パーツとアクセサリー

BIKE, PARTS & ACCESSORY, EVENT, INFORMATION


2024.Jun. 25

6/29(土)〜7/28(日)の期間、日頃お世話になっているお客様へ感謝の気持ちを込めてサマーキャンペーンを開催させていただきます。

お得にCANNONDALEアイテムを手に入れられるチャンスです!

この機会、ぜひご利用ください!

1. 店内在庫車がサマーキャンペーン特別価格!

店頭にある一部完成車が15~30%OFFのサマーキャンペーン特別価格!
さらにポイント還元、ダブルでお得!!

 

2.店内商品ポイント還元キャンペーン

プレミアムメンバーの方
店内商品お買い上げ時に販売価格(税抜)の10%分のポイント還元
スタンダードメンバーの方
店内商品お買い上げ時に販売価格(税抜)の5%分のポイント還元
ゲスト(新規登録)の方
店内商品を総額1万円以上ご購入でスタンダードメンバー登録の上、5%分のポイント還元

※セール品、車体、フレーム、工賃、その他一部商品は除きます
※お会計時にメンバーズカードのご提示をお願いします
※店内在庫商品に限ります

3.当店イチ押し!MAVICホイール載せ替えキャンペーン

店頭にあるMAVICホイールをキャンペーン特別価格
さらに!5%分のポイント還元のWチャンス!

 

キャンペーンに伴うご注意事項

※お支払い方法は現金またはショッピングローンとさせて頂きます。
※カードでのお支払いをご希望の場合、販売価格及びポイント還元率が異なります。
※一部商品はキャンペーン対象外となります。
※お取り付けには別途取り付け工賃がかかります。
※各キャンペーンの併用は出来ません。

※キャンペーン価格は店頭にてご確認下さいませ。(電話、メール等ではお答えしかねます)

 

 

 

サマーキャンペーン期間中、お得なキャンペーンを多数用意してあります。

価格など、詳しい内容については店頭にてご確認下さい。

スタッフ一同、お客様のご来店を心からお待ちしております。


2024.Jun. 10

定期的にお問合せをいただくことが多いレバー付きスルーアクスルが入荷しましたのでご紹介いたします。

 

■フロント:K83019 ¥8,250-(税込)

■リア:K83029 ¥8,250-(税込)

完成車に付属するスルーアクスルはレバー無しのものが大半。

これらは見た目がすっきりしていてエアロ効果も高いですが、脱着にはアーレンキーが必要です。

対してこちらのアクスルは本体にレバーが付いていて、工具無しでのホイール交換が可能となります。

 

本製品はスピードリリース採用フレーム専用となっていますのでご注意ください。

対応車種はCAAD13、SuperSixEVO(第三世代)、SystemSix、Topstone Carbon(第一世代)等です。

 

スピードリリース系のスルーアクスルのネジ山はダブルリードというちょっと特殊な規格になっています。

下記記事で詳しくご紹介しておりますのでこちらもぜひご覧ください。

 

ダブルリードのスルーアクスルについて

 

このアクスル、メーカー在庫が欠品していることが多くなかなか入荷しません。

対応車種にお乗りで輪行の機会が多い方や、パンク修理のために六角を持ち歩きたくない方は是非導入を検討して見て下さい。


2024.Apr. 19

完売と思われたHollowGram SL KNOT Carbon Seatpostの0mmオフセットが再入荷しました。

 

■HollowGram SL KNOT Carbon Seatpost ¥25,300-(税込)

【4/30追記 完売しました】

CAAD13&第三世代Supersix EVO用のカーボンシートポスト。

何度もご紹介していますが、上記の二車種にお乗りの方は必須と言っても過言ではないカスタムパーツです。

 

純正のアルミ製のものと比べてなんと約100gも軽量。(260g→160g)

ダンシングの際のバイクの振りが軽くなり、リズムが取りやすくなります。

 

また、ヤグラ下のくびれ形状によって振動吸収性もアップします。

カーボン製なのも相まってしっかり体感できるレベルで快適になります。

 

ちなみに上がオフセット15mm、下がオフセット0mm。

年式やモデルにもよりますが、48サイズ以下のバイクには0mmオフセットが標準装備されていることが多いです。

フレームサイズと関係なく、0mmの方がポジションが出しやすそうだなと思ったら変えてしまうのもアリ。

 

現在オフセット0mm、オフセット15mmどちらも店頭在庫があります。

 

冒頭で書いた通り0mmオフセットの方は完売表記が続いており、二度と入って来ないと思われていました。

どうもメーカー在庫が復活したわけではなさそうなので、今回なぜ入荷したのか理由は不明です笑

そんなわけで今後再入荷するかどうかは全く未定ですので、0mmの方を探していたという方はお早めにどうぞ。


2024.Feb. 26

e-bikeのドライブトレインはまめにチェックした方がいいというお話です。

 

