バイク

BIKE


2019.Feb. 18

クラス最高の軽さ、明るく安全性の高い反射素材を使ったグラフィック。スムーズで安定感のある乗り心地。

2019年モデルよりフルモデルチェンジを果たし新しく生まれ変わったQUICKは、スピーディーで、楽しくフィットネスをしたり、街を走り回るために最適な一台です。

キャノンデール横浜ベイサイドではQUICK DISC 4をフルカラーラインナップして在庫しております。

フレームは頑丈で軽量なアルミ製。フロントフォークはカーボン製で重量も軽減されています。

十分な3×9変速に加えタッチの軽い油圧ディスクブレーキを装備。天候をものともせず安心してライドを楽しめます。

走行性能と制動力が高いというのはレースバイクだけに必要なことではありません。様々な状況下に置かれる街中でのライドが中心となるクロスバイクこそ軽視してはいけない部分であり、逆に言えばよりバイクライフが楽しいものになるのは間違いありません。

CAAD12など最高峰アルミロードバイクでも使用されている技術をふんだんに用いることで快適性、安定感が高い。

そして軽さ。重量が軽いことはペダルを漕いで軽いだけでなく、家の中に入れる時も軽いです。日常的にスポーツバイクを長く楽しむためには見落としがちですが非常に大切なことですね。

クリーンなホワイト、キャノンデールらしいグリーン、ビビットなレッド、渋いグラファイトの4カラー展開。サイズは僕達スタッフにご相談いただくとして、あなたのライフスタイルに一番合うカラーリングをお選びください。フレームカラーに合わせてパーツをコーディネートするのも面白そうですね。

 

2019 QUICK DISC 4 ¥75,000-(税抜)

 

生まれ変わったQUICKでバイクのある新しい生活を始めて下さい。

 


2019.Feb. 12

独特なフォルムとコンセプトで話題のSLATE FORCE 1を2月末まで試乗していただけます!

片持ちフォークでドロップバーってどんなフィーリングなのか、650Bのホイールサイズで42Cのタイヤだとどんな乗り心地なのか、などSLATEほど乗ってみないと走りを想像できないバイクは他に無いのではないでしょうか。欲しいけど想像と全然違うフィーリングだったらどうしよう・・・という方、この機会にSLATEを体感してみてください。

ちなみに私も何度か乗らせてもらいましたが、まずレフティのフロントサスとドロップバーの組み合わせの違和感は感じませんでした。30ミリという絶妙なサスストロークと、ダブルクラウンで1.5インチのステアリングコラムのヘッド周りの剛性の高さのおかげで不安感がありません。

またBBハイトがロードバイク並みに低いので腰高感もなく、ロードバイクに慣れ親しんだ方でもスムーズに乗れるはずです。

700Cでなく650Bというホイールサイズですが、700Cに比べ軽やかに走りたいラインを変更できるので”遊べる”バイク感がとっても伝わってきます。

タイヤをもう少し太いセミスリックを履かせたらどうなのか、ショートストロークのドロッパーポストにしたらもっと遊べるんじゃないか、など走りながら想像がいくらでも広がっていく楽しみもあります。

 

ご試乗の際は顔写真付きの身分証明書をお持ちいただければどなたでも試乗していただけます。未成年の方は保護者の方の同意が必要となりますのでご了承ください。

ちなみに当店では、SLATE FORCE 1 Lサイズの店頭在庫がございます。このLサイズは早くもメーカー完売となっているので、お探しの方はお早めにご検討ください。

 

現在キャノンデール横浜ベイサイドでは、無金利での分割払いキャンペーン&用品プレゼントキャンペーンを実施しております。

 


