バイク

BIKE


2020.Mar. 23

今年度のグラベルバイク界の話題を独占したバイクと言えばTOPSTONE CARBONをおいて他にありません!軽快な走行感とシルキーな乗り心地、オフロードでのトラクション性能はこのバイクならでは。

 

近年盛んになっているグラベル系レースでも実績を挙げ続けていることからレーシングバイクとして一線級の性能であることは言うまでもありませんが、グラベルバイクらしく自由にのんびり走っても楽しい自転車です。

 

そんなTOPSTONE CARBONですが、人気の高いブラックパールカラーの105完成車がついにメーカー完売となってしまいました。

 

 

相方のクイックサンドも人気なんですが、完売となったのはコチラが先でしたね。単なるグロスのブラックではなく、よく見ると細かいパールが入っていたり、遠目にはホワイトに見えるキャノンデールロゴも実はシルバーだったりと、近くで見るとかなり印象の変わるバイクです。

 

当店ではXSサイズとSサイズをそれぞれ1台づつご用意可能。

 

そんなわけで貴重なXSサイズとSサイズのブラックパール。悩んでいる方は早めのご検討をお勧めします。

店頭にはSサイズの試乗車もご用意していますので、乗り味の確認やサイズ感の参考にしてみて下さい。

 

 

ちなみにですが、人気を二部するクイックサンドカラーについては今の所全サイズご用意可能です。

とはいえサイズによっては残り僅かな感じですので、確保しておきたい方はお早めに。

 

また、フラッグシップであるFORCE eTap完成車もSサイズ一台のみご用意できます!Force eTap AXS、Hollowgramカーボンホイール、SAVE Systemハンドルなどが入ってこの価格はお値打ち。サイズが合う方はいかがでしょうか。

 

■2020 TOPSTONE CARBON

105・・・¥275,000 (税抜)

FORCE eTap・・・・¥590,000 (税抜)

 

ただいまアンダー25キャンペーン開催中!

詳しくはこちら!


2020.Mar. 21

当店オリジナル仕様のCAAD12 COLORS完成車をご用意しました!

本日はその細部をご紹介したいと思います。

 

メインコンポーネントにはサイクリストの永遠の憧れカンパニョーロのCHORUS 11sを使用しました。

11sのCHORUSはデッドストック品でかなり貴重なものです。

トレンドに左右されないデザインで、現行のものよりこちらの方が見た目が好きという方は多いのではないでしょうか。

 

機能性から言っても、ワンレバーワンアクションの明快な操作性、握りやすいブラケット形状、コントローラビリティに重点を置いたブレーキなど、他社にない特徴を多く備えています。

使ったことがあるというだけでエンスーな自転車通を自負できるブランドというのもカンパニョーロくらいではないでしょうか。

そう言った意味でも一度はカンパを使ってみて損はありません。

 

ホイールはMAVICのCOSMIC ELITE UST。

ミディアムプロファイルのアルミリムというカテゴリの中ではアップグレードの定番です。

KSYRIUMよりもちょっと高いリムハイトがルックスに迫力を添えています。

MAVICは軽さに病的にこだわるブランドではなく、ほんのちょっと重い代わりにカタログスペックに現れない優秀さを多く備えたホイールを作ります。

COSMIC ELITEもそんなホイールで、重量こそ前後で1770gと競合に見劣りしますが、その分クルージング性能やタフさは同価格帯でも屈指の物です。

 

加えてこのCOSMIC ELITEはUST仕様となっており、チューブレス対応のタイヤが標準で付属しています。

ここ1,2年で一気に拡大したチューブレスですが、一度味わうとクリンチャーには戻りがたい魅力があります。

アルミフレームのカーボンに及ばない乗り心地をチューブレスが良い感じにカバーしてくれるのでおすすめです。

 

サドルはFizikのALIANTE VS。

スタンダードなALIANTEよりもパッド量を増やし、中央に溝を設けたコンフォートモデルです。

シートポストはSYNAPSEなどでおなじみのSAVE CARBONシートポストを標準装備。

 

ハンドルはキャノンデールのC1ウルトラライトハンドルバー。

ステムはTNIのHELLIUMステム。

どちらもカーボンに匹敵する軽量アルミパーツとして名を馳せています。

 