乗っている人なら常々感じていると思いますが、漕ぎだしの時や登坂での強力なアシストはe-bikeの醍醐味。

それはつまり、駆動系への負担が普通の自転車よりも大きいということでもあります。

特にTopstone Neoシリーズに搭載されているBosch Perfomanceline CXは鬼のようなトルクを捻りだすのでなおさらです。

 

e-bike用のチェーンやチェーンリングは普通の物よりも耐久性の高い造りとはいえ、注油や洗浄を怠っていると摩耗が進行していくことには変わりありません。

当店に入庫するTopstone  Neoにも発売初期の車体は摩耗が著しい個体が散見されるようになってきました。

 

チェーンが伸びているとチェーンリングの消耗も加速度的に進んでいきます。

定期的にチェーンを洗浄・注油、あるいは新品に交換するのはもちろんですが、チェーンリングの歯が傷んでいないかどうかのチェックも重要です。

本格的にダメになるとチェーンが歯に引っかからずに滑ってしまうのでとても危険。そうなる前にチェーンリングを交換しましょう。

 

そんなわけで補修用のチェーンリングを在庫することにしたのですが、いざ探してみると選択肢の無さにびっくりしました。

Topstone Neoに使われているチェーンリングの歯数は42t。これと同じ歯数の物がまあ見つからないこと。

その上でスパイダーアームやマウントに合致する形状の物となると全くお手上げで、結局は純正と同じFSAのe-bike用リングを手配することに。

この純正リングも国内代理店には常時在庫されておらず、本国取り寄せで入荷に半年くらいかかりました。

 

同じ歯数の方がいい理由は、Boschのドライブユニットのパワーカーブが純正のギア比に合わせて調整されているためです。

この設定は工場出荷の状態から変える事ができず、ギア比を変えると本来の性能を損なう可能性があるとされています。

型式認定の観点からもe-bikeのギア比は変えない方がベター。

 

今回Topstone Neo用だけでなく、Quick Neoに使えるリングも仕入れてみました。

38t、104PCD、ナローワイド仕様かつe-bike対応と明言しているチェーンリングはあまり流通しておらず、こちらも割とレアです。

 

Topstone Neo、Quick Neoにお乗りの方は今一度チェーンとチェーンリングの痛みを点検してみてください。

結構がっつり走っているけどチェーン交換どころか一度も注油をしたことがないなんて方は要注意かも・・・

 

■FSA e-bike alloy megatooth chainring 1x 104×42 Bosch Gen4・・・¥11,000-(税込)

■FSA e-bike alloy megatooth chainring 1x 104×38・・・¥13,200-(税込)


2024.Feb. 9

CAAD13や第三世代Supersix EVOの定番アップグレードアイテム、「HollowGram SL 27 KNØTカーボンシートポスト」が久しぶりに入荷しました。

 

たまに入荷してはすぐに完売となってしまう人気アイテム。

前回入荷分はブログに書く間もなく売り切れてしまったので、店頭に在庫できるのは久しぶりです。

 

もはやCAAD13と先代EVOにとってこのシートポストへの交換はマストと言っていいんじゃないでしょうか。

上記2車種のシートポストの選択肢がこれしかないという事情もあるのですが、もちろんただそれだけではありません。

売れ続けているのにはそれなりの理由があります。

その理由とはズバリ、重量と乗り心地です!

 

まずは重量。

上が標準のアルミポスト、下が27KNOTです。

 

ご覧の通り、標準のアルミポストと比べてなんと約100gも軽量。

軽量化を追求する人にとって100gというのはとてつもなく大きい数値です。

しかもシートポストというのは重心から高い位置にあるパーツなので、バイクを振った時の感覚もかなり変わってきます。

 

そして乗り心地も体感できるレベルで変わります。

かつてのSAVEシートポストと同様にヤグラの下がくびれており、振動吸収性がアップする設計となっています。。

SAVEポストへのアップグレードはCAAD12の定番カスタムだったので、その振動吸収性能は多くの方がご存じのはず。

 

大幅な軽量化が出来る上に乗り心地も良くなる・・・人気商品なのも納得です。

アルミポストのCAAD13や先代EVOにお乗りの方は是非交換してみてください。

その際はカーボンペーストやファイバーグリップを塗ってくださいね。

うっかり普通のグリスを塗ると滑って固定できなくなります。

 

なおこの製品は15mmオフセットと0mmオフセットの2種類があるのですが、0mmの方は完売となっております。

今回入荷分及び今後の入荷分は全て15mmオフセットとなりますのでご注意ください。

 

■HollowGram SL 27 KNØTカーボンシートポスト ¥27,720-(税込)


2024.Jan. 16

皆さんダイレクトマウントのRDハンガーってどう思いますか?

