バイク

BIKE


2019.Jan. 19

話題沸騰中のキャノンデール初のエアロロード・SystemSixのお求めやすいモデルをご紹介します。

 

 

◆ SystemSix Carbon Ultegra

¥420,000-(税別)

SystemSix Carbon Ultegraはシマノ アルテグラをアッセンブルし、SystemSixの中で最も手の届きやすいモデルとなります。ディスクブレーキを装備したエアロロードで他メーカーと比べても非常にお買い得な一台です。

ヘッドチューブとコラムスペーサー、フロントフォークが一直線に並び一体感が際立ちます。フレームが最初に風を受ける部分ですので手の込んだ作りとなっています。

カムテールと翼断面を部分的に組み合わせてとても高い空力性能を持っており、他メーカーと比べ良い結果が出ているようです。速い人向けに見えるバイクですが、時速30km以下でもエアロロードの空力性能は効果があるようなので長距離のライドでもれなく恩恵を受けることができます。

ダウンチューブ・BB共にボリュームのある見た目をしており、剛性の高さを感じます。ただ、キャノンデールらしくリアバックは程よくしなやかで乗り心地の良さは健在です。縦・横の剛性はありつつロングライドでも疲労のたまりにくい絶妙な剛性バランスに調整されています。

ホイール固定部は前後共にスピードリリーススルーアクスルとなり、スルーアクスルを完全に引き抜かずにホイールの着脱が可能です。

SystemSix Carbon Ultegraでは専用のハンドルではなく一般的な内装ハンドルとなります。ご自分でメンテナンスされる方やハンドルを外して車体を運ぶ際に自由度が増します。

フロント、リアのブレーキホースはコラムスペーサー内を通過します。

サドルはプロロゴのショートノーズサドルを装備しています。

店頭に展示している車体のカラーリングは、今年イチ押しのVUG(ヴァルカングリーン)となります。エアロロードでこの大人びたグリーンはとても新鮮です。ロゴはネオンイエローですのでレーシーな雰囲気もしっかり残しています。

 

店頭に展示しておりますのでぜひご覧下さい。

 

ただいまキャノンデールベイサイドでは、無金利での分割払いキャンペーンを行っております。

SystemSixを買うならこのタイミングがベストです!


2019.Jan. 18

キャノンデールをお手軽に購入頂ける「 無金利 」の分割払いキャンペーンがはじまります。

お支払回数・購入方法も選べる期間限定特別ローン。最大36回までOK!!

キャノンデールのバイクをお得に購入できるチャンスです。

浮いた金利分でグレードアップしてみてはいかがでしょうか?

 

 

さらに、2019年モデルのバイクをご購入いただくと、

ご購入車体の金額に応じてキャノンデール / Fabricのアイテムをプレゼント!!

 

 

2019モデルのキャノンデールバイクをご購入頂くと、車体金額に応じて最大10,500円分の用品をプレゼント!

もちろん無金利ローンキャンペーンとの併用も可能です。

※こちらのキャンペーンは”2019年モデル”のみ対象となりますのでご注意下さい。

 

最新のキャノンデールをお得にお買い求め頂くチャンスです!

バイク、用品などのご相談は、東日本唯一のキャノンデールストア “キャノンデール横浜ベイサイド”まで!!

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 


2019.Jan. 7

キャノンデールを代表するアルミロード、2019 CAAD12 105を再度ご紹介します。

CAADシリーズは長きに渡りキャノンデールの看板的な立ち位置を守り続け、アルミフレームの歴史を変えてしまうほどの影響力を持つシリーズです。

CAADとは「Cannondale Advanced Aluminum Design」のイニシャルで、先進的な設計のアルミフレームであることを表しています。アシンメトリックで大径のBBシェル「BB30A」やシートステー・チェーンステーにつぶし加工を施し路面追従性を向上させる「SPEED SAVE マイクロサスペンション」等、独自の技術を盛り込んでいるのがCAAD12。

 