これら魅力的なパーツをアッセンブルした結果、完成車重量はなんと7キロ前半を達成しました。

ワイヤー/バーテープ抜きの重量ですが、それを入れてもプラス200~300gくらいですね。

先述の通りホイールはけして軽量ではありません。それでもこの重量に収まるのは、さすがCAAD12といったところ。

ディスク全盛時代が訪れつつある昨今ですが、リムブレーキにもまだまだ魅力があるという一例です。

 

そんなわけでSAECOやLIQUIGASなど往年のチームバイクをイメージしたパーツで組み上げたオリジナルCAAD12COLORS、いかがでしょうか。

トータル税抜価格42万円のところ、【SPECIAL PRICE!お問い合わせください】でのご提供となります。

今回はSAECOをイメージした「レースレッド/キャノンデールイエロー」のフレームで見本を作りましたが、在庫している他のCAAD12 COLORSをこの仕様でご提供する事も可能です。(パーツストックが無い為1台限りとなります)

在庫のCAAD12 COLORSについては下記記事をご覧ください。

諦めるのは早い?CAAD12 COLORS まだあります!

 

【CAAD12 COLORS BAYSIDE ORIGINAL】

ホイール Mavic Cosmic Elite UST

タイヤ Mavic Yksion Pro UST 25c 

クランク Campagnolo CX PT 172.5 50/34

ボトムブラケット Campagnolo OS-FIT CUPS PT

チェーン Campagnolo Chorus 11s

カセット Campagnolo Centaur 11t-29t

FD Campagnolo Chorus

RD Campagnolo Chorus

ブレーキレバー/シフター Campagnolo Chorus ErgoPower

ハンドルバー Cannondale C1  Road Handlebar 400 or 420

バーテープ  Fabric Knurl Tape

ステム TNI Hellium 90mm

ブレーキ Campagnolo Chorus 11s

サドル Fizik Aliante VS Kium

シートポスト Cannondale Save Carbon


2020.Mar. 17

2000年に初代Bad Boyがリリースされて以来、Canonndaleの個性的なコミューターバイクとして定着してきたBad Boyシリーズ。ヘッドショックを装備したモデルやホイールサイズも様々なパターンが発売され、現在はキャノンデールのアイデンティティであるレフティフォークにトレンドの27.5インチのホイールという姿となっています。

 

また当初よりフレームカラーはマットブラックで統一され、フォークやホイール等パーツ類まで全てブラックでまとめられています。

しかし過去には例外もありました。

 

 

2009年のBAD BOY SOLOのWHITE EDITIONというモデル。真逆の真っ白なフレームにリムも白!ワルさがまるでありません。日本限定のカラーでした。

 

こちらは2010年のBad Boy。アルミ地にクリアのみのRAWカラーがクールです。キャノンデール=アルミという印象からか、RAWがよく似合います。

 

 

またこちら、国内には入って来なかったようですがフルサスのBAD BOY。というより、フルサスMTBであるJEKYLLのBAD BOYバージョン。2001~2003年頃のBAD BOY JEKYLLというモデル名だそうです。

 

BAD BOYのコンセプトは、クロスカントリーMTBの選手がオンロードでのトレーニングのため26インチのMTBに700Cのホイール+ロード用のタイヤを履かせて走っていたところからきているという話もあります。

 

■Bad Boy 1 ¥190,000-(税別)

さて、2020年もBad BoyのフラッグシップモデルであるBad Boy1。実はBad Boyのフレームにもグレードがあり、Bad Boy1にはC1というグレードのアルミが使われています。同じくC1アルミで製造されているキャノンデール製ハンドルやステムの軽量さをご存じの方は多いのではないでしょうか。

 

またBad Boy1のみフレームの形状も違い、ヘッドチューブ周りの溶接やダウンチューブの形状などが異なる手の込んだフレームとなっています。ホイールサイズはクロスバイクに多い700Cではなく少し小さい650B。そこに太めの40cタイヤを履かせ、多少荒い路面での走破性と軽快なハンドリングを両立しています。

 

