バイク

BIKE


2019.Dec. 9

お買い得なキャノンデール2019年モデルのご紹介第二弾!

本日は走れるエンデュランスロードとして人気のSYNAPSEシリーズのご紹介。

全て1台限りとなりますのでこの機会をお見逃しなく!

 

■SYNAPSE CARBON DISC 105 SE サイズ:51

¥290,000-(税別) → Special Price !!&さらにポイント還元!

キャノンデールのロードラインナップの中でも最上の乗り心地を誇るSYNAPSE。

特殊なギミックを使わずに正攻法で快適性を追求した、いわば正統派のエンデュランスバイクです。

シンプルな設計だから挙動が掴みやすい。極上の快適さを誇りながらも、ロードバイクらしい軽快感をしっかり兼ね備えているのがSYNAPSE CARBONの強みです。

 

そのSYNAPSE CARBONにちょっと太目かつチューブレス対応のタイヤとホイールを履かせたのがこのスペシャルエディション。

たったそれだけの違いですが、チューブレスの威力は絶大。

乗り心地が圧倒的に向上しますし、ちょっとしたグラベルバイクやツーリングバイクのような使い方ができるようになり、遊び方が大幅に広がります。

普通のロードだとタイヤが細すぎて不安な方や、自由気ままなライドを楽しみたいという方にお勧めです。

 

■SYNAPSE DISC 105 SE サイズ:51

¥170,000-(税別) → Special Price !!&さらにポイント還元!

こちらはアルミフレームのSYNAPSE。こちらもSE仕様となっています。

何といってもこの価格でチューブレスタイヤ&ホイールが装備されているのは破格!

より太いタイヤを装備できる点など、カーボンとはまた違った魅力を持つのがアルミのSYNAPSEです。

初めてのロードバイクをこの価格帯で探している方にはまさにうってつけ!

 

現在ウィンターキャンペーンを開催中!

この機会にぜひご検討ください。


2019.Dec. 7

本日からウィンターキャンペーンがスタートしています。

それに伴い、2018年モデル及び2019年モデル車体を最終クリアランスプライスにてご提供中!

 

本日はキャノンデールが誇るオールラウンドレーシングカーボンバイク、SuperSixのご紹介。

軽量、剛性、乗り心地、ハンドリング。全方位に渡って隙が無く、名車と称賛されるのに相応しいバランスの良さ。

そのパフォーマンスは新型がデビューした今なお色褪せる物ではありません。

 

◆2018 SuperSix Evo Hi-Mod Disc Dura-Ace サイズ:54

¥720,000-(税別) → Special Clearance Price !!

ハイエンドグレードであるHi-Modフレームのディスクブレーキモデル。

9100系Dura-Aceのコンポーネントにチューブレスレディ対応のカーボンホイールなど、フレームだけでなくアッセンブルされるパーツも超一流。

それでありながら税抜定価72万円と非常にコストパフォーマンスが高い一台です。

今となっては貴重なキャノンデールグリーンが映えます。チームレプリカらしくペイントのクオリティも上々。

 

2018年モデルということで大幅クリアランスプライスとなっております。

webではちょっと書けない価格となりますので、気になる方はお問合せ下さい。

 

◆2019 SuperSix Evo Hi-Mod Ultegra サイズ:52

¥490,000-(税別) → Special Price !!&さらにポイント還元!

こちらはSuperSix Evo Hi-Modのリムブレーキモデルを機械式のアルテグラで組んだもの。

先日イギリスのヒルクライムチャンピオンの重量5.4キロだったということで話題になりましたが、そのベースになっていたのはずばりこのモデルでした。

国内でもヒルクライマーのトップ市民レーサーの愛用者が多く、年々貴重になっていく軽量リムブレーキフレームとして未だ需要が多いと言います。

ヒルクライム用の勝負バイクを仕立てるなら今のうちに確保しておいた方が良いかもしれません。

 

◆2019 SuperSix Evo 105

¥240,000-(税別) → Special Price !!&さらにポイント還元!