以前だったらそもそも存在を知らないか、知っていても必要性を感じないという人が大半だった気がします。

ところがこの2,3年、通常のハンガーとDMハンガーの両方を選べるなら絶対DMハンガーを使うという人が増えてきました。

 

そんなダイレクトマウントハンガーが入荷してきました。

 

■WISHBONE RD HANGER DISC CANNONDALE ¥6,930-(税込)

 

今回入荷してきたのはBBで有名なウィッシュボーンの製品です。

第4世代Supersix EVO用で、LAB71、Hi-Mod、スタンダードModの全てに対応します。

 

残念ながらキャノンデールを含む多くのブランドは純正DMハンガーをラインナップしていません。

先代EVOの限定モデルに付属していたことがありましたが、あれは例外中の例外といった感じです。

そういったわけでDMハンガーを使いたい場合は社外品を選ばざるを得ないのですが、巷で見かけるものの中には「これ強度的に大丈夫なの?」と思ってしまうような製品も見受けられます。

曲がったり歪んだりするのがRDハンガーの常とは言え、少しダメージを負っただけでぽっきり折れかねないような物はさすがに危険です。

その点この製品は比較的しっかりした形状なので信頼が置けそう。

 

そもそもダイレクトマウントのRDハンガーとはなんなのか。

ざっくりいうとシマノR9100世代以降のシャドータイプリアディレイラーに設定されている取付オプションです。

 

上の車体が通常のRDの取付方法。

下の写真がダイレクトマウント方式で取り付けたRD。

メカニカルとDi2の違いは置いておいて、下の写真ではRDを構成する部品の一部がRDハンガーに置き換わっているのがお分かりいただけると思います。

 

このようにRDの関節を一つ減らせるというのがダイレクトマウントの特徴。

得られるメリットは以下のようなものがあります。

・変速性能の向上(特に機械式変速の場合)

・ホイールの着脱が少し簡単になる

・ほんのり軽量化できる

 

上記の通り、劇的な変化を体感できるアイテムというわけではありません。

しかしながら使用することで生じるデメリットもありません。

取付も簡単です。

 

プロ選手の多くがダイレクトマウントハンガーを使っているという事実もあり、マージナルゲインを求める現代のロードシーンでは必須のアイテムと言えるのかもしれません。

お使いいただけるのは新型EVOユーザー限定ではありますが、ダイレクトマウントにしてみたい方は是非導入してみてください。


2023.Aug. 21

キャノンデール乗りには定番のカスタムアイテム、OPIスパイダーリングSL。

メーカー完売で次回入荷もないレアアイテムですが、店頭に残り1つ在庫ございます!

 

■OPI SPIDERING SL(52-36) ¥24,200 (税込)

8/22追記:完売しました。

 

このチェーンリングの最大の特徴は、三次元鍛造によるワンピース構造。

さらにマシニング加工により徹底的に肉抜きされていて、超軽量に仕上がっています。

ちなみにOPIはONE PIECE INTEGRATIONの略です。

 

上の画像がOPI SPIDERING SL、下がCAAD12やCAAD13(初期モデル)等の純正のスパイダーとチェーンリングです。

計ってみるとビックリ。なんとざっくり半分も軽くなっています!

パーツひとつの交換でここまでの軽量化ができるのは非常に魅力的です。

チェーンリング自体の剛性が高いので、純正のものよりも変速性能も向上します。

まさに一石二鳥ですね。

11速のキャノンデールクランクユーザーの方は見逃せませんね。

 

チェーンリングビフォーアフター。

クランクは自転車の顔ともいわれる部品だけに、これだけで雰囲気が激変。

実用性だけでなく、ドレスアップパーツとしても最高です。

 

10アームのスパーダーリング SLはメーカー完売で今後の入荷もなし。

店頭の52-36が正真正銘最後の一つです!

カスタムのご相談等お気軽にスタッフまでお尋ねください。


2023.Jul. 22

7/30までサマーキャンペーンを開催中です。

期間中は店頭在庫の商品をご購入で、ポイント最大15%還元!

本日ご紹介する対象商品はこちら!

 

■Hollowgram R45 ホイールセット ¥120,000-(税込) → ポイント最大15%還元!