もちろんブレーキは油圧ディスクとなり、天候が変化しても制動力は変わりません。機械式のディスクブレーキに比べレバータッチが良く、メンテナンスの頻度は少なくなります。

 

 

Bad Boy1・2にはフロントフォークとシートポストにライトを内蔵しています。どちらもUSBポートで充電が可能です。フロントフォークのライトは路面を照らすほどではないので別途前照灯が必要ですが、ラインで光るライトが非常にカッコいい!リアライトは比較的派手に光ってくれますので視認性は十分です。

 

トップチューブのサイドには傷防止のラバーバンパーが装着されており、さらにそのバンパーは反射材となっています。全身ブラックの車体ですのでライト以外にも夜間の視認性を高めてくれる装備があるのは重要です。

そして、Bad Boy1の最大の特徴であるベルトドライブと8速のハブ内装変速。ベルトはチェーンと違い定期的な注油は不要、またペダリング時はほぼ無音となります。

 

ベルトを製造しているのはgates CARBON DRIVEという自転車用のベルトドライブ専門のメーカーで、ドラッグレースに使われる高出力なマシンに使用するベルトをベースに開発をしています。非常に耐久性が高く、ベルトの伸びも少ないのでメンテナンスの頻度は圧倒的に少なくなります。変速はハブ内装ですので停車時でもギアの変速が可能です。

 

究極のアーバンバイクとして地位を確立したBad Boy。フラッグシップのBad Boy 1は街乗りのしやすさに加え、メンテナンス頻度も最小限で済むまさにアーバンレジェンド。

まとめますと、

・前後ライト内蔵と反射材入りバンパーによる高い視認性

・油圧ディスクブレーキの如何なる状況でも発揮する制動力

・650Bに40cのタイヤで軽快かつ安心感のある足回り

・内装変速なのでどのタイミングでも変速可

・ベルトドライブの耐久性と静粛性、メンテフリー

・オールブラックに片持ちフロントフォークの抜群のルックス

 

ということで、街乗り適した最高のバイクと言えるのではないでしょうか。Bad Boyの中でもBad Boy1は人と被ることが少なく、見る人が見ればアッと言わせることが出来る激シブの高級バイクです。この春はBad Boy1で人と差をつけませんか?

 

関連記事

春の新生活に!BAD BOY2揃っています


2020.Mar. 15

QUICK NEOの電動アシストユニットにはBOSCH製の物が採用されています。さながらebike戦国時代の様相を呈してきた昨今ですが、自社でのオリジナルユニットを制作するメーカーというのはほとんどなく、シマノかBOSCHどちらかを採用するメーカーが増えてきているようです。特に欧米ではBOSCHのシェアが高い様子。

 

自転車乗りでシマノのことを知らない人はいないと思いますが、BOSCHについてはどうでしょうか。世界有数の大企業であるBOSCHのことをこんなブログで解説するのは恐縮ですが、今日はBOSCHとそのユニットの話を書いて行きたいと思います。

 

BOSCHはドイツの企業で、本社はシュツットガルトという都市にあります。シュツットガルトといえば車好きにはピンとくる地名ですね。そう、ポルシェの本社がある場所です。

 

そんな都市に本社を構えるだけあって(?)BOSCHの主要な業務は自動車部品の製造です。その年間売上高は9兆円以上で、世界最大の自動車機器サプライヤーの座を長年キープしています。同郷のポルシェやBMW、アウディなどはもちろんのこと、多くの欧米車や日本車にもボッシュ製品が組み込まれており、精密かつ高性能な製品は車好きから厚い信頼を得ています。

 

自動車関連以外にも産業機器や建築機器、家電などの分野でもBOSCHは大手として名を馳せています。中でも電動工具はエンドユーザーにとって最も馴染み深いBOSCH製品かもしれませんね。当店でもインパクトドライバーはBOSCHの製品を使用しています。

 

このように様々な製品を手掛けるBOSCHですが、ebike関連に着手したのは2009年のこと。海外でebikeが一気に盛んになったのもここ10年の話なので、ebikeの隆盛はBOSCHの歩みと共にあったと言えるかもしれません。

 