フルカーボン・軽量オールラウンドバイクの代名詞とも言えるSuperSix Evoにシマノ・105がアッセンブルされたミドルグレードモデル。

この価格帯ではフレームの剛性・振動吸収性・軽さ・乗りやすさなどのバランスが抜きんでており、新型が発売されても今もなお現役の戦闘力です。

シルバー(SGG)は50と52サイズ、ブラック(SLV)は52サイズのご用意がございます。

 

このほかにもお買い得な2019年モデルを多数ご用意しております。

今回記載のないサイズもご用意できる可能性がございますのでお気軽にご相談ください。

皆様のご来店お待ちしております。

 

ウィンターキャンペーン開催中!

詳しくはコチラ。

 


2019.Dec. 2

いよいよキャノンデール2020年モデル試乗会が今週末に迫ってきました。

今回ご用意している車種は皆様の目から鱗を落としまくるであろう車体ばかりなのですが、その中でも一番度肝を抜かれるバイクと言えばやはりTOPSTONE CARBONでしょう!

既存のグラベルを遥かに凌駕するトラクション性能とシルキーな乗り心地には衝撃を受けること間違いなしです。

それらをもたらしているのが話題のKingPinサスペンション。以前もお話させて頂きましたが、本日はこのメカニズムを改めてご紹介。

 

一般的なバイクはシートステーとチェーンステーをしならせて上下のフレックスを生み出していますが、新型Supersix EVOやCAAD13ではまったく違うアプローチをとっていて、シートステーを非常に硬く作ってあります。

こうすることで、下からの突き上げがあった際にシートステーがシートチューブを押し、結果リア三角全体がしなるようになってます。

EVOとCAAD13の自然な乗り味と高い快適性の秘密もここにあります。

 

TOPSTONE CARBONではそれをさらに推し進めて、シートステーとシートチューブの接合部にベアリングを設けました。

これがキングピンサスペンションのキモとなる部分。

ベアリングそのものはわずか2度ほどしか動かないそうですがフレックスの向上に大きく貢献、TOPSTONE CARBONの後輪は最大で3cmもの可動を備えるに至りました。

単に乗り心地がよくなるだけでなく、乗車中は体重に反発する力が常に働いているので後輪のトラクションも大きく向上します。これがサスペンションと銘打っている理由です。

 

チューブの横幅やキングピンの位置などはフレームサイズによって大きく異なっています。

これは単にフレックスを最大限にするのが目的ではなく、適度な柔軟性を突き詰めた結果なのだそうです。

というのも、柔軟な方が好ましいのは確かですがあまりにも柔らかいと唐突にフィーリングが悪くなることがわかったからです。

この部分が開発にあたってもっとも苦労したポイントで、4年の開発期間の間に制作したプロトタイプの数は29個にも上るのだとか。

TOPSTONE CARBONの「物凄くしなやかなのにとても良く進む感じ」はこういったアプローチで実現しました。

 

発売間もないうちから国内外のグラベルイベントで勝ちまくったりと話題性抜群のTOPSTONE CARBONですが、そんな開発史を知ってから乗るとまた違ったフィーリングを得られるんじゃないかと思います。

その革新性はオフロードだけでなく舗装路でも存分に感じていただけるはず。

ぜひ今週末の試乗会でTOPSTONE CARBONをお試しください。

 

ご試乗頂いた方にはスペシャルな特典もご用意しています!

