バイク

BIKE, INFORMATION


2024.Jun. 18

キャノンデールが誇るフラッグシップモデル、Supersix EVO LAB71。

レーシングバイクとしてのパフォーマンスの高さは当然として、ライディングプレジャーや所有満足度と言った点でも飛び切りの評価を受けています。

掛け値なしの傑作として日本バイシクルオブザイヤー2024 ベストコンペティティブロード賞を勝ち取ったのは記憶に新しい所です。

 

と同時に入手困難なことでも知られているのはご存じの通り。

当店でも連日多くのお問い合わせを頂いていますが、ご要望にお応え出来ない状況が続いていました。

しかし朗報です。この度チームレプリカ仕様の完成車が発売されることになりました!

 

 

チームレプリカ仕様というのはペイントの話だけではありません。

今回発売されるモデルはプロチームに供給されるバイクとほとんど同一のスペックで販売されます。

 

つまりはVISIONのMETRON 60 SL Disc、FSAのPOWERBOX K-FORCE TEAM EDITION、そしてファン垂涎のMOMOハンドルなどなど。

これらの飛び道具にフルDURA-ACEとが組み合わされます。

MOMOハンドルは欲しくても買うことが出来ない状況が続いており、サイズが合うならこれだけでも一考の価値あり。

 

気になる販売価格はキャノンデール史上最高となる220万円(税込)。

これだけのパーツスペックなら妥当な価格・・・

昨今の為替状況とこのバイクの希少性を考えればむしろリーズナブルまであると言えます。

 

展開されるフレームサイズは48、51、54の3種類。

各部のサイズは下記の通りです。

 

■クランク長

48:170mm

51:170mm

54:172.5mm

 

■ハンドルサイズ

48:400-90mm

51:400-90mm

54:420-100mm

 

■シートポストオフセット

48:0mm

51:20mm

54:20mm

 

納期は今の所7月下旬頃の見込み。

全サイズ合わせて10台程度の入荷、しかも先着順での受注なので争奪戦は必至です。

ご検討頂く場合はお早めに決断して頂くのがオススメです。

皆さまのご予約、お待ちしております!

 


2024.May. 28

こんにちは、キャノンデール横浜ベイサイドです。

先日お客様と一緒に参加してきたアルプスあずみのセンチュリーライドが楽しすぎて、昨日一昨日と思い出に浸り続けています。

まだ行かれたことがないという方はぜひ来年参加してみてください!

 

さて、本日は未だ入荷していない2024モデルの中でも注目度の高いモデルのご紹介です。

 

 

■Supersix EVO 2

スタンダードModのEVOの中ではハイクラスな位置づけとなっているEVO 2。

そのパーツスペックは非常に秀逸で、R8100系アルテグラDi2やVISIONのカーボンハンドル、HollowgramのR45カーボンホイールなど極めて実戦的な物ばかり。

76万円という価格は高いように見えてかなりのバーゲンプライスで、Hi-Mod以下のEVOの中ではこれが一番狙い目という声は少なくありません。

 

そんなわけでシリアスライダーの方には非常にオススメしたいモデルなのですが、国内入荷数量が極めて少なく、しかも入荷は初回ロットの一回限り。

入手難易度はLAB71やHi-Modにも匹敵するんじゃないでしょうか。

もちろん既に全サイズメーカー完売です。

 

当店ではまだ予約枠が残っており、上の写真のソニックブルーの56、メテオグレーの51がご用意可能。

ソニックブルー56は10月以降、メテオグレー51は6~7月頃に入荷予定です。

 

メテオグレーに関してはフォーク先端の色がオレンジと黒の2パターンの写真が出回っています。

どちらが正しいのかキャノンデールジャパンにも資料が来ていないとのことで、もしかしたら実際に入荷するまで不明のままかも・・・

ご予約頂く際はその点をご了承ください。

 

Supersix EVO 2

なお昨年大人気だったRAWカラーも56サイズ一台のみご予約可能です!

今の所9月~10月頃の入荷予定となります。

 

それともう一台、51サイズのEVO3 チョークが急遽入荷することになりました。

3色展開のEVO3ですが、51サイズのチョークはかなり早い段階で完売となったレアモデル。

順調にいけば6月下旬に入荷予定なので、お探し頂いていた方はぜひご検討ください。

 


2024.May. 13

以前の入荷で最後だと思われていたメーカー完売の貴重なCAAD13 Tiaglaパープルヘイズが入荷しました。

 

■CAAD13 Disc Tiagra Purple Haze ¥260,000(税込)