2019.Feb. 9

とんでもなくカッコいい1台を組んでしまいました。いつもお世話になっております。キャノンデール横浜ベイサイドです。

グラベルに留まらず、拡張性の高さからあらゆるアドベンチャーライドに万能なcannondale Topstone。

フラットバー化によりさらにスタイルのあるバイクに化けました。

イメージはこんな感じ。シクロクロスやグラベルのレースでフラットバー化したバイクで走っているライダーのスタイルたるや。イケてます。

ドロップハンドルよりも操作性が高まり、よりハードなライディングを可能にするのはもちろん、気軽に乗りやすいと言うところもポイントです。

Topstone元来のバイクパッキング要素の高い積載能力を生かしてフレームバッグやハンドルバーバッグなどを付けるのも非常にオススメ。

手ぶらでTシャツでさらっと乗っていただきたいです。

控えめに書いていますが、組んだ僕らがこのバイクに惚れ込んでいます。ちょっとカッコよすぎるじゃないですか。

 

ハンドル周り以外はTopstone SORA純正パーツですので価格も控えめ。通勤用+@の面白いバイクを探しているという方にはこれ以上ないのではないでしょうか。

店頭でご覧いただけますので、また寒さが戻ってきてしまいましたが、キャノンデール横浜ベイサイドでお待ちしております。

 

Topstone SORA cannondale yokohama bayside custom ¥135,130-(税抜)

 


2019.Feb. 8

キャノンデールは、これまで独創的で革新的なバイクを創り続けてきました。そんなバイクに魅了されたサイクリストが世界中にいます。これまでキャノンデールはあなたの欲望を叶えるために、たくさんのイノベーションを産み出してきました。

時代は変わり、新たなバイクが誕生します。これからはキャノンデールに乗るだけではない。「あなただけのキャノンデール」に跨ることができるのです。

CANNONDALE CUSTOM LABがパーフェクトな「あなただけの1台」を創り出します。

お好みのカラー&グラフィック、パーツ、サイズ、そしてあなたの名前の入ったパーフェクトな1台が手に入るのです。

ベースとなるフレームはキャノンデールの旗艦SUPERSIX EVO Hi-MOD。シンプルなフレーム造形だけにカラーリングで印象の全く異なるバイクへと変身します。

まずはフレームカラーのベースとなるグラフィックデザインを選びます。

そしてフレームカラーを選んでいくのですが、あまりに選択肢が自由過ぎて決められないと言う方も多いです。

そんな方にはショールーム。先人たちがデザインしてきたSUPERSIX EVOを余すところなくチェックする事ができます。好みのデザインがあれば、例えばロゴの色だけ変えてあげたりなどアレンジのベースとするのも面白いのではないでしょうか。

ちなみにトップページには当店で組ませていただいた福田萌子さんがデザインしたバイクスペックもチェックする事が出来ます。

振り返るとちょうど2年前ご納車させていただいたようですね。仕上がったバイクにものすごい高いテンションで喜んで頂いたのが印象的でした。

新車はそれだけで気分を高揚させるものですが、それがオンリーワンのバイクとなるとやはり次元が違います。

まずはWEBでいくつかアナタ色のSUPERSIX EVOを作ってみてください。

https://build.cannondalecustomlab.com/

 

 


2019.Feb. 3

今期、注目度の高いThe SE Collection。SYNAPSE、SLATE、TOPSTONEとともにラインナップされているのがこのCAAD X。

ロードバイクで走る、と言う事について新しい道を切りひらくという観点からパーツアッセンブルされたコレクションです。オンロードだけではなくオフロードでの走破性の高さを合わせ持つキャパシティーの広さが特徴です。

そんなThe SE Collectionに唯一シクロクロスカテゴリーから選ばれているのがCAADX Tiagra SEです。

「シクロクロスレースバイク」というよりも「汎用性の高いアドベンチャーバイク」といった方がこのCAADX Tiagra SEを正しく言い表していると思います。すでにロードバイクをお持ちの方には全く新しいルートを走れる楽しさを感じていただけるはずです。

最近はレースバイクでもプレーンなカラーリングが人気ですが、オンでもオフでもカジュアルな装いでも似合うようなカラーリングのバイク。Graphiteという渋めのメタリックグレーとでもいいましょうか。いい色です。

スペックされるコンポーネントは名前の通りSHIMANO Tiagra。信頼性の高い10sコンポーネントです。

ブレーキはSHIMANO製ではありませんが、Promaxのワイヤー式両側からパッドがローターを挟み込むタイプですので満足度は高いと思います。ローター系は前後160mmで制動力も高いです。ちなみにいわゆるディスクロードは、前後かリアのみかはバイクやライダーによって異なりますが、140mmを使う事が多いです。