皆様のご来店お待ちしております。


2019.Nov. 29

2019年キャノンデールが満を持して発売した世界最速エアロロードのSystemSix。

これまで頑なにエアロを否定していたブランドのバイクとは思えない、恐るべき完成度の高さで話題になりました。

今年に入って多くのニューモデルがリリースされたことで去年ほどの注目はありませんが、純粋なパフォーマンスの高さや作業性の良さなど、激戦区のエアロロード界でも屈指の魅力を持つバイクであることは間違いありません。

そんなSystemSixも来週末の試乗会でお試しいただけます。

 

一台だけバイクを持つならやはりSupersixEVOのような万能なオールラウンダーがいいという方が多いと思いますが、先入観を捨てて是非SystemSixを試してみて下さい。

その迫力あるルックスからは思いもよらないほど、素直で乗りやすいバイクだと感じて頂けると思います。

とんでもなく速いことは乗る前から想像できますが、過剰な硬さや突き上げ感の少なさ、癖のないハンドリング、それらに由来する乗りやすさ。これは乗ってみなければわかりません。

そして試乗した後マッシブなフレームを眺めてこう思うでしょう。「カッコいい!」「欲しい!」と。

 

高まった物欲をぶつける相手として我々のお勧めはこちら、EFエデュケーションチームカラーのULTEGRA Di2完成車です(税抜¥680,000-)。

フレームはHi-Modではないスタンダードなカーボンですが、Hi-Modだったら同じパーツ構成で90万円は確実だったと思うので、むしろありがたい仕様かもしれません。

キャノンデールのノーマルmodの性能の良さは業界内でも定評がありますし、SAVEシステムバーやHollowgram KNOTホイール、アルテグラDi2などがアッセンブルされていることを考えると総合的なコストパフォーマンスは破格だと思います。

 

加えてチームレプリカカラーの美しいペイントも物欲をそそります。

EFエデュケーションのファンでなくても所有欲が満たされること請け合いです。

 

SystemSixの他、試乗会でお乗り頂ける車種はこちらをご覧ください。

当日は試乗車を使ってのモーニングライドも開催致しますので、ぜひご参加下さい。

皆様のご来店お待ちしております。

 

フィッティングサービス受付中!

詳細はこちら


2019.Nov. 22

今年から新発売されたアーバンコミューター/フィットネスバイクのTREADWELL。

お買い物やお散歩、通勤通学など、日常の足=移動手段としての用途が主になるであろうバイクですが、そんな毎日のちょっとした移動を最高に楽しくするための工夫が凝らされた、実にキャノンデールらしい一台です。

ダートトラック用のモーターバイクにインスパイアされたというバイクデザインも秀逸。

 

今まで入荷するたびに売れていってしまい、なかなか皆様にご覧頂く機会がありませんでした。

先日久しぶりに全車種が店頭に揃いましたので、改めてご紹介を。

■TREADWELL 3 ¥59,000 (税抜)

シンプルなパッケージで一番人気グレードのTREADWELL 3。

お手頃価格ながら後述のスピードセンサーもしっかり装備しています。

スポーツ自転車ではなかなか見かけない洒落たベージュのクイックサンドと、マジョーラっぽい美しい色合いのマルーンの2色展開です。

 

■TREADWELL EQ ¥89,000 (税抜)

耐荷重10kgのウッドワイヤーラックとスマートなフルフェンダーを装備した上級グレード。

フル積載時の重量にも耐えられるようブレーキは強力な油圧ディスク仕様になっています。

変速機などその他のパーツスペックも高く、カゴや泥除けに興味がないという方にもオススメです。

 

さて、そんなTREADWELLの最大の特徴は前輪に装着されたガーミン製スピードセンサー。及び、それと連動するスマホアプリです。

スピードや距離、消費カロリーを表示させたり、さらにはアクティビティーの記録やバイクの点検時期などのチェックが可能。

ただ走っているだけでもゆったり楽しいTREADWELLですが、これらを利用すれば楽しさ倍増です。

スマホは別売りのマウントを介してステム上に装着可能。

これについては以前に記事を書きましたのでよろしければご参照ください。

 