CAAD13のラインナップでは1番エントリーグレードのCAAD13 Tiagra。

油圧ディスクブレーキ搭載で上位グレードの105との性能差もさほどでもなく、かなり人気のグレードです。

CAAD13がアルミハイエンドモデルなのを考えるとコストパフォーマンスの良いバイクではないでしょうか。

初めてのロードバイクにも、ディスクブレーキ車への乗り替えにも、幅広い方にオススメできます。

 

なによりパープルヘイズのカラーリングが魅力。

見る角度や光の当たり方によって青から紫へと変化するカメレオンカラーになっています。

水色の差し色も映えますね。

この色が良くてTiagraグレードにするという方もいるくらいの人気カラーなんです。

 

もう一色のグレーも一部サイズご用意可能です。

パープルヘイズとは対照的なガンメタっぽい落ち着いたカラー。

大人な感じがしてイイですね。

こちらも同じくメーカー完売ですのでお見逃しなく。

 

オールラウンドに使えてフレームのポテンシャルの高いCAAD13。

パーツのアップグレードなどしながら長く付き合っていける良いバイクです。

その他グレードのCAAD13もご用意ございます。

在庫やサイズの確認などお気軽にキャノンデール横浜ベイサイドまでお問い合わせください。


2024.May. 4

先日大幅なプライスダウンが敢行されたことで話題のSynapse Carbon 3L。

キャノンデール横浜にも実車がございます。

 

■Synapse Carbon 3 L ダストブルー ¥340,000-(税込)

 

¥450,000から¥340,000に。これほど大幅な値下げも珍しいです。

恐らく背景には様々な大人の事情があったのだろうと推測されますが、より多くの方にこのバイクをお選びいただける可能性が増えたのは純粋に喜ばしいと言えます。

 

そう、現行のSynapseってもの凄くいいバイクなんですよ。

ただスマートセンスの話題が先行しすぎていたことと、新型Supersix EVOの存在感が圧倒的すぎることもあって、その実力が正当に評価されているとは言い難い面があります。

 

で、今回ご紹介するSynapse Carbon 3 Lはシリーズの中では最もリーズナブルなグレードです。

フルカーボンの105完成車としては昨今では目を疑う価格ではないでしょうか。

今回の価格改定を機にSynapseの本当の良さを世に問えるのではと思っています。

 

最大のアイデンティティであると同時に、このバイクの評価を難しくした要因でもあるスマートセンス。

車体に標準装備されている前後ライトをダウンチューブに取り付けたバッテリー1個で管理できるというもの。

このグレードには付属しませんが、上位グレードにはリアビューレーダーも装備されます。

 

ライトは自分の好きな製品を使いたいという人もいるかもしれませんが、非常に利便性が高いシステムなのは間違いありません。

起動させるときはスイッチを押す必要がなく、走り出せば勝手にライトが点きます。(手動でのオン/オフも出来ます。)

バッテリーが一つだけなので前後ライトのどちらかを充電し忘れるということもありません。

 

難点を言うならウルトラロングなライドに対してはランタイムが厳しいということでしょうか。

とはいえ最大20時間ほどはもつので普通の乗り方をする分にはそこまで問題ではないと思います。

 

メインコンポーネントは12速の新型105です。

実は11速の旧105を搭載したモデルも併売されていて、そちらは税込み32万円とさらにリーズナブル。

 

標準タイヤの太さは30c。

最大で35cまでのタイヤクリアランスがあるので、目いっぱい太くすればグラベルバイク的な楽しみ方ができます。

逆に28cくらいの太さにしてレーシーな方向にチューンするのも楽しい。

エンデュランスバイクとは思えないほど軽快に走れるようになります。

 

いずれにせよ、将来は是非ともいいホイールを履かせてあげてください。

フレームのポテンシャルの高さが改めて実感できると思いますので。

 

フレームカラーは一見ホワイトに見えますが、ダストブルーと言う名前の通りうっすら青みがかっています。

Synapseシリーズ共通の仕様としてシートステーはリフレクティブ塗装になっていて、視認性の向上に一役買っています。

 

上記のダストブルーの他、カシミヤ(ブラック)とチョーク(白)の2色がございます。

既に完売となっているサイズもございますので、メーカー在庫状況についてはお問い合わせください。

 

Synapse carbonを一言で表すならば、「ギミックに頼らずに正攻法で作られた最新のエンデュランスバイク」といったところ。

スマートセンスを除けばバイク本体には特殊な機構は何も採用されていません。

だからこそロードバイク本来の楽しさを最大限に味わえます。

 

この良さを実際に体感して頂こうということで店頭にはSynapse Carbon 3の試乗車もご用意しております。

試乗車サイズは51と54の2台です。

これまで試乗された方からは「思ったよりもよく走るのでびっくりした」というコメントを頂く事が多いです。

Synapseを検討しているという方はぜひお試しください。


2024.Apr. 26

Topstone carbonといえば、独自のキングピンサスペンションシステムがもたらす快適性とトラクション。

その恩恵を最もリーズナブルに味わえるのがTopstone Carbon 4です。

そんなTopstone Carbon 4の今期追加された新色がとてもいい色だったのでご紹介します!

