バイク

新着一覧


2022.Oct. 2

相次ぐ価格改定と在庫不足により、10万円台前半のエントリーロードの入手が難しくなっています。

そんな中、手頃な価格で手に入れられる希少なモデルが入荷しました。

 

■CAAD OPTIMO 4 ファインシルバー ¥121,000(税込)

これまでCAAD OPTIMOのラインナップには存在しなかったクラリス完成車です。

クラリスの採用に加え、クランクなどの一部パーツをサードパーティ製にすることでリーズナブルな価格を実現しています。

 

CAAD OPTIMOの素晴らしい点は設計が初心者向け過ぎないという点です。

エントリーロードの中には前傾姿勢を和らげるために過剰にヘッドチューブが長かったり、直進安定性重視でホイールベースが不必要に長かったりするものもありますが、そういった設計はロードバイク本来の軽快感やハンドリングを大きく損ないます。

その手のバイクが良いと感じるのは最初の内だけ。慣れた後はかったるいバイクになりがち。

ならばエントリーロードとはいえ、ある程度レーシーな設計の方が長く楽しめる・・・というのがキャノンデールの主張です。

 

そんなわけでCAAD OPTIMOのジオメトリはCAAD13やSupersix EVOに近いレーシングジオメトリになっています。

とは言えCAAD13もEVOも極めて乗りやすい自転車ですので、CAAD OPTIMOもピーキーと言うわけではありません。

エントリーロードの中では突出してキビキビ走れるというだけです。

 

他のグレードでは同一グレードで複数のカラーバリエーションがありますが、OPTIMO 4は一色のみ。

しかしながらこのファインシルバー、最廉価グレードにあるまじきカッコいいカラーです。

ロゴが黒ではなくグレーだというのがハイセンス。

 

ついでに上位グレードの3にも新色が追加されています。

■CAAD OPTIMO 3 ウルトラバイオレット ¥165,000-(税抜)

この色はCAAD13のRIVAL AXS完成車にも採用されていましたね。

写真では割とキャノンデールロゴがはっきり見えていますが、光の当たり具合によっては紫の中に隠れて目立ちにくくなります。

ロゴは大きい方が好きだけど、あまり自己主張しすぎるのも嫌だという方には割と絶妙な具合じゃないでしょうか。

 

ところでこの2台には共通点があります。それはSTIレバーがシマノ純正ということ。

OPTIMO3の他カラーはここがマイクロシフト製なのですが、握りやすさや手のひらへの馴染みやすさはやはりシマノの方が優れています。

3に関してはこの点だけでもこのカラーを選ぶ理由になるかも?

代わりにブレーキキャリパーがシマノ製ではなくなるので、ここは後からアップグレードしてあげるとベターです。

 

手頃な価格で手に入るエントリーモデルというのは、ある意味ハイエンドモデルよりも重要な存在です。

多くの方が1台目のバイクとして手に取るであろう、10万円台のバイク。

キャノンデールはこのセグメントのバイクにも決して手を抜くことはありません。

 

ちょうど一年で最も気持ちの良いサイクリングが楽しめる時期がやってきます。

ロードバイクデビューを考えている方はぜひこのタイミングでどうぞ!

 

他のCAAD OPTIMOもご用意可能です。

サイズやカラーなどの詳細は下記の店頭在庫一覧をご覧ください。

【在庫車情報】ロードバイク


2022.Sep. 30

平素より当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

10月4日(火)は社内研修の為、誠に勝手ながら臨時休業とさせて頂きます。

ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

 

10月4日(火)臨時休業

10月5日(水)休業日

10月6日(木)定休日 

10月7日(木)通常営業日 11:00~20:00

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。


2022.Sep. 28

最近お問合せをいただくことが多いレバー付きスルーアクスルが入荷しましたのでご紹介いたします。

 

■フロント:K83019 ¥8,250-(税込)

■リア:K83029 ¥8,250-(税込)

完成車に付属するスルーアクスルはレバー無しのものが大半。

これらは見た目がすっきりしていてエアロ効果も高いですが、脱着にはアーレンキーが必要です。

対してこちらのアクスルは本体にレバーが付いていて、工具無しでのホイール交換が可能となります。

 

本製品はスピードリリース用となっていますのでご注意ください。

対応車種はCAAD13、SuperSixEVO、SystemSix、Topstone Carbon等です。

 

スピードリリース系のスルーアクスルのネジ山はダブルリードというちょっと特殊な規格になっています。

下記記事で詳しくご紹介しておりますのでこちらもぜひご覧ください。

 

ダブルリードのスルーアクスルについて

 