今回ご紹介した三車種ですが、店頭にあるサイズは全てメーカー在庫切れとなっております。

物によっては次回入荷が来年6月(!)というものもございます。

店頭在庫が売れてしまうと次回はかなり先になりそうなので、TREADWELLをご検討の方は是非お早めにどうぞ。

皆様のご来店お待ちしております。


2019.Nov. 17

CAAD13やTOPSTONE CARBONなど注目のバイクがずらりと並ぶ2020年モデルのキャノンデールですが、その中でも当店で一番人気なのは実はSUPERSIX EVOなんです。

一瞬だけで終わらない持続感のある加速、エンデュランスバイクもかくやという快適さ、先代EVOに見劣りしない軽量さ、年々求められる高い水準をクリアするエアロ性能など、まさに時代を代表するオールラウンドバイクと言えます。

 

人気なのはやはりディスクブレーキモデルですね。

世界的な高評価の影響かメーカー在庫切れが続いているのが歯がゆい所ですが、キャノンデール横浜ベイサイドでは多数の店頭在庫をご用意しています。

本日はそんなSUPERSIX EVOの数々をご紹介。

 

■SUPERSIX EVO CARBON DISC 105 ¥260,000 (税抜)

最もベーシックなグレードにして、最も売れ筋なのがこの105完成車。

フルカーボンのディスクロードとしては破格のコストパフォーマンスを誇る一台です。

特にこのブラックパールカラーは上位グレードに見劣りしないデザインで人気の高い一台。

万人向きの乗りやすさと高いポテンシャルの両方を備えるEVOは一台目に買うロードバイクとしても非常にオススメです。

 

■SUPERSIX EVO CARBON DISC ULTEGRA ¥390,000 (税抜)

上記105の直系の上位グレードがこちらのULTEGRA搭載モデル。

105に比べて価格が跳ね上がっているように思えるのは、カーボンホイールがインストールされているからです。

このホイールですが、DT製のハブにワイドリム、35mmハイト、チューブレスレディー対応と実に魅力的なスペックを備えています。

105との違いはホイールとコンポーネントだけですが、即実戦投入できるパフォーマンスの高さはこのグレードにしかないセールスポイント。

 

この他にも滅多に実物を見られないチームレプリカのフレームや、ハイエンド中のハイエンドたるHi-MODのデュラエースDi2など、キャノンデールストアならではの店頭在庫もご覧いただけます。

余談ですが私もNEW SUPERSIX EVOの性能に衝撃を受け、思わず購入してしまった一人です。

いずれインプレッションを書きたいと思いますのでお楽しみに。

 

12月1日までは無金利にてショッピングローンがご利用頂けます!

EVOをお得に手に入れたい方は是非この機会に。

 

 

また、12/7(土)~12/8(日)にかけて2020年モデル試乗会を開催致します!

もちろんSUPERSIX EVOもお試し頂けますので、実際に乗り味を確かめてみたい方は当日キャノンデール横浜ベイサイドにお越し下さい。

皆様のご来店お待ちしております!

フィッティングサービス受付中!

詳細はこちら


2019.Nov. 11

2020年度も絶好調のBADBOY。

BADBOYには1,2,3と3つのグレードがありますが、売れ筋はやはり税抜10万円アンダーの2と3です。

今年から3のコストパフォーマンスが急上昇したこともあり、2と3のどちらにするか悩まれている方も多いのではないでしょうか。

2と3ではフレームは同じですが、細かいパーツスペックが異なります。

今回はその違いを解説していきたいと思います。

 

まずはリア変速の段数。2は9速で、3は8速です。

8速で困る事はありませんが、やはり変速段数が多い方が様々なシチュエーションで気持ちよく走りやすいです。

 

フロント変速はどちらも2段ですが、クランクには違いがあります。

3だとクロスバイクで一般的なスクエアテーパー規格なのに対し、2ではよりスポーティで軽量な2ピースクランクを採用しています。

後述のライトの有無などで完成車重量はさほど変わらないのですが、クランク・BBで比べるとそれなりの重量差があります。

 