 

■Tostone Carbon 4 “ORANGE” ¥320,000-(税込)

このポップさ、いかがでしょう。

当初資料で見た時は全然ピンと来ないカラーリングだったんですが、実車を見たらガツンとやられてしまいました。

まさかこんなにカッコイイ色使いだったとは・・・

 

メインカラーのオレンジとサブカラーのクイックサンド(ベージュ)、そして差し色としてオリーブグリーン。

オレンジとオリーブの組み合わせってこれまで自転車以外のプロダクトでも見たことないですけど、不思議と調和しています。

かなり際どいところまで攻めてる感じですがきちんとデザインとして成立しているのが見事。

 

どうでもいいですが、ストラップラックの周辺はあえてオリーブでベタ塗りするのではなく適度にオレンジを残しているのが好きです。

 

一方で従来のオリーブとスモークブラックもラインナップに残っています。

グラベルバイクらしいグラベルバイクということでこちらの方が好きという方も一定数いらっしゃるはず。

これらのカラーの店頭在庫分に関してはちょっとした特典もご用意しております。

 

店頭在庫のTopstone carbonの在庫状況は下記リンクよりご覧ください。

【在庫車情報】グラベルバイク・マウンテンバイク


2024.Apr. 13

先日発表されたLAB71の限定カラー、RBX。

ロンド・ファン・フラーンデレンというクラシックレースのみに投入されたスペシャルなカラーなんです。

 

■Supersix EVO LAB71 FRAME SET  “RBX” ¥850,000-(税込)

今期のEFカラーのフレッシュで派手派手な感じから一変、黒ベースに差し色でピンク、クリーンな白ロゴで個性的ながら上品な雰囲気に。

よく見ると通常は真っ黒なシートポスト裏に、フォーク後ろ・シートチューブ上部と同じグラフィックが入っています。

こんな細かいところまで凝っているのはやはり特別なフレームの証です。

 

実はこのフレーム、我々販売店がオーダーした段階では黒っぽい色とだけ伝えられていてイラストすら無いという状態でした。

ですがこんなにもカッコいいカラーで一安心。

やはりLAB71はハズレないですね。

 

 

LAB71の例のごとく極少量で他サイズは即完売という状況ですが、なんと58サイズのみまだご予約いただけます。

大きめサイズですが、サイズの合う方は運命の1本です。見逃せませんね。

 

サイズや予約の可否、組み立てに関してなどお気軽にキャノンデール横浜ベイサイドまでお問い合わせください。


2024.Apr. 1

キャノンデール「Habit ヘルメットプレゼントキャンペーン」絶賛開催中です!

3月1日(金)~6月30日(日)の期間中、Habit(ハビット)シリーズをご購入のお客様へ、マウンテンバイクヘルメット「Terrus」または「Tract」をもれなくプレゼントするというキャンペーンとなっております。

そんなHabitキャンペーン対象車の「Habit 3」が店頭にございますのでご紹介いたします。

 

■Habit 3 ¥515,000-(税込)

真っ先に目につくのがパープルヘイズカラー。

光の当たり具合や見る角度によって色の表情が変わるマジョーラ系のペイントです。

この派手でギラギラな感じが最高ですね。

MTBだと意外とこの系統のカラーは珍しいのではないでしょうか。

 

Habitがカテゴライズされるのはトレイルバイクと言うジャンル。

サスペンショントラベルはフロント140mm/リア130mmという王道の数字です。

 

昨年モデルチェンジを果たしたこのHabitは「プロポーショナルレスポンス」と呼ぶ設計手法を取っています。

これはチューブの形状やリアユニットのレバー比・ピボット位置、チェーンステー長などを煮詰め、そのサイズに乗るであろうライダーに重心位置等を最適化させるというもの。

それにより異次元のトラクションとコントロール性を全てのライダーが体感できるようになりました。

 

性能面だけでなく、ユーザビリティの面でも確実な進化が見て取れます。

キャノンデールのMTBではおなじみだったAiオフセットを廃止し、オーソドックスな73mmのねじ切りBBに近年トレンドの55mmチェーンラインという規格を採用。

ホイールもクランクも今までより自由に選べます。

ヘッドセットもスタンダードな仕様です。

 