軽さ・剛性・乗り心地がすべて備わった最高峰のアルミフレームであるCAAD12は、ロングライドやレース、ヒルクライムまで本当に様々なシチュエーションで性能を発揮してくれます。

乗っていて一番感じる点はというと、アルミフレームと思えぬ軽さ!漕ぎ出しやダンシングでの車体の振り、登りでの加速などいろいろな場面で軽さの持つメリットを体感できます。ここまで軽くてバランスの良いアルミフレームは他を探してもなかなか見つけられません。

今年も3つのカラーがラインナップされておりますのでご紹介致します。

 

◆ CAAD12 105

¥190,000-(税別)

新型のシマノ105が搭載された2019年のCAAD12 105。

新型105はシフターが細くなり、ブラケットフードの滑り止めパターンもDURA-ACEに近くなったため握り心地がとても良くなりました。

こちらはDeep Purpleというキャノンデールに今まで無かったカラーリング。メタリックパープルの発色が非常に良く、今季イチオシのカラーリングです。

 

Graphiteというこのカラーは当店で一番人気のカラーリング。真横からでは見えないイエローのラインが良いですね。

 

こちらはCashmereというカラーで、半ツヤのホワイトとなります。質感がとても綺麗で高級感が感じられます。完全なつや消しでは無く半ツヤなので、汚れが落ちやすいのがありがたいところです。

レプリカカラーのグリーンが無いのは残念ですが、個性際立つ3色ですのでどれにしようか迷ってしまいます。

それぞれサイズは違いますが、3台とも店頭に展示しております。ご来店いただき実際にご覧ください。


2018.Dec. 28

cannondaleでディスクロードといえば?今年度モデルではエアロのSystemsix、エンデュランスのSynapseが挙げられますが、最強のアルミロード・CAAD12にもあることを忘れてはいけません。軽さ・剛性・乗り心地をすべて備えたアルミロード、CAAD12にディスクブレーキが加われば真のオールラウンド・アルミロード言っても過言では無いでしょう。リムブレーキモデルでは到達できなかった新たなステージへといざなってくれるかもしれません。

ただ去年のモデルはホイールの固定方法が前後ともクイックリリースだったためもう少しパンチが欲しくなるスペックでしたが、今回ご紹介する2019年モデルでついにアップデードが加えられました。

◆ CAAD12 Disc 105

¥230,000-(税別)

メタリックな深いグリーンが特徴的な今年のCAAD12 Disc。SynapseのSE(スペシャルエディション)に通ずるものを感じます。

フロントフォークがスルーアクスルとなり、ディスクロードとしては最新の規格に。クイックリリースに比べ大幅に剛性が上がり、ディスクロードで懸念されるフォークの“よれ”が比べものにならないほど改善されます。リアは従来通りクイックリリースですが、フロントに比べ剛性不足は感じにくいので気になる方のほうが少ないと思います。

ブレーキ、変速周りのコンポーネントはシマノ R7000の105で統一されています。前後ともディレイラーの形状・仕様が変更され、リアスプロケットはロングケージでなくともロー側30Tまで装着が可能です。このCAAD12 Disc 105は目一杯の11-30Tのスプロケットがアッセンブルされており、走行範囲が広がります。

フレームカラーはバルカングリーンというカラーリング。そこにキャノンデールを象徴するライトグリーンのラインが入ります。ただ舗装路を速く走るためのバイクでは無いことを訴えかけてくるようなカラーリングが素敵です。

フロントがスルーアクスル化し、ディスクブレーキの恩恵をより多く感じ取れるようになったCAAD12 Disc 105は店頭に展示しておりますのでぜひその目でお確かめ下さい。ご来店お待ちしております。