BOSCHがリリースする国内用のドライブユニットは2種類あります。一つはeMTB向けのPerfomance Line CXというユニット。非常にパワフルで、急な登坂にも対応できる出力があります。また、テクニカルなオフロードでの繊細な操作が可能なeMTB向けのモード選択が可能です。

 

もう一つがActive Line Plusというユニット。Perfomance Line CXよりもフラットなトルク特性でサイクリング用途に適しています。また静音性に優れているのも特徴です。QUICK NEOに搭載されているのはこちらのユニットとなります。

 

バッテリーについても内装・外装や容量違いでいくつかの種類があります。QUICK NEOに使われているのはPowerTube 500という製品で、ebike界でも有数のWh(ワット/時)指数を誇る大容量バッテリーです。エコモードで160km以上というQUICK NEOの長大な航続距離はこのバッテリーを採用していることによるものです。

 

PowerTube 500のゼロからの満充電に必要な時間は4時間半。2年間の保証が付いており、寿命の目安となる充電回数は700回。これは700回しか充電できないという意味ではなく、0-100充電に相当する充電量700回分という意味。

 

リチウムイオン電池の例に漏れず、満充電もしくは完全放電状態で保管したり、高温の環境に晒されたりするとバッテリーの劣化が促進されるので注意が必要です。これらによる劣化の方が充電を繰り返すことによる劣化よりも度合いが大きいのだとか。

 

ドライブユニットのアシスト感はメーカーによってさまざま。アシストオン/アシストオフの切り替わりがシームレスでナチュラルであることを良しとするメーカーもあれば、モアパワーなアシストを重視するメーカーもあります。どちらが優れているというわけではなく、ライダーの好みの問題です。

 

BOSCHに関して言えば、レスポンスの良さとトルク感の強さを重視したチューンになっています。ebikeに慣れてきたライダーはレスポンスの良さを求めるようになるため、その点に関しては特に重視しているとのことです。

 

乗った感想ですが、ペダルに力を入れた瞬間からほとんどラグなしでアシストが始まります。トルクの湧き上がりも非常に豊かで、ターボモードだとあっという間に巡航速度に達します。もちろん時速24kmでアシストは切れるのですが、勢いがついているのでそこから時速30km以上に持っていくのは全く苦になりません。

30km巡航も十分可能ですが、これはQUICK NEOのジオメトリの優秀さによるものでしょう。

 

BOSCHのユニットはアシスト感が強く、いかにもebikeに乗っているという爽快感があってとても楽しかったです。この感覚は病みつきになります。アフターサポートが非常に充実しているのもありがたいですね。

ebikeはアシストユニットのメーカーで選ぶ、そんな時代が既に来ているのかもしれません。

 

関連記事

e-Bikeで楽ちん自転車ライフを!QUICK NEO好評販売中


2020.Mar. 8

EFプロサイクリングチームレプリカのEVO Hi-Modフレームセット51サイズが入荷しました!

今回の入荷が最終便。既にメーカー在庫は44以外の全サイズが完売となっています。

いよいよこのフレームもこれが見納めでしょうか。

 

“cycrowiredより引用”

既にEFの選手たちは次なるチームカラーのフレームを支給されており、来年のカタログに載るのはこのカラーとなるでしょう。

もちろんこのデザインもカッコいいです。

しかし、趣味嗜好は十人十色。今のグラデーションに惚れている方も決して少なくはないと思います。

 

そう言った方には今回入荷してきたフレームが正真正銘最後の機会となります。

51サイズ1本のみとなりますが、サイズが合う方はどうぞお見逃しなく!

 

■SUPERSIX EVO Hi-MOD DISCフレームセット TEAM COLOR ¥460,000 (税抜) 51サイズ


2020.Mar. 1

今日から3月ということで、いよいよ春の気配が間近に感じられるようになってきました。世相は明るいとは言い難いですが、ペダルを漕いで世間の喧騒を束の間忘れましょう。そんなわけで春からの新生活におすすめなBAD BOY2のご紹介。

 

■2020 BAD BOY 2 ¥99,000 (税抜)

クロスバイク界のマスターピースともいえるBAD BOY。数あるクロスバイクの中でも最もクールな一台の一つです。普通のクロスバイクじゃ飽き足らない、粋な見た目で良く走って、人とは違うバイクに乗りたい!そんな欲求に応えてくれるのがキャノンデールのBAD BOY。