ディレイラーハンガーも近年スタンダードになってきているSRAMのユニバーサルディレイラーハンガー(UDH)なので、SRAMの取り扱い店ならどこでも購入できます。

話題の新型EAGLEトランスミッションも導入可能です。

ケーブル類の取り回しやフレームへの出入りの仕方、リアユニットマウントのシンプルかつ頑丈な設計など、とにかく利便性やメンテナンス性を配慮した設計。

 

走りの要の足回りのパーツ構成は手堅くまとまっています。

タイヤは前後ともMAXXISでフロントDISSECTOR、リアにRECONという組み合わせ。

やり過ぎない程度にハイグリップなセッティングで難しいセクションでも結構攻められることでしょう。

リムがStan’sのARCHというのも特筆ものです。

 

店頭在庫の車体はMサイズ。

適応身長は162~175cmほどとなっております。

他カラーやサイズも僅かにお取り寄せ可能です。

MTBデビューやフルサスへのアップグレードを考えている方には本当にオススメのバイクなので是非この機会に。


2024.Mar. 23

相変わらず人気のTopstone Carbonシリーズ。

その中でもベースグレードに当たるグラベルデビューにピッタリなTopstone Carbon 4をご紹介します。

 

■Topstone Carbon 4 ¥320,000-(税込)

カラーは上からオリーブグリーン、スモークブラック。

いかにもグラベルバイクっぽいアースカラーのオリーブグリーンかシックで落ち着きのあるスモークブラックか迷ってしまいますね。

個人的にはオリーブグリーン推し。

泥汚れが最高に似合いそうです。

 

Topstone Carbonと言えばキングピン。

先代のベアリング仕様から現行のキングピンはブッシュとなりました。

これによりメンテナンス性と重量面での改善がされています。

それと先代よりも動きも良くなっているとのこと。

 

標準のタイヤはクリアランス目一杯の45C。

ハードなグラベルでもガンガン突っ込んで行けそうです。

タイヤ幅は走りたい路面のコンディションや乗り方によって変えてあげましょう。

タイヤだけでもバイクのキャラクターは変化します。

ついでにチューブレスにしちゃうのもアリですね。

 

コンポーネントはGRX400。

油圧ディスクブレーキ、10速と最低限欲しいスペックは抑えられています。

カスタムベースにも最適です。

 

Topstone Carbon 4はスマートセンスが搭載されていない代わりにストラップラックが付いています。

付属のゴムバンドを使ってチューブや携帯工具などを収納可能。

ゴムバンドも長い物と短い物の2種類があるので、積載したい物の大きさによって調整可能です。

こんな機能的なところもカッコイイですね。

 

実は24年からの新色でオレンジが追加されました。

店頭にはございませんがこちらのカラーもまだご用意可能です。

在庫状況やサイズ選び等お気軽にキャノンデール横浜ベイサイドまでお問い合わせください!


2024.Mar. 11

絶賛開催中のキャノンデール無金利キャンペーン。

期間中に対象車体をお買い求めの際、分割手数料無料にてショッピングローンをご利用いただけます。

(最大お支払い回数は24回まで。)

開催期間は2月1日(木)~3月31日(日)までと、残り少なくなってきております。

このお得な機会にキャノンデールのバイクでスポーツバイクデビューしてみませんか?

 

対象車種は、Treadwellシリーズ・Quickシリーズ・Bad Boyシリーズの3モデルです。

対象モデルで店頭でご覧いただける車体の一部をご紹介いたします。

 

■Treadwell 3 ¥90,000-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月4,900円、以降月々3,700円

 

■Quick 3 ¥99,990-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月5,960円、以降月々4,100円

 

■Quick LTD ¥83,600-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月5,400円、以降月々3,400円

 

■Bad Boy 3 ¥110,000-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月6,500円、以降月々4,500円

 

店頭在庫車だけでなくお取り寄せや予約注文車体(お申し込みから6か月以内に納車可能な車体が対象)にも適用可能です。

今後入荷予定のモデルなどはスタッフまでお尋ねください。

素敵なサイクルライフをスタートさせるキャンペーンとして是非お役立て下さい!


2024.Mar. 5

長い間出張中だったCompact Neoの試乗車が店頭にカムバックしました。

 

お陰様で発売以来大好評を頂いているCompact Neo。

店頭で接客に入る機会も非常に多いのですが、やはりe-bikeなので試乗をしてみたいという要望を頂くことが多いです。

それは当然の話で、トルクの強さは40Nmなんですよ~と言われてもピンとくるわけないですからね。

Compact Neoの乗車感が気になっているという方は是非今のうちにお試しあれ。

 

試乗車は催し物等の関係で不定期にいなくなることがございます。

ご試乗を希望の際は念のため来店予定日をご連絡頂けると確実です。

今の所3月中は常駐する予定となっています。

 

皆様のご来店お待ちしております!