2018.Dec. 27

2018年も終わりを迎えようとしている今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

キャノンデール横浜ベイサイドにはものすごい一台が入荷しておりますのでご紹介いたします。

2018 SUPERSIX EVO Hi-MOD DISC DURA ACE

SYSTEMSIXがリリースされた今なお、高い人気・評価・リスペクトを受け続けるSUPERSIX EVO。

その軽さ・剛性のバランスとスタンダードなルックスに秘められた最先端の技術は歴史に名を残すバイクであることの証明です。

2019年モデルではラインナップが無くなってしまったディスクブレーキのSUPERSIX EVO。なんと急遽キャノンデール横浜ベイサイドに入荷してまいりました。

アッセンブルされるパーツは泣く子も黙るDURA ACE。キャノンデール製カーボンクリンチャーホイールにHollowGram Siクランクセットと隙の無いパーツ構成。極上の快適性を約束する25.4mm SAVEカーボンシートポストもすでに装備されています。

何よりもこのフレームグラフィック。ブラック&グリーン。チームレプリカカラーがキャノンデールフリークの心を突き刺します。

 

2019年よりJBCFでもディスクブレーキが解禁になることもあり、さらなる注目を受けるディスクロード。乗り換えを検討しているならこんなにも面白いタイミングはありません。

ハイエンドバイクを中心にラインナップされることもあり、一歩引いてディスクロードの動向を見守っている方が多く感じますが、こちらのSUPERSIX EVO、最高のバイクではあるのですが2018年モデルということもありまして超特価での販売をさせていただきます。

2018 SUPERSIX EVO Hi-MOD DISC DURA ACE ¥720,000- ⇒ キャノンデール横浜ベイサイドスーパークリアランスプライス!!

店頭で展示しているサイズは54。ですが、他のサイズもご用意できるかもしれません。

チームレプリカカラーでディスクブレーキのSUPERSIX EVOを手に入れる最後のチャンス。どうぞ、お早めに、まずはお問合せください。


2018.Dec. 25

FASTER EVERYWHERE ―世界最速のエアロロードバイク―

エアロは正義であり、エアロはクールです。何を差し置いてもバイクがカッコいいということはあらゆる場面で大切です。

我々キャノンデール横浜ベイサイド、この年の瀬に恐ろしい一台を組ませていただきました。

新型のPIONEERやステム一体型ハンドル、スーパーDEEPリムなどなど。全てこのSYSTEMSIXをより際立たせています。

あまり多くは語りません。師走に疲れた目の保養に最高にカッコいいSYSTEMSIX Hi-Mod TEAM COLORをどうぞ。


2018.Dec. 23

2019年のキャノンデールで熱いワードは、ロードはSystem Six、MTBはF-Si、そして中間のグラベルバイクは間違いなくTopstoneではないでしょうか。そのTopstoneシリーズで衝撃的なコストパフォーマンスを誇るTopstone Soraが店頭にてご覧いただけますのでご紹介致します。

◆ Topstone Sora

¥115,000-(税別)

前後スルーアクスルでカーボンフォークを装備したグラベルバイクでこの価格はなかなかありません。ツーリングのアイテムとしてや通勤・通学用としてであればこの価格は非常に魅力的なはずです。

王道にパニアバッグを下げてツーリングで使うもよし、タイヤをスリックにしてロングライドで使うもよし、道中何があってもたどりつきたい通勤・通学でもTopstone Soraは十分に性能を発揮します。太めのタイヤでエアボリュームがあるのでオフロードでの走破性がとても高く、かつハンドリングが案外ニュートラルなので乗りやすさも兼ね備えています。

 

グラベルバイクといえばこの色!という深いグリーンが特徴的です。今年のキャノンデールで一押しのカラーリングで、VUG(バルカングリーン)というカラーとなります。この色のTopstoneをお探しのお客様はかなり多く、シリーズ中最も話題に上がります。どこへ出かけても景色を荒らさず溶け込むような大人なカラーリングがおしゃれな人々を呼び寄せるのかもしれません。

拡張性についてはご覧のとおりで、よほどの重装備でなければ大体のことが可能です。フェンダーやリアキャリア等の装備が可能で、ダウンチューブ上のボトルケージの取り付け位置も調整が可能となっています。

 