 

発売以来の伝統でフレームからパーツ類はほぼすべてブラックで統一。更に現行のモデルはキャノンデールMTBのアイデンティティである片持ちのレフティフロントフォークを装備しています。シルエットだけで車種がわかるクロスバイクというのも滅多にありません。

 

どのグレードを買うかで悩まれている方が多いですが、やっぱりレフティーフォークにLEDが内蔵されている2以上のグレードが人気ですね。2と3ではそれほどスペックの違いは大きくないんですが、このライトがあるだけでカッコよさが5割増しです。ぜひとも夜の都会でフォトジェニックな写真を撮りまくってください。

 

これから新たな移動手段として自転車をご検討されているのであれば、Bad Boyは非常に面白く、おすすめのバイクです。ただいまメーカー在庫は欠品中ですが、数台の在庫を確保していますのでお探しの方はぜひご来店下さい。

 

ただいまアンダー25キャンペーン開催中!

詳しくはこちら!


2020.Feb. 29

こんにちは、キャノンデール横浜ベイサイドです。今週は長らくの間欠品していた車体がどっさり入ってきており、その処理に追われていました。その中にはなんと、ずいぶん久々の入荷となる24インチのキッズバイクの姿が!本来の納期はもっと先のはずなんですが、ほんの少数だけ国内に入って来たようです。

 

どちらも24インチとしては非常にサドルを低くセットできるのが特徴です。一般的な24インチのキッズバイクは適応身長が130㎝前後からの物が多いですが、キャノンデールならもうちょっと低い身長のお子様でもお乗り頂ける可能性があります。サイズ確認などご希望の方はお気軽にお申し付けください。

■KIDS TRAIL 24″ ¥45,000-(税別)

クリスマス前に少量入荷したものの、その翌日に完売となった人気モデルのTRAIL24。サスペンションやディスクブレーキなど、大人用に負けないマウンテンバイクスタイルのキッズバイクです。舗装路だけでは飽き足らないお子様に!

 

■KIDS QUICK 24″ ¥42,000-(税別)

24インチでクロスバイクのモデルがこのKIDS QUICK 24。写真はピンクっぽい映りですが、実際のフレームカラーはオレンジ寄りの赤です。フロントフォークはあえてのサスなし、そこに若干幅細なタイヤを装備。おかげでかなり軽量な仕上がりとなっています。

 

フリー在庫はどちらも1台のみ。非常に多くのお問い合わせを頂いており、早いもの勝ちといった状態です。

次回の入荷は4月以降の予定ですが、コロナの影響で遅れることも考えられます。お子様の新学期に間に合わせたい方はお早目にどうぞ!


2020.Feb. 21

LEFTYフォークを装備したグラベルバイク。まさにキャノンデールスピリットを体現したモデルとして衝撃的なデビューを果たしたSLATEですが、2020年のラインナップからは姿を消してしまいました。オンロード・オフロード問わず遊べて、ライダーをどこへでも連れていってくれて、レーサージャージでビシっとトレイルを走っても、ジーンズでふらっと散歩しても、どんなシーンでも似合ってしまう。

 

どんなグラベルバイクよりもインパクトがあるこのモデルが無くなってしまったことを惜しんでいる方も多いはず。現品限りの貴重なSLATE、正真正銘これが最後の一台です!

 

cannondaleのアイデンティティであるLeftyフォークを装備。SLATEをSLATEたらしめているのはこのLeftyフォークの存在でしょう。トラベル量は30ミリ、アウターケースはカーボンですので見た目の重厚感とは異なり非常に軽量です。左肩のダイヤルでリバウンド調整とロックアウトのオンオフが可能。

 

非常に考えられたジオメトリーにより、特徴的なルックスに反して乗り味は意外とクセがなく、非常に乗りやすいです。

 

コンポーネントはSRAM・FORCEがフロントシングルでアッセンブルされています。ナローワイドチェーンリングはより軽量なダイレクトマウントのタイプとなります。

 

