので今のうちにどうぞ。

 

在庫の確認等もお気軽にキャノンデール横浜ベイサイドまでお問い合わせください。

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。