ちょうど最後の画像にチェーンステーが写っておりますが、しっかりcannondaleのお家芸であるSAVE マイクロサスペンションの形状となっています。こういった部分からも、Topstone soraがただコスパの良いだけのグラベルバイクでないという事を確認できます。チェーンステーを横方向につぶす加工をし、しならせて乗り心地が向上するというデザインです。

 

速く走れることも自転車においては重要なファクターですが、自分の体力と相談しつつ走行範囲を広げてより多くの経験を楽しむための道具というのが自転車の本来の姿なのではないかと思います。その魔法のような道具が税別12万円弱であればだいぶお安い!?のではないでしょうか。

 

期間限定のお得なキャンペーンも残すところあとわずかです。お早めにご検討下さい。


2018.Dec. 18

早いもので12月も後半に差し掛かり、年末の雰囲気を感じ取れるようになってきました。

クリスマスの季節に真っ黒なアーバンバイクなんていかがでしょうか?冬だからこそ街でブラックなバイクに乗るのもスタイリッシュで良いですよ。歩きで行くのはしんどいけど車や電車で行ってしまうのも面白くない、そんな場面でこの片持ちフロントフォーク・オールブラック・前後ディスクブレーキというキャラクターの濃いアーバンバイクで出かけるのは日常が楽しくなるはずです。もちろん通勤・通学でも一際目立って人と違った道のりになるでしょう。

 

◆ 2019 BAD BOY 1

¥190,000-(税別)

BAD BOYのフラッグシップモデル、BAD BOY1は街乗り向けバイクの中で最も尖っており、かつアーバンライドでの使用に最も適したバイクです。油圧ディスクブレーキとハブ内装変速によりアーバンバイクとしてのクオリティを最大まで高めたモデルになります。BAD BOY 1のみフレームの形状が違い、手の込んだ作りとなっております。

ドライブトレインは内装8段のシマノ アルフィーネ。ペダルを漕ぎながらでも脚を止めていてもいつでも変速の操作が可能ですので、信号待ちでも変速できます。また、チェーンではなくベルトドライブでチェーンが外れる心配が無くなります。

片持ちフロントフォークというだけでも目立ちますが、ポジションライトが内蔵されています。

フロントフォークの上端にスイッチが配置されています。

シートポストにも5灯のリアライトを装備しております。前後ともUSBポートで充電が可能です。

ライト付きのシートポストに固定されるサドルは、快適ながらデザイン性も高いfabric Scoopが選択されています。

 

◆ 2019 BAD BOY 2

¥99,000-(税別)

こちらはリーズナブルなBAD BOY 2。ドライブトレインがスタンダードなタイプです。BAD BOY 1と同じくフロントフォーク・シートポストにライトを搭載しています。

こちらのモデルも油圧のディスクブレーキをアッセンブルされています。

 

ただいまキャンペーン中ですのでこの機会にご検討下さい。ご来店お待ちしております。


2018.Dec. 16

2018年も残すところあとわずかとなり、お子様達はサンタさんを待ちわび始める季節となってまいりました。キャノンデール横浜ベイサイドでは、お子様用のバイクを各サイズご用意しております。男の子でも女の子でも違和感なく乗れてしまうカラーリングばかりですので、「こっちの色のほうが・・・」となる心配は少ないはずです。

2019年モデルをサイズ別にご紹介していきます。

12インチ

◆ TRAIL BALANCE 12

¥20,500-(税別)

1才~4才ごろのお子様はこちらのTRAIL BALANCEがおすすめです。ペダル付きの自転車に乗る前にこのキックバイクでバランス感覚を養えば、補助輪なしですぐに自転車に乗れるようになります。cannondaleの代名詞である片持ちフロントフォークで、周りと違ったバイクに乗って練習すれば上達間違いなしです。

16インチ

◆ TRAIL 16 SINGLE-SPEED

¥28,000-(税別)

4~6才ごろのお子様は16インチのTRAIL 16 SINGLE-SPEEDです。補助輪を工具無しで簡単に外すことができるので、お子様の上達に合わせてすぐに変更が可能です。

20インチ

◆ QUICK 20

¥40,000-(税別)