このアクスル、メーカー在庫が欠品していることが多くなかなか入荷しません。

輪行の機会が多い方や、パンク修理のために工具を持ち歩きたくない方は是非導入を検討して見て下さい。

 

~当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。


2022.Sep. 24

先日発表されたばかりの105 Di2。

さっそくSupersix EVOに組付けさせていただいたのでご紹介します。

今回は機械式の105完成車ご購入と同時の作業です。

 

まずは全体像。

EVOはブレーキホースは元々内装ですが、シフトケーブル2本が無くなるとバイクがシュッとして見えます。

話は逸れますがレインボートラウトは何度見ても綺麗な色ですね。

 

ハンドル周りは超スッキリ。

見た目だけでなく、シフトケーブルが無くなったことによりハンドルの動きも軽くなります。

 

機械式のものと比べかなり小型になるSTIレバーはDi2の大きなメリット。

握りやすくスイッチ操作で変速できるレバーは本当に快適でらくちん。

手が小さい方や握力のない方でも安心です。

 

また、シフトケーブルが無くなった+レバーの重量が軽くなるので、ダンシングでのバイクの振りはかなり軽くなります。

 

クランクも新デザインになりカッコよくなりましたね。

 

純正ギア比だと52-36/11-30だったのに対して、50-34/11-34のギア比になりました。

コンパクトなギア比になり長い登坂でも楽に走れるようになります。

リアディレイラーのキャパシティは36Tまでなので更に軽くすることも可能です。

 

シマノクランクインストールにあたってBBはWishboneに交換しました。

PF30a規格では数少ない左右締結型BBなので、異音トラブルを予防したいならコレがおすすめです。

 

105のブレーキキャリパーも新型になりデュラエース・アルテグラ同様にパッドクリアランスが広がりました。

今まではダンシングなどでローターが擦ってしまうこともありましたが、新型ではほとんど起こりません。

Di2へアップグレードしたEVOで是非たくさんライドを楽しんで頂きたいですね!

この度はありがとうございました。

 

キャノンデール横浜ベイサイドでは店頭在庫として105Di2をご用意可能です!

コンポーネントの載せ替え等お気軽にお問い合わせください。

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。


2022.Sep. 20

いよいよ秋の訪れを強く感じるようになった昨今。

これから訪れる絶好のサイクリングシーズンにワクワクが止まらない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本日ご紹介するのはこれからの時期にアーバンサイクリングを気持ちよく楽しめる一台です。

 

■Treadwell 2 LTD ¥99,000-(税込)

ゆったりとした街乗り用バイクとして高い評価を得ているTreadwellシリーズ。

しなやかなフレームに太いタイヤとアップライトなハンドルを装備し、「のんびり走る気持ちよさ」を心行くまで堪能できるバイクです。

ポタリングやお散歩用としてはもちろんのこと、日常の足として導入すればただの移動が幸せな時間と化します。

 

リミテッドの名を冠するこのグレードは登場以来飛びぬけた人気を誇ります。

むき出しのアルミの素地にクリアを吹いて仕上げたいわゆるロウカラーです。

塗装をしていないので製造時段階での傷を誤魔化すことが出来ず、歩留まりが悪化することから採用されることは少ないですが、それだけに「アルミのキャノンデール」を強く味わえるカラーと言えるでしょう。

 

“このバイクは生の素材がそのまま見えるクリア仕上げが特徴です。一台ごとに個体差があります。ちょうど皆さんが一人ひとり異なるように”

 

去年も同色の展開があったので単なる継続モデルと思いきや、微妙に変わっています。

まずヘッドチューブのキャノンデールロゴが新しいデザインになりました。

 

それと気のせいかもしれませんが、フレーム表面に吹いてあるクリアーがより透明感のあるものに変わっているように思います。

なんとなく去年よりもアルミ感が鮮やかなような・・・?

晴れている日はポリッシュ仕上げさながらの光沢です。

 

■Treadwell 3 ¥86,900-(税込)

こちらは今年度からの完全新色。ジンジャーと言う名前のペイントです。

ちょっと緑がかった芥子色というか、明るめのオリーブグリーンといった趣。

秋の装いには良く似合うことでしょう。

 

Treadwell3は2と違ってブレーキが油圧ではないなどパーツスペック面でやや見劣りするものの、かわりに幾分リーズナブルな価格設定となっています。

お洒落な色も多くラインナップされているので、カラーの好み次第ではこちらを選んでいただくのもアリだと思います。

 

前輪のスピードセンサーを標準装備しているのはTreadwellとQuickシリーズだけの特権。

アプリと連携させればスマホがスピードメーター代わりになるので、ライドをより一層お楽しみいただけます!