ブレーキは今年から2、3ともに油圧ディスクになりました。

これは3の大きな売りで、去年までの機械式ディスクブレーキと比べるとやはり制動力が違います。

この他にハンドルのライズが違ったりするのですが、全体的に2と3のパーツスペックはそれほど違いがないように感じられるのではないでしょうか。

しかしあと1点、二つのグレードの間には決定的な差があります。

 

それはフロントフォークとシートポストに仕込まれたLEDライト。こればかりは2以上のグレードの特権です。

このライトの存在で、BADBOYは真っ黒なのに夜間が一番写真映えするという面白いバイクになっています。

みなとみらいあたりの夜景と一緒に撮ってインスタに上げれば、いいねの数は鰻登り間違いなし。

所有欲を満たしてくれる度合いも半端ないので、この為だけに2を選ぶ価値は大いにあると思います。

 

相変わらず1、2、3いずれもメーカー在庫欠品中ですが、当店ではBADBOY2を中心にSサイズとMサイズの在庫を数台確保しています。

人気の高いBADBOYをすぐに手に入れたいという方はぜひキャノンデール横浜ベイサイドまで!


2019.Nov. 9

SDA王滝のグラベルクラスでダブル優勝を決めるなど、今グラベルシーンのど真ん中にいるバイクと言えばTOPSTONE CARBONを置いて他にありません。

先日のサイクルモードでも多くの方が試乗されていたそうで、注目度の高さを実感します。

そんなTOPSTONE CARBONですが、キャノンデール横浜でもご試乗頂けます!

 

試乗車は105完成車のSサイズとなります。

最もお手頃なグレードではありますが、とんでもなくシルキーな乗り心地や快適な巡行性能、驚異的なトラクションなど、TOPSTONE CARBONの特徴はこのグレードでもしっかりと味わえます。

じっくりとお乗り頂けますので、サイクルモードで既に試乗された方もよろしければ今一度乗ってみて下さい。

新しい気付きが得られるかもしれません。

 

店頭には上記の105完成車クイックサンドカラーの他、最上位グレードのFORCE ETAP AXS完成車(Sサイズ)の在庫もございます。

実測重量は実に8.5kg。同サイズの105完成車は9.6kgですので、同一フレームでありながら1kg以上の開きがあります。

最上位グレードに相応しいお値段ではありますが、FORCE AXSやHOLLOWGRAMカーボンホイールはそれに見合う価値があると言えるでしょう。

 

ただいまキャノンデールでは分割手数料0円キャンペーンを開催中

TOPSTONE CARBONも対象モデルですので、期間内はお得にご購入頂けます。

キャンペーンは12月1日まで。ぜひこの機会にどうぞ。

 

ちなみに現在どのグレードもメーカー在庫はごく僅か、もしくは次回入荷待ちとなっています。

特に上記のFORCE AXS完成車のSサイズ等は店頭在庫が売れてしまうと次回入荷が5月下旬となりますので、ご検討の方はお早めにどうぞ。

その他ご用意可能な車種については随時お問合せ下さい。


2019.Nov. 8

長かった夏もいつの間にか過ぎ、雨続きの週末を経てレースシーズンも終盤戦となった昨今。朝晩は冷え込むようになりましたがまだまだライドに気持ちいいシーズン。皆様にはまだまだ楽しみ倒していただきたいのですが、頭の片隅に置いておいていただきたいのがオーバーホール。

普段のメンテナンスでは手の届きづらい回転部分、例えばBBやヘッド、プーリーなどの回転部分は定期的に見ておかないと手遅れな状況に陥っていることがございます。

走行距離や環境にもよりますが、1年から2年に一度はオーバーホールをおすすめしております。特に雨天での走行が多い方はお早めの施工をご検討ください。外見に問題が無くとも思ったより傷んでいます。