サドルも評価の高いfabric Scoop Radiusがアッセンブルされています。

タイヤもシクロクロス車らしいブロックパターン、と言いたい所なのですがちょっと違っていまして、ここがCAADX Tiagra SEの特徴的なところでもあります。

通常シクロクロスでは33cの幅のタイヤを使用します。特にJCF、日本自転車競技連盟開催の競技ではレギュレーションとして決められています。が、このCAADX Tiagra SEには37cが装備されています。そう、いわゆるシクロ車よりも太いのです。

つまりどういうことかと言うと、このバイクの一番の開発目的が「レース」ではないということ。レースバイクであるCANNONDALEのSuperXには33cのタイヤが装備されています。レースよりもむしろ週末のアドベンチャー、そして普段は万能のコミューターバイクとして町乗りにも使ってもらいたい!というのがCANNONDALEの考えるCAADX Tiagra SEではないかと考えるのです。

実際にCAAD Xにはキャリアやフェンダーなどが取付けられるようにダボ穴がたくさん用意されています。ハンドリングもレースバイクほどクイックではありません。

話を37cのタイヤに戻すと、やはりエアボリュームが大きいメリットで乗り心地もよく、グラベルなど幅広いシーンで活躍してくれます。もちろん町乗りでも横浜周辺はアスファルトの荒れている箇所も多いのでこのタイヤは有用です。

 

ただし、レースで使えない訳ではありませんし、むしろガンガン使ってもらいたいと思っています。JCFのルールが関係ないシクロクロスイベントも多く開催されていますし、いわゆるロードバイクのレースよりもアットホーム感の高いイベントが多いです。有名なところだとバイクロアなど。JCFやUCIルールが適用される場合にはタイヤを変えればいいだけです。

自転車で思いっきり走るのはものすごい楽しいですし、それがアスファルトではなく芝や泥の上ですとちょっと転んだ時のケガのリスクもかなり低くなります。

まずはバイクに慣れるためにも普段から使っていただき、いつかはシクロクロスデビューなんて楽しいじゃないですか!ぜひレースデビューにもCAAD Xで走ってみていただきたいです。

 

CAADX Tiagra SE ¥140,000-(税抜)

 

SYNAPSEやTOPSETONEと並べて、どれがいいのかと悩みに悩んでご相談いただくお客様が非常に多いです。スタッフにそのお悩み聞かせて頂ければライフスタイルに合う一台がご提案できるかと思います。The SE Collection、なるべく展示するようにしております。店頭でご覧ください。


2019.Jan. 27

まだわずかですが2018年モデルのお買い得なバイクのご用意がございます。

今日ご紹介するのはCAAD12、そしてSUPERSIX EVOのアルテグラグレード。

高い精度で信頼の高いSHIMANO ULTEGRA R8000を装備したモデルです。ULTEGRAは今期モデルチェンジがありませんので、まさに年度が変わっただけなのにクリアランス価格になっているというお買い得なモデルです。

まずご紹介するのは漆黒のブラックを身にまとった最高のアルミロードバイクCAAD12 ULTEGRA。ブラックのフレームにブラックのロゴが入りフロントフォークはガンメタのような渋いカラーリング。合わせるパーツやウェアを選ばないというのもいい所です。

カーボンシートポスト、HollowGram Siクランク、スパイダーチェーンリング、MAVIC AKSIUMホイールなどこのまますぐレースに出られるくらいのスペックも非常に高い一台。

軽量で高剛性、快適性も高い稀有なアルミロードバイクCAAD12。ULTEGRAを装備してさらに隙の無い仕上がりになっています。

サイズは52が1台のみとなります。

2018 CAAD12 ULTEGRA ¥260,000-(税抜)⇒SPECIAL PRICE!!

 

続いてSUPERSIX EVO。カーボンのロードバイクの話題と言えばエアロロード一辺倒の昨今ですが、SUPERSIX EVOの軽さ、持った軽さもそうですが乗った際のバイクの挙動の軽さは多くのファンを引き付けてやみません。