今シーズンから新たに登場したホイールです。

モデル名のR45はシンプルに45mmリムハイトからきています。

カーボンホイールとは思えないくらい衝撃的な価格ですね。

念のため書いておきますが前後セット、かつ税込価格です。

 

価格だけでなくリムのプロファイルも優秀で、内幅21mm、外幅32mmとなっています。

トレンドのワイドタイヤの性能を引き出せるスペックですね。

もちろんチューブレスレディ対応です。

 

グラフィックもシンプルでどんなバイクにも似合いそうですね。

外幅も広いのでバイクの迫力は確実にアップします。

 

重量は前後で1730g。

決して軽量とは言えませんが、完成車ホイールよりは確実に軽いのも確かです。

軽さだけでなくエアロ性能も明らかに向上します。

 

物価の高騰が騒がれる昨今、税込12万円というプライスはインパクト抜群ですね。

またドレスアップ目的だけでなく、パフォーマンス面でも確かな魅力を持ったホイールであることも間違いありません。

ホイールのご相談等お気軽にスタッフまでお尋ねください。

ご自身にピッタリな一本をお探しいたします。

 


2023.Jul. 10

7月14日(金)~7月30日(日)

「サマーキャンペーン」と題しまして、様々なキャンペーンを多数ご用意いたします。

お得にCANNONDALEアイテムを手に入れられるチャンスです!

この機会、ぜひご利用ください!

 

1. 店内在庫車がサマーキャンペーン特別価格!

店頭にある一部完成車が10~20%OFFのサマーキャンペーン特別価格!
さらに最大10%分のポイント還元も!

 

2.店内商品ポイント還元キャンペーン

プレミアムメンバーの方
店内商品お買い上げ時に販売価格(税抜)の15%分のポイント還元
スタンダードメンバーの方
店内商品お買い上げ時に販売価格(税抜)の10%分のポイント還元
ゲスト(新規登録)の方
店内商品を総額1万円以上ご購入でスタンダードメンバー登録の上、10%分のポイント還元

※セール品、車体、フレーム、工賃、その他一部商品は除きます
※お会計時にメンバーズカードのご提示をお願いします
※店内在庫商品に限ります

 

3.当店イチ押し!MAVICホイール載せ替えキャンペーン

店頭にあるMAVICホイールをキャンペーン特別価格
さらに!10%分のポイント還元のWチャンス!

 

キャンペーンに伴うご注意事項

※お支払い方法は現金またはショッピングローンとさせて頂きます。
※カードでのお支払いをご希望の場合、販売価格及びポイント還元率が異なります。
※一部商品はキャンペーン対象外となります。
※お取り付けには別途取り付け工賃がかかります。
※各キャンペーンの併用は出来ません。

 

 

 

 

サマーキャンペーン期間中、お得なキャンペーンを多数用意してあります。

価格など、詳しい内容については店頭にてご確認下さい。

スタッフ一同、お客様のご来店を心からお待ちしております。


2023.Jun. 13

新型Supersix EVOの付属ボトルとして注目されているグリッパーエアロボトル&ボトルケージが入荷しています。

 

■Gripper Aero Bottle・・・¥2,500-(税込)

■ReGrip Aero Cage・・・¥3,000-(税込)

 

Supersix EVOのエアロ性能をSystemsixに匹敵するほどに高めるという触れ込みのボトル。

Systemsixはいまだに世界最速レベルのエアロロードなので、それに匹敵するというのは本当にすごいことです。

もちろんEVOのもともとのエアロ性能があっての話ですが、このボトルを付けることで一定のエアロ効果を得られることは確か。

 

いやいや、エアロボトルなんて他にもあるじゃないかって?

もちろんそうなんですが、この製品の素晴らしい所はボトル&ボトルケージとしての使い勝手の良さにあります。

 

既存のエアロボトルケージの大きな欠点の一つが「専用ボトルしか使えない」という事でした。

専用ボトルと専用ケージのキットであることが前提なんだから当然の話ですが。

対してこのボトルケージは一般的な丸断面ボトルも使用可能です。

 

レースでしか使わない前提なら専用ボトルでもいいんですが、普段の練習では保冷ボトルやツールボトルを持っていきたい日もあるはず。

このケージならそんなことも出来ます。

多くのエアロボトルケージと違ってホールド力もしっかりとあるので、悪路や段差でボトルが吹っ飛んでいくこともありません。

 

また既存のエアロボトルと比べて普通に飲める形状と弾力をしているというのもいいです。

ELITEのFLYボトルみたいな超絶柔らかいボトルほどではありませんが、ちゃんとゴクゴク飲めます。

内容量は600mlです。

 

ボトルには向きがあるので抜き差しにちょっと慣れが必要ですが、慣れてしまえば意外と大丈夫とのこと。

 

ユーザービリティが高いという一点で既存のエアロボトル&ケージと一線を画す本アイテム。

当然ながらSupersix EVO以外のバイクにも取り付け可能なので、マージナルゲインを求めるライダーのトレンドとなっていく予感がします。

実際この前のJBCFでもとある有名選手がS社のバイクにこれを付けていました。

 

エアロにこだわる方はヘルメットやシューズカバーだけでなく、ボトルも変えてみるのもいいんじゃないでしょうか。

導入のためのコストはそれほど高くありません。