5~8才ごろのお子様には20インチのモデルがおすすめです。こちらは20インチでは珍しくクロスバイクのスタイル。気持ちタイヤは細めでフロントサスペンションが無いので走りの軽さが魅力です。

 

◆ TRAIL 20

¥37,000-(税別)

同じく20インチのマウンテンバイクのタイプになります。7段変速で、太めのタイヤとサスペンションのおかげでお子様の好奇心を阻むことなくどんな路面でも行きたい場所に連れて行ってくれます。

24インチ

◆ QUICK 24

¥42,000-(税別)

7~12才ごろのお子様には24インチがおすすめです。QUICK 24はクロスバイクのタイプで、他ブランドより軽量に仕上がっています。舗装路メインで乗られるお子様にはQUICK 24がバッチリです。

 

◆ TRAIL 24

¥45,000-(税別)

24インチのマウンテンバイク、TRAIL 24はディスクブレーキを装備しており天候に関係ない安定したブレーキ性能を持っています。24インチながら本格的なマウンテンバイクのスタイルで、男の子的には興奮するはず!

 

現在キャンペーン期間中です。12月24日までとなりますのでご検討の方はお早めに!詳しくはこちらをご覧ください。

店頭にて車体を展示中ですので、またがってサイズをご確認いただくことももちろん可能です。ご来店お待ちしております。

 


2018.Dec. 10

cannondaleが得意としている「乗り心地」を追求したロードバイク、SynapseのSE(Special Edition)が入荷いたしました。カラーリングやパーツアッセンブルがスペシャルなモデルですので、他の方よりも上を行く・違ったバイクをお探しであればピッタリのバイクです。Synapse Carbon Disc Ultegra SEのどこがスペシャルなのかをご紹介していきます。

◆ Synapse Carbon Disc Ultegra SE 2019

¥370,000-(税別)

前後ディスクブレーキのロードバイクで標準の規格となったスルーアクスルで、足回りの剛性感を確保しつつフロントフォークやリアステーを柔軟な設計にすることで他ブランドを凌駕する乗り心地の良さを備えています。また、軽量化も抜かりなくディスクエンデュランスロードとしては驚異のフレーム単体で950グラムとなっています。

この薄く扁平したシートステーとチェーンステーが極上の快適性を生み出します。

非常に鮮やかなメタリックブルーが所有欲をそそります。一言で表現しきれないカラーで、撮影する状況によって色味が変わり様々な表情を見せてくれるフレームです。

SAVE CARBON シートポストを装備しており、既に快適なSynapse Carbonですがさらに快適性が向上します。サドルはfabric Scoop Radius Eliteとなり、ほどよい座面の反りとベース部分のしなりによりこれまた快適です。

ステム、ハンドルはキャノンデールのラインナップ上ハイエンドのc1シリーズがアッセンブルされています。ステム・ハンドルともにアルミながらとても軽量で、ステムに関してはスマートなガーミンマウントが装着されています。ライドには欠かせないアイテムであるガーミンをそのまま装着できるのはうれしい限りです。

クランク・チェーンリングも軽量なHOLLOWGRAM SiクランクにSPIDERINGの組み合わせ。単体で購入するとクランクセットとBBあわせて¥52,000-(税別)になります。

リム・タイヤはチューブレスレディとなり、チューブレスバルブも付属しておりますのでシーラントだけ別途購入いただければすぐにチューブレスとして運用が可能です。

SEではないSynapse Carbon Disc Ultegraと比較すると同一なのはフレームとコンポーネントぐらいで、それ以外のパーツは上位モデルと遜色ない組み合わせ。かつフレームカラーが特別仕様となると選ばない理由が見当たらないほどです。

現在期間限定のキャンペーンを実施しております。2019年モデルの完成車をご予約、ご購入の方、ご購入価格の最大10%分ポイントをプレゼントいたします。もちろんお取り寄せでも対応させていただきます。詳細はこちらをご覧下さい。

店頭にて展示しておりますのでぜひ現物をお確かめください。