BIKE


Supersix EVOのタイヤクリアランスについて

2021.Mar. 6

先日海外ニュースサイトでEFエデュケーションNIPPOのラクラン・モートン選手がとあるグラベルレースに出場したという記事を見たのですが、その時のバイクチョイスに心底驚かされました。

 

cycling news.comより

 

なんとTopstone Carbonではなく、Supersix EVOでの出場。それに33cのブロックタイヤ(しかもクリンチャー!)をインストール。100kmを超えるグラベルを高速で駆け抜けるためとのことですが、まさしく八方破れと言えるセッティングです。

 

しかしまあ、太めのブロックタイヤを履いたEVOは今まで見たことのないカッコよさですね。エベレスティングを始めとしたさまざまなチャレンジで世をにぎわせてきたモートンらしいバイクではないでしょうか。

 

さて、ここで疑問に思うのはディスクブレーキEVOのタイヤクリアランスって30mmまでじゃないの?ということです。去年のカタログにはそう載っていますし「Supersix EVO タイヤ幅」などのキーワードで検索してもそのように書かれていることが多いですね。しかしモートンのバイクにはそれより明らかに太いタイヤが入っている。どういうことでしょうか?

 

事実を検証するべく自分のEVOをチェック。

自分は28cのTLタイヤを使っているのですが、ホログラムKNOT45ホイールのリム幅と経年によってタイヤの実測幅は32mmになっていました。

(ちょっとショックです。)

 

そしてチェーンステーとタイヤのクリアランスがこれくらいでした。

写真で見ると割ときつそうですが、測ってみるとこれでも6mmくらいのクリアランスがあります。

これなら確かに・・・

 

参加予定だったレースやイベントが中止になってしまった・・・なんてことも良く聞く昨今。

モートンほど攻めなくていいと思いますが、こういう時は太めのタイヤでまったりロングライドを楽しむのもおすすめです。

意外と自分のバイクの新たな魅力に気付くチャンスかもしれませんよ!

 

タイヤの幅は銘柄やリム幅によっても大きく異なってきます。それらを含めた安全マージンが30mmということなのでしょう。

メーカーの推奨値を念頭に置きつつ、思い思いのサイクリングライフを送ってください!

 

~当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 

2月1日より当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。



SHOP INFORMATION

所在地
横浜市神奈川区栄町10-35 ザ・ヨコハマタワーズ サウスコート101-1
電話番号
045-451-1211
メールアドレス
キャノンデール横浜ベイサイド店メールアドレスはこちら
営業時間
11:00~20:00
定休日
木曜日(祝日の場合は水曜日振替定休)
当面の間、第1・3水曜日は休業とさせて頂いております
電車
JR横浜駅北東口徒歩 10分
お車
ポートサイド地下駐車場[東出口 ]より徒歩2分!

※お車でお越しのお客様は、ポートサイド地下駐車場をご利用ください。

お買い上げ3000以上で1時間分の駐車場ご利用チケットをサービスいたします。

ご来店の際は必ず、駐車券をお持ちください。

キャノンデール横浜ベイサイドFACEBOOK

キャノンデール横浜ベイサイド スタッフ募集のお知らせ