とてもスマートにスマホを取り付け出来る設計になっているのでぜひ有効活用してください。

 

この他のTreadwellの在庫状況は以下のリンクよりご覧いただけます。

【在庫車情報】クロスバイク

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。

 


2022.Sep. 18

Supersix EVO Hi-MODと双璧をなすハイエンドモデル、Systemsix Hi-ModのDura-Ace Di2完成車。

キャノンデール横浜ベイサイドにてご覧いただけます。

 

■Systemsix Hi-Mod Dura-Ace Di2 (51サイズ)

¥1,430,000-

「たとえ登り坂であっても6%までの勾配なら先代Supersixよりも速い」

センセーショナルこの上ないキャッチコピーと共に登場したSystemsixはまさにエアロロード全盛時代を象徴する一台。

極まった空力性能もさることながら、見た目からは想像もできない乗りやすさ、悪くないメンテナンス性も兼ね備える傑作バイクです。

 

現行Supersix EVOの存在が物語るように、現在のロードバイクシーンの主流はエアロ+オールラウンド。

エアロダイナミクスに全てをかけたあの頃とはちょっと変わってきていますが、それでもプロ選手はステージによってはSystemsixに乗ることがあります。

それはSystemsixが単なる平坦番長ではない、今もなお一線級の実力を持ったバイクだからに他なりません。

実際今年のツールでのEFのステージ優勝はこのバイクによって成し遂げられたものです。

 

このバイクに乗ると時速30㎞程度の速度域でも普通より1割少ない出力で巡航できるというデータもあるほどで、つまりは我々のようなパンピーライダーでもその空力性能の凄まじさは存分に享受できるという事。

それと同時にその空力性能を生んでいる各部の造形美に惹かれずにはいられません。

 

シームレスなフォークとヘッド、いかにも抜けが良さそうなシートステー集合部、タイヤと一体化したラインを描くシートチューブ、徐々に形状が変化していくダウンチューブ・・・

それらが合わさって生み出される迫力はピュアエアロロードでしか味わえないものです。

 

そのエアロ性能とルックスを更に引き上げているのがSystemsix専用に開発されたKNOTシステムバーとHollowGram SL 64ホイール。

KNOTバーは形状の似ているSupersix EVOのSAVEシステムバーよりも幅広な扁平形状でいかにもエアロロードと言った風体。(こっちの方が初出ですが)

 

HollowGram SL 64はHED社との共同開発ということが広く知られており、Systemsixの開発はこのホイールから始まったというほどの重要パーツ。

ディスクブレーキでなければ成し得ない曲面状の超ワイドリムなど現在のトレンドをばっちり押さえています。

後輪のスポークパターンが2:1で組まれていて左右のテンション差が非常に少ないのも特筆すべき点です。

 

デビュー当時は空力的観点から23cタイヤが組み合わされていましたが、現行モデルでは25cに切り替わっています。

若干の日和りを感じないでもないですが、リムとのツラ具合は25cの方が文句なしに美しいので良しとしましょう。

ちなみにリム内幅は21mmなので何かと話題の新ETRTO基準のタイヤも問題なく装着できます。

もちろんチューブレスにも対応。

 

おまけとしてキャノンデール製スピードセンサーとバルブコアツールを兼ねたバルブナットが付属しています。

スピードセンサーはスマホだけでなく各種サイコンとも連動しますのでなかなか使いでがあります。

 

コンポーネントは上から下まで新型のR9200系Dura-Aceで統一されています。

まだまだ見る機会が少ないながらもその圧倒的なアドバンテージは既に知れ渡っているんじゃないかと思います。

 

このバイクの価格設定はR9200デュラエース搭載のハイエンドにしてはかなり控えめです。

毎日毎日価格改定のお知らせが届かない日はないくらいで嫌になってしまうんですが、そんな状況でこの価格は本当に良心的に思えます。

カタログ写真を見た時はウルトラマンみたいだなと思っていたカラーリングも実車を見ると実にスタイリッシュ。

シンプルながらも力強く、Systemsixの造形を引き立てるデザインではないでしょうか。

 

キャノンデールのラインナップの中でも実車を見る機会は限られるモデルだと思いますので、Systemsixに興味があるという方はぜひキャノンデール横浜ベイサイドまでお越しください。

店頭在庫サイズは51となります。

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。

 


2022.Sep. 16

残暑が厳しいと言われつつも朝晩は涼しさを感じることも多く、野外活動が随分楽になってきましたね。

そこで今回は日常の移動手段から休日のアクティビティライドまで楽しめる1台をご紹介いたします。

 