もちろんただ軽いだけのバイクをキャノンデールは作りません。早く走る為のあらゆる要素を完全にバランスさせたのがこのSUPERSIX EVO。非常に高い加速力を持つのにフレームが硬すぎないので脚も残せる魔法のバイクです。

こちらもやはりアルテグラを装備。シートポストやクランクセットなど、上記CAAD12に比べるとパーツのグレードは少し劣りますが、その分カーボンフレームではありますがお求めやすい価格になっております。

こちらもサイズは52。ブラック・アッシュグレイ・ホワイトのモノトーンで彩られたフレームもクリーンで人気の高い一台です。

2018 SUPERSIX EVO ULTEGRA ¥270,000-(税抜)⇒SPECIAL PRICE!!

 

どちらのモデルも価格はWEBでは明かせませんがかなりお買い得になっております。すでにご来店いただいたお客様にもかなり気にして頂いています。サイズ・カラーが気に入って頂ければこの値段でこのバイクが買えることは多くありません。

 

キャノンデールのバイクはキャノンデールストアで。皆様のご来店お待ちしております。

 


2019.Jan. 22

クロスバイクと呼ばれるスポーティーなタイプのバイクとは全く違う、精悍なブラックで統一されたアーバンバイクのコレクション。

それがcannondaleの歴史が誇る都市型専用設計、BAD BOYシリーズです。

ただいま店頭ではBAD BOY 1 & BAD BOY 2がご覧いただけます。

ベルトドライブにALFINE内装変速と尖ったアッセンブルのBAD BOY 1。

MTBコンポーネントをベースとしたBAD BOY 2。

どちらも非常に人気の高いバイクです。

特にストリートでのアーバンライドに特化させているBAD BOY 1はミニマムなルックスだけでなくメンテナンス性も秀逸。オイルを必要としないベルトドライブにメンテナンスフリーの内装ハブ、レフティの存在感だけでなく明らかに普通じゃないパーツアッセンブルが魅力的な一台です。

フロントフォークとシートポストにはライトが仕込まれております。視認性の高いことが要求されるアーバンライドには欠かせない機能。ただしフロントに関しては照度が日本の交通基準に足りず前照灯としての機能は果たせないので別途ライトが必要です。

BAD BOY 1 にしても BAD BOY 2にしても雨の日やストップアンドゴーの多い街中で生きる油圧のディスクブレーキを装備。スペックにも妥協はありません。

 

初代BAD BOY から19年間、ブラッシュアップ・進化を続けてきたcannondaleの中でも愛され続けているバイク。

春に向けて自転車を探している方の答えのひとつになると思います。

 


2019.Jan. 19

話題沸騰中のキャノンデール初のエアロロード・SystemSixのお求めやすいモデルをご紹介します。

 

 

◆ SystemSix Carbon Ultegra

¥420,000-(税別)

SystemSix Carbon Ultegraはシマノ アルテグラをアッセンブルし、SystemSixの中で最も手の届きやすいモデルとなります。ディスクブレーキを装備したエアロロードで他メーカーと比べても非常にお買い得な一台です。

ヘッドチューブとコラムスペーサー、フロントフォークが一直線に並び一体感が際立ちます。フレームが最初に風を受ける部分ですので手の込んだ作りとなっています。

カムテールと翼断面を部分的に組み合わせてとても高い空力性能を持っており、他メーカーと比べ良い結果が出ているようです。速い人向けに見えるバイクですが、時速30km以下でもエアロロードの空力性能は効果があるようなので長距離のライドでもれなく恩恵を受けることができます。

ダウンチューブ・BB共にボリュームのある見た目をしており、剛性の高さを感じます。ただ、キャノンデールらしくリアバックは程よくしなやかで乗り心地の良さは健在です。縦・横の剛性はありつつロングライドでも疲労のたまりにくい絶妙な剛性バランスに調整されています。