 

 

キャノンデール横浜ベイサイドでは随時車種を問わずオーバーホールを受け付けしております。他店で購入されたバイクでも大丈夫です。

オーバーホール後の車体のカチッとしたフィーリングは、新車に乗り換えた時の感覚を思い出させてくれ、気持ちよくライドを楽しめるようになりますよ。

 

〈作業内容説明〉

・車体お預かり前に車両の確認をおこない、作業手順、交換パーツの提案/見積もりをさせて頂きます。

・オーバーホール時にパーツアップグレードをされる場合、取付工賃は発生しないのでお得です。

・フルオーバーホールでは、お預かりした車体の部品類を全て取り外し、点検、分解、洗浄をおこないます。

・ワイヤー・バーテープは基本的には新品を使い組み付けをおこないます。

納期は大体ですが2週間程となります。

そしてROADだけではございません。MTBもバッチリお任せ下さい!!

MTBの場合はフルサスのピヴォット部や、前後サスペンションのメンテナンス分が上記基本工賃にプラスとなりますのでご注意ください。

もちろんご愛用のHEADSHOCKやLEFTYも!

車体のメンテナンスと平行してCANNONDALE JAPANにてオーバーホールを実施。

※年式、モデルによってはサービスが終了したモデルもありますのでご了承ください。

 

交換するパーツ、アップグレードするパーツ、お見積もり等ご相談承ります。

まずはスタッフまでお気軽にお問い合わせください。


2019.Oct. 29

残念ながら昨年度モデルまでで生産終了となってしまいました「CAAD12 COLORS」ですがキャノンデール横浜ベイサイドでは店頭在庫がございます。

本日ご紹介するフレームは全て在庫限りとなりますので、入手しそびれたという方はお見逃しなく。

 

■2019 “アンスラサイト” 52サイズ

¥125,000 (税抜) → SPECIAL PRICE!!

全身ガンメタリックの渋いカラー。

キャノンデールロゴの主張も控えめですが、だからこそ良いという方もいらっしゃるのでは。

蛍光イエローと合わせてみたり、ブラウン系のパーツを入れてみたりと実は色んな遊びが出来るカラーでもあります。

自分だけの一台を組み上げましょう。

■2019 “アトモスフィアブルー” 50サイズ

¥125,000 (税抜) → SPECIAL PRICE!!

青空を思わせる淡い水色がさわやかな一台。

オレンジのロゴが全体を引き締めています。

トップチューブに入るラインはガンメタリック。

■2018 “ジェットブラック/カッパー” 54サイズ

¥150,000 → SPECIAL PRICE!!

マットブラックに、ブロンズのようなメタリックなロゴが入ります。とても上品で所有欲を満たしてくれるであろうカラーリングです。

また、2018年モデルはシートポストが標準でSAVEポストなのが素晴らしいところ。

■2018 “レースレッド/キャノンデールイエロー” 50サイズ


¥150,000 → SPECIAL PRICE!!

グロスの赤とイエローのロゴという派手な組み合わせ。

原色同士なのにうるさく感じないのは深みのある赤のおかげでしょうか。

カスタム感が出てかっこいいと思うのですがいかがでしょうか。

往年のCannondaleフリークの方も見逃せないカラーですね。

 

そんなCAAD12 COLORSの店頭在庫を先日ご成約いただきまして、「フラットバーでフロントシングルという仕様で組みたい」というのがご希望でした。言われてみるととてもイケてるカッコいい仕様であると、当店スタッフ共々新しく・かつ納得してしまう何かを感じたのは間違いありません。

フレーム組の最大のメリットは、使用用途に合わせて、かつイケてるアッセンブルというものを両立できることでしょうか。

方向性やお好みを伺って、最大限理想の1台に仕上げるお手伝いをさせて頂きます。ぜひご相談くださいませ。

 

フィッティングサービス受付中!

詳細はこちら