■Trail 6 ¥82,500- (税込) スレート(上) インパクトオレンジ(下)

使いやすさが魅力のTrailシリーズの中でも特に普段使いしやすいと感じるパーツ構成になっています。

その理由はフロントダブル仕様という点。

未整地路ではチェーントラブルの少ないフロントシングルが有利なのは間違いありませんが、この価格帯では変速段数の関係でフロントダブルの方が坂の多い地域でも安心です。

 

ブレーキは前後共に油圧ディスクブレーキで固められているのも見逃せないポイント。

機械式よりも油圧式が優れている点はパワーだけでなく、細やかなブレーキコントロールも容易です。

 

タイヤは低めのブロックで転がりが良いWTB RANGERをチョイス。

メインとなる舗装路での漕ぎが軽く、河川敷などの固く締まったダートでも安心して走れる仕様ですね。

 

このバイクの持つ最大の魅力は日常では路面を気にせず気兼ねなく使えて、休日のサイクリングでは好奇心の赴くままにダートへ入っていけるところでしょうか。

お気に入りのお店のパンやお弁当を買って公園へピクニックライドしたり、時にはパークへ繰り出しても良いですね。

 

現在店頭にはスレートカラーがS、Lサイズ、インパクトオレンジがMサイズがそれぞれ1台ずつございます。

適応身長はSサイズが154~162cm、Mサイズが162~172cm、Lサイズが170~182cmとなっております。

サイズ感やご不明な点がありましたらお気軽にスタッフまでお声かけください!

 

詳しい在庫状況はこちらをご覧ください。

【在庫車情報】グラベルバイク・マウンテンバイク

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。


2022.Sep. 12

Quickと言えばキャノンデールが誇る定番クロスバイク。

直球ど真ん中、奇をてらわないスタンダードさが持ち味のQuickシリーズですが、今までになかったユニークなモデルが2022より追加されました。

 

■Quick Disc 3 Remixte ¥99,990-(税込)

それがこのQuick Remixte。ご覧の通りフレームがミキスト(っぽい)形状になっています。

狭義のミキストフレームとはやや異なるフレーム形状ですが、ちょっとマニアックになるのでミキストの正確な定義については割愛します。

 

特有のオシャレさがあるほか、この形状だとサドル前側からの乗り降りがしやすくなるというメリットが。

スカートを履いてお乗り頂いたり、ベビーシートを付けた際の乗降が便利です。

 

同じようなことができる車種にADVENTUREシリーズがありますが、こちらはベース車がQuickなので走りの軽快感では大きく上回ります。

サイズの展開的にも小柄な女性の方にはこちらの方が適しているかもしれません。

 

フレームカラーはアガベという名称。

アガベというのはリュウゼツランのことで、テキーラの原料となることで有名なサボテンの名前です。

2020年モデルのSupersix EVO Hi-Modにも同様のカラーがありましたね。当時はとても人気でした。

 

現行Quickのお約束として、ロゴ類/シートチューブ裏/シートステー裏がリフレクティブペイントになっています。

夜間の視認性が高まるのはもちろんのこと、晴れた日中キラリと光ったりしてカッコいいです。

 

Quickシリーズの国内展開中では最上位グレードの3がベースとなっているだけあって、変速段数やブレーキなどのパーツスペックは上質感があります。

特にフロントフォークがフルカーボン製なのがQuick 3のスゴいところ。

普通はこの価格帯のカーボンフォークというとコラム部分はアルミであることがほとんどですが、このフォークはコラムもカーボンです。

 

また、他のグレードの前輪がクイックリリースレバーによる固定なのに対し、3の前輪はスルーアクスルによる固定となっています。

3のハンドリングや走りの軽さは他のグレードよりも明確に上だと感じますが、それはフォークの軽量さとスルーアクスル化によるところが大きいです。

もちろん前輪にはスピードセンサーを装備しています。

 

店頭在庫車体は希少なXSサイズ。

身長140㎝くらいからお乗り頂けるので、キッズバイクを卒業したお子様用としてもおすすめです。

 

XSの入荷は今回限りとなりますのでどうぞお早めに!