現在人気を博しているTOPSTONE CARBONが高速ツーリングバイク的な性格なのに対し、SLATEはよりアクションライド向きのグラベルバイクです。巡航速度や軽量さではTOPSTONE CARBONに見劣りしますが、より濃密にオフロードとの対話を楽しむならSLATEは最高の選択肢と言えるでしょう。

 

何よりもこのインパクトあるルックスはSLATEだけの特権。イノベイティブでぶっ飛んだプロダクツをリリースし続けてきた往年のキャノンデールの匂いが味わえる貴重なバイクです。

 

■SLATE FORCE 1 サイズ:L

¥390,000-(税別) → SPECIAL PRICE!お問い合わせください


2020.Feb. 10

皆さんお待ちかね、キャノンデール試乗会の開催が決定致しました!今回の催しは2020年ニューモデルの中でも評価の高い新型Supersix EVOだけを集めた試乗会となります。

 

第三世代となり、エアロという新たな武器を手に入れたSupersix EVO。コンパクトなリアトライアングルやカムテールを多用したチューブデザインなど、いかにもトレンド然としたスタイルに発表当初は賛否両論ありました。

 

しかし新型EVOが同じような見た目の凡百のバイクとは一線を画したパフォーマンスのバイクであることはご存じの通り。軽量、高剛性、快適さの高度なバランスという従来の特徴にエアロという新たな要素が加わり、まさに新時代の到来を感じさせる素晴らしい完成度のバイクが誕生しました。

 

各メディアでも絶賛されている新型EVO。その素晴らしさを知るには、インプレを読むよりも実際に乗ってみるのが一番!そんなわけで今回のSupersix EVO試乗会を企画しました。48から56まですべてのサイズをご用意しましたので、ご自身にベストなサイズ選びの参考にもして頂けると思います。

また、試乗会開催期間中に車体をご成約を頂いた方には豪華特典のご用意もございます。Supersix EVOをご検討の方は是非この機会に。

 

※ご試乗には身分証明書が必要となります。また、未成年の方は保護者の方の同意が必要となります。


2020.Feb. 9

暦の上では春になりましたが、とてもそうは思えないほど厳しい冷え込みが続いています。ライドが億劫になりがちなこの時期、愛車のオーバーホールはいかがでしょうか。

車体をリフレッシュさせたい! 納車時のようなバチッとしたブレーキタッチにしたい!サクサク決まる変速を味わいたいなど、細かな所まで清掃・点検・調整いたします。

 

普段のメンテナンスでは手の届きづらい回転部分、例えばBBやヘッド、プーリーなどの回転部分は定期的に見ておかないと手遅れな状況に陥っていることがございます。

走行距離や環境にもよりますが、1年から2年に一度はオーバーホールをおすすめしております。特に雨天での走行が多い方はお早めの施工をご検討ください。外見に問題が無くとも思ったより傷んでいます。

 

 

キャノンデール横浜ベイサイドでは随時車種を問わずオーバーホールを受け付けしております。他店で購入されたバイクでも大丈夫です。

オーバーホール後の車体のカチッとしたフィーリングは、新車に乗り換えた時の感覚を思い出させてくれ、気持ちよくライドを楽しめるようになりますよ。

 

〈作業内容説明〉

・車体お預かり前に車両の確認をおこない、作業手順、交換パーツの提案/見積もりをさせて頂きます。

・オーバーホール時にパーツアップグレードをされる場合、取付工賃は発生しないのでお得です。

・フルオーバーホールでは、お預かりした車体の部品類を全て取り外し、点検、分解、洗浄をおこないます。

・ワイヤー・バーテープは基本的には新品を使い組み付けをおこないます。

納期は大体ですが2週間程となります。

そしてROADだけではございません。MTBもバッチリお任せ下さい!!

MTBの場合はフルサスのピボット部や、前後サスペンションのメンテナンス分が上記基本工賃にプラスとなりますのでご注意ください。

もちろんご愛用のLEFTYフォークも!

車体のメンテナンスと平行してCANNONDALE JAPANにてオーバーホールを実施。

※年式、モデルによってはサービスが終了したモデルもありますのでご了承ください。

 

交換するパーツ、アップグレードするパーツ、お見積もり等ご相談承ります。

まずはスタッフまでお気軽にお問い合わせください。