ホイール固定部は前後共にスピードリリーススルーアクスルとなり、スルーアクスルを完全に引き抜かずにホイールの着脱が可能です。

SystemSix Carbon Ultegraでは専用のハンドルではなく一般的な内装ハンドルとなります。ご自分でメンテナンスされる方やハンドルを外して車体を運ぶ際に自由度が増します。

フロント、リアのブレーキホースはコラムスペーサー内を通過します。

サドルはプロロゴのショートノーズサドルを装備しています。

店頭に展示している車体のカラーリングは、今年イチ押しのVUG(ヴァルカングリーン)となります。エアロロードでこの大人びたグリーンはとても新鮮です。ロゴはネオンイエローですのでレーシーな雰囲気もしっかり残しています。

 

店頭に展示しておりますのでぜひご覧下さい。

 

ただいまキャノンデールベイサイドでは、無金利での分割払いキャンペーンを行っております。

SystemSixを買うならこのタイミングがベストです!


2019.Jan. 18

キャノンデールをお手軽に購入頂ける「 無金利 」の分割払いキャンペーンがはじまります。

お支払回数・購入方法も選べる期間限定特別ローン。最大36回までOK!!

キャノンデールのバイクをお得に購入できるチャンスです。

浮いた金利分でグレードアップしてみてはいかがでしょうか?

 

 

さらに、2019年モデルのバイクをご購入いただくと、

ご購入車体の金額に応じてキャノンデール / Fabricのアイテムをプレゼント!!

 

 

2019モデルのキャノンデールバイクをご購入頂くと、車体金額に応じて最大10,500円分の用品をプレゼント!

もちろん無金利ローンキャンペーンとの併用も可能です。

※こちらのキャンペーンは”2019年モデル”のみ対象となりますのでご注意下さい。

 

最新のキャノンデールをお得にお買い求め頂くチャンスです!

バイク、用品などのご相談は、東日本唯一のキャノンデールストア “キャノンデール横浜ベイサイド”まで!!

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 


2019.Jan. 7

キャノンデールを代表するアルミロード、2019 CAAD12 105を再度ご紹介します。

CAADシリーズは長きに渡りキャノンデールの看板的な立ち位置を守り続け、アルミフレームの歴史を変えてしまうほどの影響力を持つシリーズです。

CAADとは「Cannondale Advanced Aluminum Design」のイニシャルで、先進的な設計のアルミフレームであることを表しています。アシンメトリックで大径のBBシェル「BB30A」やシートステー・チェーンステーにつぶし加工を施し路面追従性を向上させる「SPEED SAVE マイクロサスペンション」等、独自の技術を盛り込んでいるのがCAAD12。

 

軽さ・剛性・乗り心地がすべて備わった最高峰のアルミフレームであるCAAD12は、ロングライドやレース、ヒルクライムまで本当に様々なシチュエーションで性能を発揮してくれます。

乗っていて一番感じる点はというと、アルミフレームと思えぬ軽さ!漕ぎ出しやダンシングでの車体の振り、登りでの加速などいろいろな場面で軽さの持つメリットを体感できます。ここまで軽くてバランスの良いアルミフレームは他を探してもなかなか見つけられません。

今年も3つのカラーがラインナップされておりますのでご紹介致します。

 

◆ CAAD12 105

¥190,000-(税別)

新型のシマノ105が搭載された2019年のCAAD12 105。

新型105はシフターが細くなり、ブラケットフードの滑り止めパターンもDURA-ACEに近くなったため握り心地がとても良くなりました。

こちらはDeep Purpleというキャノンデールに今まで無かったカラーリング。メタリックパープルの発色が非常に良く、今季イチオシのカラーリングです。

 

Graphiteというこのカラーは当店で一番人気のカラーリング。真横からでは見えないイエローのラインが良いですね。

 

こちらはCashmereというカラーで、半ツヤのホワイトとなります。質感がとても綺麗で高級感が感じられます。完全なつや消しでは無く半ツヤなので、汚れが落ちやすいのがありがたいところです。

レプリカカラーのグリーンが無いのは残念ですが、個性際立つ3色ですのでどれにしようか迷ってしまいます。

それぞれサイズは違いますが、3台とも店頭に展示しております。ご来店いただき実際にご覧ください。