現時点ではSサイズも僅かながらお取り寄せ可能です。

 

スタンダードなQuick Disc 3も久しぶりに再入荷しました。

人気の高いブラックパールのSサイズとMサイズがご用意可能です。

今期分のメーカー在庫は既に完売とのことで、ブラックパールは今回が最後の入荷になりそうです。

 

その他のクロスバイクの在庫状況は下記の記事でご覧いただけます。

【在庫車情報】クロスバイク

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。


2022.Sep. 9

最近Topstone Neoのカスタム依頼を頂く事が増えてきました。

希望されるカスタム内容はお客様によって様々で、ebikeにはライダーのカスタム意欲をくすぐる何かがあるのかもしれません。

 

それはともかく、今回の作業内容はコンポーネントのDi2化です。

割とハードな部類のチューンだからなのか作業事例は少ないようですが、換装が可能であるというのは以前から聞いていました。

 

コロナの影響でなかなかパーツが揃わなくて大変でしたが、ようやく部品が到着したので組付けていきます。

 

もともとが11速のGRXがベースなので、コンポーネントはGRX Di2をチョイス。

同じGRXシリーズなので多くのパーツが流用できます。

 

そんなわけでクランク、カセット、チェーン、ブレーキキャリパーは新調せず、元々の部品をそのまま使います。

なおebikeのギア比は下手にいじらない方がベター。

実はBoschユニットのパワーカーブは搭載される車種のデフォルトギア比に最適化されています。

この設定は後から変えることができないので、ギア比を変えた結果ユニット本来の性能を発揮できなくなるなんてこともあり得ます。

 

ジャンクションAはあえて外装のSM-EW-90としました。

Di2化のついでにハンドルを交換する場合は内装式のジャンクションAにするのも良いと思います。

 

ジャンクションBが収まるスペースがあるのか、バッテリー⇔ジャンクションB間のエレクトリックワイヤーはキングピン部分を通るのか。

この辺が不安なところでしたが、やってみると意外と大丈夫でした。

 

もちろん作業の際はモーターを外す必要があります。

今回の作業でもこの点がもっとも時間的コストを要するところでした。

 

ハンドル周りはこんな感じになりました。

(真ん中についているのはお客様がお使いのリクセンカウルのアタッチメントです)

 

シフトケーブルが1本なくなっただけとはいえ、以前よりも見た目はかなりスッキリしたように感じます。

ワイヤレスユニットはダウンチューブ上部に内装しました。

 

今回のカスタムで要した費用は合計税込19万5千円ほどでした。

Di2化に必要な費用としては比較的リーズナブルと言えるのではないでしょうか。

なお現在GRX Di2をご注文いただいた場合、パーツが揃うのは10月~1月となります。

 

店頭にはTopstone Neo Carbon Lefty バイオライム/Mサイズの在庫もございます。(税込¥682,000)

Topstone Neo Carbonは正真正銘これが最後の一台です。

来年度の入荷予定は今のところ全くの未定ですし、日々酷くなっていく為替レートを見ていると来年度の価格がどうなるかは想像もつきません。

購入を考えている方はぜひお早めにご検討ください。

 

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。


2022.Sep. 5

キャノンデールバイクに限る話ではないですが、定期的なクランク周りの清掃や点検は欠かせません。

納車時には適切にグリスアップされていても摩耗が進み異音の原因になることもしばしば。

中でも今回はスピンドルのお話です。

 

■KP250 109mm ¥3,981-(税込)

CAAD13やSupersixEVOでお馴染みの銀色のスピンドルです。

新品ではベアリングが触れる部分がピカピカですが、年数の経過した車体や雨天走行が多い車体は摩耗が進んでいることが多いです。

BB周りからの異音の原因の多くがスピンドルの摩耗によるものです。

 

簡単に分解できることがメリットのキャノンデールクランクですが、スピンドルは消耗品として傷が付いていたら交換がオススメです。

メンテナンスのしやすさ以外でも、チェーンリング丁数やクランクアーム長などを個別に交換しやすいというのが嬉しいポイントですね。

 

■(上)KP451 125mm ¥4,180-(税込)

■(下)KP450 119mm ¥4,180-(税込)

スピンドルにはいくつか種類があって、BBのシェル幅やフロントダブル/シングル等の違いで使い分けます。

上記の二つは2021モデルまでのTopstone CarbonやSuperXなど、83mmシェル幅のバイクに使うスピンドルです。

2x仕様の場合にはオレンジ色のKP451を、フロントシングルの場合には紫色のKP450を使用します。

(仕様変更の際には合わせてスペーサーの交換も必要です。)

 

その他BBベアリングやスペーサーなどSiクランク関係のパーツはなるべく在庫するようにしています。

メンテナンスからカスタムまでお気軽にご相談くださいませ。

 

ご自身でメンテナンスをしてみたいという方は下記ブログにてメンテナンス方法をご紹介しておりますので参考にしてみてください。

SIクランクのオーバーホール

当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。